佐倉市議会議員はしおか協美
安心・満足・信頼のまちづくり
 









TBSテレビ所さんのニッポンの出番で紹介され、グッドデザイン中小企業庁長官特別賞受賞の「新型つめ切り」を制作している(株)諏訪田製作所の工場見学へ。SUWADA爪切りは、硬い爪や巻き爪を切るのに良いと評判ですが、創業90年を経て、年商5億円。社員50名の内女性は12名の歴史と実力を持ち合わせた企業です。仕事内容に男女差はないとのことです。工場見学に年間2万人が訪れるそうですから、その注目度の高さがうかがえます。

モノづくり日本のゆくえの答えがこの工場に詰まっていました。

人間しか出来ない技術を持ち合わせた企業は強いです。

爪切りの材料の丸棒を平らにして使う部分は30パーセント。残りの70パーセントで製作したオブジェが、高品質を追求している企業姿勢の表れです。市役所の方がご案内下さったのですが、昼食をした燕三条産業振興センターもこの工場も市の主要産業として誇りを持って発信していました。
昼食のセンター内にあるレストランメッセピアでは、お好きなカテラリーをお使いくださいとテーブルに複数の🍴が置かれていました。
写真の右側のが、ノーベル賞創設90周年を記念して、スウェーデンのコナ.セリン氏がデザインし燕三条の山崎金属工業株式会社が製作し1991年からノーベル賞授賞式の晩餐会で使用されているものです。
左側は、上野精養軒で永らく使用されている燕物産株式会社製作のものです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 千年悠水とデ... アオーレ長岡... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。