ブログに遊ぶ

ときめきの日々を過ごしたい

桜桃忌

2017-06-19 12:06:31 | Weblog

 

                                                                                        玉川に心しずめて桜桃忌                                                                                                                                太宰の忌イメージままに闇に入る

      

  

 

 

  今日相も変わらずブログの材料がなく苦慮していますと、ふと、今朝新聞(けさの一句)に「東京をびしょ濡れにして桜桃忌」の一句が乗っていたのが目についた。桜桃忌は昭和23年6月、39歳で愛人と入水自殺した小説家、太宰治の忌日。遺体が発見された6月19日を太宰治の命日としましたので、今日の6月19日を「桜桃忌」とした。ネットでは今日の6月19日に墓のある東京都三鷹市の禅林寺で法要が行われという。太宰治の代表作は主な作品に「走れメロス」「津軽」「お伽草紙」「人間失格」戦後は「斜陽」(昭和22年)は大きな反響を呼んだと記憶している。私は「人間失格」と「斜陽」だけでしか読んだ記憶がない。

                                     

       

                                                                                                                             

        

                                  

                                                        

           

             

 

 

 

 

          

                                                       

                                          

 

              

  

 

                     

                        

                                                          

                                             

 

     

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 種々の花菖蒲 | トップ | 大町山岳博物館で雷鳥の孵化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。