はせがわクリニック奮闘記

糖質制限、湿潤療法、Bスポット療法で奮闘中です。
パーキンソンの点滴治療もしています。

ランが来た!

2017年04月05日 | 
獣医にサラをもらった時に、一匹で飼うのは可哀想だから、シュナウザーをもう一匹、儲けなしで世話してくれるように頼んでいました。
その仔犬が3月30日にやって来ました。
名前はランとしました。もちろんメス犬です。



サラの誕生日は1月21日、ランは1月26日です。
姉妹のようにも見えますが、赤の他人(他犬?)です。
しかし、今後は姉妹のように育っていくでしょう。



毎日欠かさず、車で10分足らずの梅林公園にラン・サラを連れて散歩に出かけます。
その際にはバスケットを使用します。



公園には誰もおらず貸し切り状態ですので、私が普通に歩けば、2匹とも普通についてきます、
私が走れば、2匹とも必死の全力疾走でついてきます。

私は犬の全力疾走が大好きです。
リードを付けられて散歩させられる犬は一度も全力疾走をすること無く一生を終えるのでしょう。

このくらいの幼犬からバトルや全力疾走を覚えさせると、かなりの運動能力を身につけることができます。
私は、歴代10Kg足らずの、やや小型の犬を飼ってきましたが、皆、6段のブロック塀を跳び越えていました。
ある犬は、乗用車の窓を全開にしておくと、外からジャンプして乗り込むことができました。
ジャンプした直後に後ろ足が窓枠にキチンと乗っかるので、塗装に傷をつけることもありませんでした。
まさに、フワリと乗り込んでいたのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チアリーダーの華やかさって何? | トップ | 花岡山で花見 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。