佐倉市議会議員はしおか協美
安心・満足・信頼のまちづくり
 



p>11月議会一般質問1日目

神門再生土の問題の課題についての質問に対し、水路の整備と境界線の確定について

答弁がありました。

水の循環を良くすることで悪臭を減じ、再生土搬入用地と隣地の境界線を確定する必要があるという事です。

神門の再生土については、千葉県が現地を検査した結果、フッ素と鉛の濃度が国の環境基準を超え、事業者に全量の撤去を求める

行政指導を出しました。

約1万6千平方メートルの土地に約4万8千立方メートル分が搬入されましたが、埋め立て土壌から発生した異臭で窓が開けられない、

油のような水が浸入しているなど、寝ても覚めても鼻を衝く臭気と汚水に悩まされる地域住民からの悲痛な声があがり、

佐倉市神門地先の再生土埋め立て工事に関する請願書が9月議会で採択されました。

県は、9月中に現地の埋め立て土壌(深さ約1メートル地点の5カ所)を採取。

その検査結果でフッ素の溶出量と鉛の含有量が環境規制基準の2倍強の濃度があり、

埋め立てに使われた物が資材扱いの再生土には当たらないと判断し、県がすべての撤去を求めたものです。

搬出するまでには、課題が山積しています。引き続き注視していきます。

再生土の規定は、建設汚泥その他の産業廃棄物を中間処理施設において中間処理し有用な資材として再生したもの



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は、ある公園の植栽についてのご相談を受けた後、スカイクラブ演芸会へ。

