sonohigurashi。

思いつくままその日暮らしの日記です。…もし意にそぐわなかった場合にはそっと立ち去って下さると助かりますm(__)m

バベルの塔展@東京都美術館

2017-05-15 21:52:24 | エンタメ
ボイマンス美術館所蔵「バベルの塔」展
16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて-(詳しくはこちら)へ行ってきました!


前半は宗教画や彫刻で、私は特定の信仰はありませんが、旧約聖書の世界観は好きですので、ただ眺めているだけではありましたが、楽しめました。
中盤から宗教画プラス不思議な生物達が沢山描かれているのです、が、想像力の欠如…正直、不思議な生物たちについては私には何を表したいのか全然伝わってこなかった(爆)。
細い線で陰影をつけて描かれているのでそこはただただ感服でした。版画なら尚更、です!が。

本日の主役…メインディッシュ…メーンイベント「バベル」。
2枚のうちの小さい方の小バベル
小さいとは聞いていたけどホントに小さい(と言うか、大きくはない)。

作品の前には柵があって超至近距離では見られない&人も多く本物をじっくり鑑賞出来ないので残念ですが、大きく拡大されたパネルも飾られているので、そこで細部をチェックすることができます。
本当にひとつひとつ細部まで描かれているなとわかりました。
なるほどな~と思ったのは、塔は下から積み上げられて作られているため、下が古いレンガ、上に行くほど新しいものになるため上の方がキレイな赤いレンガなのだそうですよ。

さすがに作品・会場内は写真撮影できないうえ、私の文章力では素晴らしさを伝える事が出来ませんが、百聞は一見に如かず、実物をご覧になるのが一番だと思わせてくれる作品だと思いました。

出口付近にはバベルのパネル。バベルの塔は東京タワーと対比するとこれ位のサイズになるそうですよ。


芸大ではコラボ企画東京藝術大学「Study of BABEL」展が開催されています。



東京都美術館から歩いてすぐの場所ですし、無料。
こちらはそんなに時間も取られないと思いますので、「バベルの塔」展に行かれる方は併せて楽しんでこられるといいと思います!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 放置お詫び | トップ | 埼玉県こども動物自然公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。