自作の俳句

長谷川圭雲

0809健太郎日記健太郎の創作・自作の俳句(長谷川圭雲)(569)(570)(571)

2017-05-11 10:09:35 | 自作の俳句

自作の俳句(長谷川圭雲)(569)(570)(571)

 

  梅の花 奏でる琴は 和の雅(みやび) 

            (2017・2・19:横浜市港北区大倉山公園、観梅会場にて)

 

  観梅は 筝(そう)、尺八が 色を添え 

            (2917・2・19:大倉山公園梅林にて)

 

  梅の花 陽が落ちる毎(ごと) 白さ増す 

           (2017・2・19:大倉山公園梅林にて)

***

ハセケイ コンポジション(249)・hasekei composition(249)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0809健太郎日記健太郎の... | トップ | 0809健太郎日記健太郎の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自作の俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。