ゴトーさん家のテニス事情

20数年ぶりにラケットを握りました。やっぱりテニスは面白いです。
これからの悪戦苦闘ぶりを記していこうと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラケットのサイズアップ

2017年07月06日 | テニス
現在使用しているラケットは、先日買ったばかりのHEAD プレステージREVPROです。
フェイス面積93は、市販されているラケットの中ではかなり小さい方です。
レギュラーサイズを使用してきた私にしてみれば、93でも大きいくらいなのですが、なかなか打感も良く非常にコントロールの利くラケットです。
古いプレーヤーの印象では、ラージサイズのラケットは良く当たるけどどこに飛んでいくのか分からないといったマイナス要素がありました。
しかし、最近のラケットの性能の向上は想像を超えており、レギュラーサイズ並みの打感とコントロールを兼ね揃えています。
私のように50歳を迎えたプレーヤーは、素直にラージサイズへの変更がよいのではないか?と思うようになってきました。
さらに、斜位を持っていることを考えれば、ラージサイズの恩恵を得なければプレーができないのではとも考えています。
斜位の克服を考えてきましたが、結論から言えば見えない物は見えないということです。
ならば見ずにテニスをする。イメージでプレーすると言った方向で割り切らなければならないことになります。
それと、ラケットの性能の向上によるプレーの自由度があがっているわけですので、体力や筋力が低下してきた51歳には、ラージサイズのラケットは必然なのかもしれません。
心を入れ替えて、100もしくは103サイズのラケットを探してみようと思います。
『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北陵テニスクラブ | トップ | ラケット買いましたよ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テニス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。