腹話術あり、落語あり、南京玉すだれあり、体操ありと、皆さんが大声を出して笑いました。

腹話術には間に合わなかったので、またの機会を楽しみにしています。

下記の飼い主の居ないネコについても含めての議会報の原稿が本日締め切りなので、

バタバタと作成し事務局へメールしました。


飼い主のいない猫、わかりやすく申し上げれば野良猫を1代限りの命にするため

の地域猫活動、もしくは飼い主のいない猫を一時保護して去勢、不妊手術を行い元の場所に戻すTNR、

Trap-Neuter-Return、一時保護、去勢、不妊手術、元の場所に戻す活動について

8月議会のぞみ代表質問しました。

〇11番(橋岡協美) 
 ペットと共生と地域猫について伺います。2兆3,000億円と言われる猫市場、3割の猫が逃 

げてしまう迷い猫のうち3分の1が見つからないと言われている中、飼い主のいない猫と地域猫活動に

ついて平成25年2月定例会で質問して以来、さまざまな立場の市民からいただくご相談は絶えない状況

です。猫は飼い主が終生責任を持って飼育すべき愛護動物であることが法律で定められています。しか

しながら、ひとり暮らし、あるいは高齢者世帯が病気、入院、あるいは死亡することもあり、飼い主が

いなくなってしまうケースも存在します。地域には飼い主のいない猫が数多く存在するのが現状で、飼

い主のいない猫は地域の環境問題であるとともに動物愛護の課題でもあります。

  改めて伺いますが、飼い主のいない猫、わかりやすく申し上げれば野良猫を1代限りの命にするため

の地域猫活動、もしくは飼い主のいない猫を一時保護して去勢、不妊手術を行い元の場所に戻すTNR、

Trap-Neuter-Return、一時保護、去勢、不妊手術、元の場所に戻す活動を行っています。

この目的について伺います。
 
〇環境部長(井坂幸彦) お答えいたします。

  環境省の住宅密集地における犬、猫の適正主要ガイドラインや千葉県の地域猫活動に関するガイドラ

インなどにおいて、地域猫活動の目的は飼い主のいない猫によって引き起こされるさまざまなトラブル

を減らすとともに、最終的にはその地域から飼い主のいない猫をなくすこととされております。また、

TNRは、今お話がありましたとおりトラップ、ニューター、リターン、つまり捕獲、不妊、去勢手術、

地域に戻すという地域猫活動の一過程をなすものでございますので、その目的は地域猫活動と同じであ

ると理解しております。いずれも地域の皆様の理解と協力により実現する住民主体の活動であると考え

ております。

  以上でございます。

〇11番(橋岡協美) それでは地域猫活動もしくはTNR活動の必要性について伺います。必要か不必

要かについても伺います。

〇環境部長(井坂幸彦) お答えいたします。

  飼い主のいない猫を減らし、これらの猫に起因する生活環境上のさまざまなトラブルの未然防止につ

ながることから地域における合意形成などの条件が整えば有益な活動であると考えております。

  以上でございます。

〇11番(橋岡協美) 地域の合意形成が図れた上で必要な活動だというご答弁だったと思います。
 
それではこの地域猫活動もしくはTNR活動における佐倉市の役割を伺います。
 
〇環境部長(井坂幸彦) お答えいたします。

  千葉県においては県の衛生指導課、保健所及び動物愛護センターが中心となって住民の方への支援等

の取り組みが進められております。市といたしましては県と連携し、地域猫活動に関する理解や振興を

図るためのチラシの配布、市民の皆様からのご相談への対応、そして市の広報により千葉県飼い主のい

ない猫不妊去勢手術事業補助金の周知を図っているところでございます。ご紹介のあったTNRにつき

ましては、今後、他自治体の取り組みを参考に、その支援のあり方等について検討してまいりたいと考

えております。

  以上でございます。
 
〇11番(橋岡協美) 住宅密集地における地域猫活動が余り普及しない理由は、長い年月をかけ飼い主

のいない猫を少なくしようと活動する人と、鳴き声や猫のふん尿によって生活衛生上、被害を受け、今

すぐ飼い主のいない猫の解決を望む人との間で合意形成を行うことが非常に困難であるためなのではな

いでしょうか。市の見解を伺います。
 
〇環境部長(井坂幸彦) お答えいたします。

  今お話のありましたとおり飼い主のいない猫により被害を受けている方、被害を心配される方の中に

は地域猫活動に否定的な意見を持つ方もおられますことから、地域内における合意形成がなかなか難し

いことが大きな課題であると考えております。千代田区などで行われているTNRに特化した活動も含

めまして、先進的な取り組みを研究するとともに千葉県と連携いたしまして、よりよい対策、手法を検

討し、その周知に努めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。

〇11番(橋岡協美) 千葉県と連携してと答弁ありましたが、がん予防展については市と県が大変よく

連携してできた事業だと思うのです。ぜひとも県と連携して飼い主のいない猫についての対策を進めて

いただきたいのですが、行政とボランティアが協働で猫の問題、課題に取り組み、目に見える成果を上

げた千代田モデルを視察しました。地域保健法に基づき千代田区は保健所が設置されているという点が

佐倉市とは事情が違いますが、千代田区とボランティア組織、一般社団法人ちよだニャンとなる会は飼

