はせがわクリニック奮闘記

糖質制限、湿潤療法、Bスポット療法で奮闘中です。

トリミング

2017年07月13日 | 
育ててきたミニチュア・シュナウザーのサラとランは、やがて生後6ヶ月になろうとしています。

これがサラです。誰にでもなついていく甘え上手な性格で、皆に可愛がられます。



これがランです。慎重な性格で、簡単には他人に近寄りません。しかしトラウマがあるのか独りぼっち恐怖症です。



ツーショットは



です。

体重はサラが6Kgちょうど、ランは6.7Kgで、少しずつ差が拡がってきました。

毎夕、車で10分の熊本市立谷尾崎梅林公園に散歩に連れて行きます。
昔はバスケットに入れたり、両手でかかえたりして車に乗せたのですが、1ヶ月くらい前から、自分たちで乗り降りできるようになりました。
梅林公園は基本的に無人で貸し切り状態ですので、ランサラは放し飼いです。
毎日2匹の激しいバトルが展開されます。
追い掛け合って、転がして噛み合うのですが、犬の全力疾走を見物するのは快感です。
体重差はありますが、小柄なサラの方がスピードと俊敏性に優ります。
フェイントや切り返し、そしてそれらの組み立て方がみごとでランを翻弄します。
最近では、ランは追跡をあきらめ気味で、逃げられると、伏せをして、サラの挑発的な接近を待つようになりました。
逆に、サラが追いかけてランが逃げるパターンでは必ず追いつかれて転がされてしまいます。
ランもフェイントや切り返しの技を使うのですが、そのデザインに問題があって、相手にショートカットを許してしまうのです。
そこで、逃げ切れないと悟ったときのランはビタッと伏せをします。
ラグビー用語で言えばテイキング・ザ・タックルでしょうか、転がされないように大地にしがみつくのです。

さて1週間前から、私は公園をゆっくりと歩きながら散歩させるのをやめました。
20分間全力で歩くことにしたのです。
公園内のあるルートを12周すれば、ちょうど20分になります。
もちろんランサラは私についてくるのですが、スタミナに難点があるようです。
最初の3周くらいは、バトルを繰り返しながら私に追いついてくるのですが、次第に全力疾走が減ってきます。
途中からは、ただただ私についてくるだけという状態になります。
さらには、引き離されたランはショートカットを利用し始めます。
あげくのはてに、ランは周回遅れにもなるというていたらくでした。

この二匹のキャラは、利口で甘え上手なサラと、鈍くさくて用心深いランという対称的なもののようです。

写真を見ておわかりのように、私がランサラの顔をカットしてやりました。
そうしないと上下からの毛によって両眼が隠されてしまうからです。
さらに、ランは頭、耳、頬もカットしました。
不細工に毛が伸びて、まるで落ち武者かプレデターかというようなルックスになったからです。

もともとシュナウザーカットなる物があって、こんなイメージのようです。



しかし、こんな犬を連れて歩くのはちょっと気が引けます。
熊本市内にシュナウザーカットの専門店も見つけてあるのですが、決断に踏み切れません。
しばらくは私がトリミングを続けていくつもりです。

それから、当然の話ですが、2匹とも糖質制限で育てています。
ペットフードも一切与えません。
ひたすら肉と魚とわたしのつまみのお裾分けです。
犬は離乳期に与えられた餌を一生好みます。
ランサラは鯛の刺身とピーナッツを死ぬまで欲しがることでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緒方良 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。