ブログに遊ぶ

ときめきの日々を過ごしたい

無題

2017-06-16 10:45:31 | Weblog

 

                                                  

 

                                                                                                                                                      サスペンスドラマさなかの金魚かな

 朝から本を読みたい衝動にかられ、大分前に購入しておいて、長い間ほっておいた「内田康夫」の「しまなみ幼想」というサスペンスを詠み始めた。久しぶりの長編だったのか、途中で飽きてしまい詠むことを中断してしまった。年のせいか、根気が続かないと目が疲れれしまったのだろう。そんなため、本から離れてポーットしていると、玄関のベルが鳴った。家内が留守でしたので、一人でいる私がしかたなく玄関へ出ると、宅急便の配達であった。丁度玄関先に写真の金魚の水槽がある。この金魚は割と長生きに育っているので、日が経つにつれ、愛情が沸いてきていた。またも、サスペンス長編から離れ、何も考えずにポーット金魚をしばらく眺めていた。こんな時間の過ごし方も、なんとなく貴重なことに思えた。ふと、くだらないことに気が付いた。それは、何時も金魚を見るたびに、黒い出目金二匹が水槽の下を泳いでいる。決して赤い金魚の上を泳がない、下の片隅の同じ場所に泳いでいて、自分達のエリアを守っているような気がした。こんな、些細なことを考えるのもまた楽しい。

 

       時忘れ描きそぞらふ夏の夜

  

   。

 

 

 

 

しばらくの間、絵筆を持たないでいたが、久しぶりに、季節はずれの雪景色の絵が完成した。相変わらず満足いく絵ではありませんが、今日のブログの題名が「無題」でありましたので、話題がないですので、仕方なく下手な画を紹介することになりましたが、写真は失敗でしたので、ぼけた絵になってしまった。普段でしたら。写真を撮りなおすのですが、その気が沸いてこないでいる。

                                                                            サスペンス幻想抱くか梅雨の間に                 

                      

               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

                

 

 

                               

 

 

     

   

  

 

                      

               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

                

 

 

                               

   

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                  

  

 

  

 

                      

               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

                

 

 

                               

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 廃村近い馬曲部落 | トップ | 種々の花菖蒲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事