い主のいない猫の問題に協働で取り組み、全国に先駆け、2011年、猫の殺処分ゼロを実現し、2017年現

在もゼロを継続しています。

  全国の自治体の施設で殺処分となる猫のおよそ8割が生まれたばかりの子猫で、猫の繁殖率は旺盛で

生後4、5カ月で生殖能力を持ち、年に2、3回、4、5頭の子猫が生まれますので、1頭の猫が一生

に200頭の猫を産むとも言われています。野放しにすることがどれだけ飼い主のいない猫をふやすこと

になるかということを、まず市民に理解していただくことが重要です。
 
  生まれた子猫を全て飼うことはできません。全てを譲渡することもできません。殺処分を削減するた

めには去勢、不妊手術が決め手であると千代田区の担当者が話されていました。飼い猫については飼い

主が責任を持って去勢、不妊手術を行い、飼い主のいない猫については行政とボランティアが連携、協
 
 力して去勢、不妊手術を行うことが必要です。ちよだニャンとなる会では千代田区と連携、協力して飼

い主のいない猫を一時保護して去勢、不妊手術を行い、元の場所に戻すTNR活動を行っています。

  千代田区と佐倉市は事情が違うということはわかった上で紹介しておりますが、千代田区の場合は区

長と議会が方向性を示し、行政が具体的な取り組みを考えてボランティアを集め、獣医師と協力し、地

域住民の協力を得て、一丸となって保護猫活動に当たったと伺いました。飼い主のいない猫の問題を解

決する上でのポイントは、中立的な立場の存在であるとおっしゃっていました。飼い主のいない猫の問

題は行政だけで解決できない問題であり、ボランティアだけでも解決できない問題です。

  全国的に見ますと現場に対応する職員も猫嫌い、猫好き、そして今すぐ解決してほしい人、それから

長い年月をかけて飼い主のいない猫を減らしていこうと考えている人との間、また毎年変わる輪番制の

自治会の役員との間に立ち、大変精神的に負担を感じた仕事をしていると聞いておりますので、この不

妊、去勢の助成はありますが、千代田区のように1頭の猫を保護して動物病院に運び、ノミや体内の寄

生虫を駆除し、猫エイズなどウイルスチェック、マイクロチップを装着し、譲渡するのはボランティア

さん。その費用を捻出するための猫祭りは観光資源であり、命の教育になっています。その上で厳しい

譲渡条件をつけて猫の譲渡をしています。

  これだけの結果を出している千代田区においてもTNR、トラップ、ニューター、リターン、この活

動の中で最初に捕獲するという作業がどうしても必要なのです。そのためにはえさやりをしてなれさせ

てから捕獲するということですので、難しいのはえさやりが捕獲を目的としたものか、地域の環境を悪

化させるためのえさやりか、そこの判断が難しいのだと思います。

  この地域猫及びTNR活動の課題について伺います。

〇環境部長(井坂幸彦) お答えいたします。

  地域猫活動、あとTNR活動は、今お話がありましたように飼い主のいない猫を1代限りであります

が、その地域で生涯を全うさせる活動であるということから長期にわたって活動する必要があると。し

たがいまして、活動を全うするためには地域住民の方の共通の理解、連携、協力が重要であるというふ

うに考えております。

  以上でございます。
 
〇11番(橋岡協美) 殺処分を少なくする取り組みとして千葉県でも子猫のミルクやりボランティアと

いう活動も始まっておりますので、研究、検討して、佐倉市として取り組めることは何か、千葉県と連

携してできることは何かを考えていただきたいと思います。

 将来にわたって住み続けたいと思えるまちにする観点からペットとの共生について伺います。

〇環境部長(井坂幸彦) お答えいたします。

  ペットは一緒にいることで心が癒やされるなど飼い主の精神的な充実、ひいては健康にも資すること

がございます。したがって、人とペットが共生するまちは魅力ある選ばれるまちの一要素になり得るも

のと考えております。一方で動物アレルギーのある方や動物が苦手な方もおられますので、飼育に当た

っては周囲の影響に配慮することが不可欠であると考えております。飼い主の皆様に動物を適正に飼育

し、ほかの人に迷惑をかけないなど動物の愛護及び管理に関する法律などに規定された飼い主の責務を
 
果たすようにお願いしていくことが、誰もが快適に暮らせるまちにつながると考えて啓発に努めている

ところでございます。

  以上でございます。 

〇11番(橋岡協美) さまざまな観点からペットの共生について進めていただきたいと思います。


人とペットが共生するまちは魅力ある選ばれるまちの一要素になり得るものです。

県と市の連携を後押ししていきたいと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

ZEH とは、一言でいえば「太陽光発電などでエネルギーも創り出すエコ住宅」のことで厳密には、

太陽光発電などのエネルギー創出量と、家庭・住宅で使用するエネルギー消費量が年間で概ね

ゼロになる住宅のことをいいます。概ねゼロにするのは、簡単ではありませんが、

佐倉市では、地球温暖化の防止並びに家庭におけるエネルギーの安定確保及びエネルギー利用の効率化・最適化を図るため、

住宅用省エネルギー設備等(以下「補助対象設備」といいます。)を設置するかたに、予算の範囲内において設置費用の一部を補助します。

以下が申請状況ですので、検討中の方は、お急ぎください!

