ブログに遊ぶ

ときめきの日々を過ごしたい

地鶏卵と新米

2016-10-01 00:23:14 | Weblog

地卵をコツンと割りてたまご飯

一粒もこぼさぬように新米食ぶ

 

 

 地卵は、勿論のこと地鶏から生まれた卵であるが、良く地鶏、地鶏と聞くが、地鶏といったいどんな鶏かと疑問に思った。そこで、ネットで調べると、「地鶏」とは、在来種の純系によるもの、または在来種を素びなの生産の両親か片方の親に使ったもので、在来種由来の血液百分率が50%以上のもの。 生産方法では、飼育期間が80日以上であり、28日齢以降平飼いの離し飼いで1平方メートルあたり10羽以下で飼育されたもの。と、定義されていた。先日スーパーの地鶏卵の特設コーナーがあった。たまごパックに、「比内地鶏 」とシールが張ってあった。価額は6個一パック324円(税込)の値段がついていた。一個にすると54円ですので、普通のたまごの約三倍位だった。二句目の「新米」は家内の兄さんから戴いた新米ですが、今年は日照時間が少ないといわれている中、毎年戴いている時期より二週間は早いような気がしたが、何時もより早く田植えをしたのか、それとも早稲米なのか解らないでいる。多分、今年の米は早稲米ではないかと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋茄子 | トップ | 日光さる軍団育美君と秀吉凱... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
玉子も新米も (kei)
2016-10-01 17:45:00
それぞれがごちそうですね。
「一粒もこばさぬように」となるはずです。
つやつやしてますね。

食欲の秋。
恵みに感謝しながら…。
やはり稲架けの自然乾燥お米 (マーヤン)
2016-10-02 08:59:23
兄さんに電話で聞きましたら、早稲米でなく普通米だそうです。普段スーパーの安いお米ですので、この時期、数人から新米を戴くのが楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。