中小企業の「うつ病」対策ー人、資金、時間に余裕がない

企業の労働安全衛生、特にメンタルヘルス問題に取り組んでいます。
拙著「中小企業のうつ病対策」をお読みください。

違法な長時間残業で罰金命令

2016年11月07日 | 情報

今回こそは、新聞記事にあるコメントどおりに、対応してほしいものです。

ドン・キホーテ、違法な長時間残業で罰金命令 東京簡裁
朝日新聞 16.11.4

従業員に違法な長時間残業をさせたとして、ディスカウント店を運営する「ドン・キホーテ」(東京都目黒区)が
労働基準法違反(長時間労働)の罪で東京簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた。
10月26日付。同社は今後、納付するという。
同社をめぐっては、都内の「ドン・キホーテ町屋店」など5店舗で、
従業員数人に労使で定めた残業の限度(3カ月120時間)を超える最長415時間の残業をさせたとして、
東京労働局が今年1月に同社と執行役員ら8人を書類送検していた。
親会社のドンキホーテホールディングスは
「司法の判断を重く受け止め、真摯(しんし)に反省し、全社を挙げて関係法令の順守を徹底する」とコメントした。

ドン・キホーテに東京簡裁が罰金命令 従業員に違法な長時間労働
16.11.3 産経

労使協定で定めた上限を超える長時間労働を従業員にさせたとして、
量販店を運営する「ドン・キホーテ」(東京都目黒区)が労働基準法違反の罪で、
東京簡裁から罰金50万円の略式命令を受けていたことが3日、同社への取材で分かった。
命令は10月26日付。今後納付するとしている。
ドン・キホーテを巡っては、平成26~27年、都内5店舗の従業員数人に
労使協定で定めた3カ月120時間を超える時間外労働をさせたとして、
今年1月に東京労働局が法人としての同社と執行役員ら8人を書類送検していた。
10月13日付で法人のみが略式起訴されたという。
同社は「略式命令を真摯に受け止め、全社を挙げて関係法令の順守を徹底する」とのコメントを出した。

 ドン・キホーテ5店舗で「違法」長時間労働 最長415時間超の時間外 責任者8人を書類送検 
16.1.28 産経

大手ディスカウントストア「ドン・キホーテ」が従業員に違法な長時間労働をさせていたとされる問題で、
東京労働局過重労働撲滅特別対策班は28日、労働基準法違反の疑いで、
法人としての同社と執行役員や店舗責任者ら計8人を東京地検に書類送検した。
従業員に過酷な労働を強いる「ブラック企業」対策として東京、大阪両労働局にできた
「過重労働撲滅特別対策班」による書類送検は3例目。
対策班によると、書類送検されたのは法人としてのドン・キホーテ(大原孝治社長)と、
埼京支社長(39)▽西東京支社長(37)▽神奈川中央支社長(37)のほか、
町屋店、町田駅前店、荻窪駅前店、東八三鷹店、めじろ台店の計5店舗の30~40代の男性店長5人。
調べによると、町屋店と町田駅前店は、平成26年10月から12月の3カ月間に、
労働者と会社が協定を結んだ3カ月120時間を超える最長415時間45分の時間外労働を従業員2人に行わせた疑い。
また、荻窪駅前店、東八三鷹店、めじろ台店の3店舗は27年1月から3カ月間に
最長265時間30分の時間外労働を従業員4人に行わせた疑い。
対策班は昨年6月、労働基準法違反の疑いで同社などを家宅捜索。
同社などによると、違法状態はすでに解消されているという。

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二審も会社に賠償命令 | トップ | 産後うつ早期ケア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。