佐倉市HPより

[2016年10月17日]
予算額・受付済額、残り件数(10月17日17:00現在)
設備名 予算額 申請受付済額 残り受付件数の目安 状況
太陽光発電システム 8,330,000円

7,531,000円

11件

受付中
家庭用燃料電池
(エネファーム)
2,100,000円 1,900,000円

2件

受付中
定置用リチウムイオン蓄電システム 3,300,000円 3,100,000円

2件

受付中
エネルギー管理システム
(HEMS)

270,000円

230,000円 4件 受付中
電気自動車等充給電設備 100,000円 50,000円 1件 受付中
太陽熱利用システム 150,000円 100,000円 1件 受付中
地中熱利用システム 100,000円 0円 1件 受付中


千葉県地球温暖化実行計画 では、CO2を県で7600万トン 家庭で880万トン減を目標にしています。

断熱工事に100万円かけたとしても、光熱費 健康 健康保険のコストを考えると11年で回収できると計算しています。

建築資材の運送から使用する機械、解体までに住宅が起因し、CO2を減らす事が健康に寄与することは、

まさにライフサイクルカーボンマイナス住宅のことで、高断熱住宅化で有病者減少するという統計を

エコメッセで慶応大学伊香賀教授が発表されました。

イギリスでは、2006年英国住宅法で、健康性安全性の劣る住宅に改修閉鎖解体命令が出せる法律もありますので

ヒートショックによる死亡、入浴死の予防を考えるうえで、環境に配慮した住宅が人の健康に対しても

良い住宅になるということになります。

先の議会質問で、ヒートショック対策を住生活基本計画に位置付けることを要望しましたが、

先月、参加したエコメッセにおいても高断熱住宅化で有病者が減少することを改めて再認しました。

住宅用省エネルギー設備を検討中の方は、申請をお急ぎください!

千葉県エコメッセにて

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




印旛沼底を浚渫する浚渫船(しゅんせつせん)の船着き場を工事中ですと、先日のブログに書いて以来、当方の機器の具合により

写真がアップ出来ずに、その場所についてわかりやすく説明することができませんでした。

この写真にある通り、風車のすぐ前に県が浚渫船の船着き場を造っています。

横幅50Mある船着き場の工事は、まさにこのオレンジのネットの周辺です。

長らくお世話になった屋形船も写真に写っています。

 

印旛沼周辺地域の活力ある地域づくりを計画的に推進するため、農業を中心とした観光を含む産業振興施策等について、

「印旛沼周辺地域の活性化推進プラン」をH25年に策定。

佐倉草ぶえの丘、佐倉ふるさと広場、サンセットヒルズを中心とした機能の充実と魅力づくりを進め、交流人口及び定住人口等を促進し、

同地域の活性化を目指すこととしています。

http://www.city.sakura.lg.jp/cmsfiles/contents/0000010/10333/.pdf

「歴史、自然、文化のまち佐倉」の自然とは、まさに印旛沼を中心としたものであり、印旛沼浄化は地域の皆様はじめ一生懸命に取り組んで

くださっていますが、水質改善のためには浚渫や水の流動化などの沼本体に対する根本的な対策が必要であり、

県を始めとした流域の13市町長との連携が重要だということを実感した印旛沼学習・散策船の試乗でした。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本州の太平洋岸にトキの生息が最終的に確認されたのは、昭和28年市原市五井。このトキの剥製は千葉高に保存されているものです。

こうして臼井の男女参画推進センターミウズで展示するにも環境省の許可が必要となるもの。

「水利権の問題で現在は不可能な田んぼの冬期湛水(とうきたんすい 稲刈りが終わった水田に冬期も水をはる農法)

こそが環境をよくする一番の方法で、冬期湛水で白鳥が飛来した事例もあるので、トキも夢じゃない!」と、

代表の太田勲氏が展示を前に熱く語ってくださいました。

明日から7/2まで常任委員会です。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