佐倉市議会議員はしおか協美
安心・満足・信頼のまちづくり
 



臼井台にある大沢山実蔵院は、不動明王を本尊とする真言宗豊山派の寺院です。

創建以来、度重なる火災で資料が焼失してしまったので創建年代については不明だそうです

市指定有形文化財の木造阿弥陀如来坐像と絹本著色釈迦涅槃図があります。

絹本著色釈迦涅槃図の中には、1人だけ笑っている人が描かれているそうですが、その答えは〇〇??

また、明治36年(1903)から昭和17年(1942)まで私立明倫中学が開かれ、寺の裏手がその跡地になります。

40年ほど前に牡丹で有名な奈良長谷寺に行ったことがありますが、この実蔵院も牡丹が有名ですから、

来年は4月下旬にまた参りたいと思いますので、どなたかご一緒しませんか?

実蔵院ご住職様、たけのこ会様お世話になりました。

臼井八景についての勉強は、まだしばらく学習を深めてからブログに書かせて頂きます。

書ける日がくるのやら・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 花火✿佐倉市民... 不登校、いじ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。