ブログに遊ぶ

ときめきの日々を過ごしたい

十月十六(日)NHKスペシャル (爆笑問題出演)

2016-10-18 04:36:48 | Weblog

シリーズ マネー・ワールド資本主義の未来

先見へず不安だらけの秋の風

このシリーズは三集に分けて放送する。

     第1集  世界の成長は続くのか

    第2集  経済の“支配者”は誰 ~国家 VS 市場経済・ルールをめぐる闘い~(仮)

    第3集  富は分かち合えるのか~巨大格差の果てに~(仮)

第1集  世界の成長は続くのか

 豊かに幸せになるにはどうしたらいい? 格差ってどうして生まれるの? 商売を成功させる秘訣は? 人生につきまとうお金の悩み。その全てに関係するのが人類が生み出したシステム「資本主義」だ。その資本主義が今“500年に一度”とも言われる大きな岐路に立っている。無限に思われた成長の停滞、パナマ文書などで浮かび上がった富の偏在や巨大格差。 社会に豊かさをもたらすと考えられてきたシステムが未知のひずみを引き起こし始めている。近年、世界の経済を牽引してきた先進国の成長が、急速に停滞し始めている。近代資本主義の発祥の地・イギリスでは、EUの離脱決定後にポンドが続落。先進各国もGDPの成長率を相次いで下方修正するなど未曾有の“超停滞経済”と向き合っている。なぜ成長は止まり始めたのか?今後も世界は成長を続けられるのか?フロンティアの消滅や、金融空間の限界など、その背景をひも解きながら、新時代での成長を模索する企業や経済学者の闘いを「爆笑問題」の二人が追う。この放送をみて、グローバル社会の未来に、不安が益々増大した。不安の世だと、世界の民始め世界の各企業は、庶民は自己防衛に走り、各会社は内部留保に走り、設備投資を控え、益々お金が流れなくなり、経済は不況状態が増大する。句にしたような、先の見えない不安だらけの世になりはしないかと心配がつのった。だが、中には世界の将来を楽観視する経済学者がいる。それは、未来に向けてAI人工知能の技術を駆使して新しい経済が構築される時代が来ると言う。もしそうなるとしたら、ほど遠い期間が必要となるだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友と紅葉狩り | トップ | 「日本の棚田百選」福島新田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。