はせがわクリニック奮闘記

糖質制限、湿潤療法、Bスポット療法で奮闘中です。

緒方良

2017年07月10日 | 同窓会
昨夜博多の友人から連絡がありました。
6月18日に中学高校の同級生だった緒方良が亡くなったそうです。
5年前から食道癌との戦いを強いられていたようです。

彼は精神科医として天神でビルクリニックを開業していました。
百道中学校3年生の時のクラスメイトだったのですが、そのクラスには後に眼科医となった大島竜太郎と、歯科クリニックを開業した大賀誠治もいました。
私を含む、この四人で仲良しグループを形成していたのですが、リーダー格は緒方良でした。
強面でゴリラのような体格でしたので、グループがトラブルに巻き込まれることは皆無でした。

4人とも修猷館に進学したのですが、そこでも時々集まっていました。
私たちが高校三年生だった夏休みに大島竜太郎の家に3人で泊まりに行きました。
そして、その夜は、みんなしてラーメン屋でテレビを観たのですが、画面にはアポロ11号による月面着陸の瞬間が映し出されていました。
その記憶は、青春の一シーンとして時折思い出されることになりました。

高校では4人とも水泳部に入りました。
一時期ではありますが、私と緒方は部活を終えて、一旦家に帰り、食事を摂った後に、修猷のプールに忍び込み、真っ暗なプールで400m泳ぐという特訓を続けたこともありました。
一方で、私と緒方は余りにもハードな練習に耐えかねて、逃げだしたこともありました。
逃げてはみたものの、翌日にはガられる(博多弁で怒られるの意)のを覚悟で練習に参加したのですが、意外にもお咎めなしでした。
喜んで、いつもよりも気合いを入れて練習し、整理運動を終え、シャワーを浴びていると、キャプテンが声をかけてきました。
”長谷川と緒方は昨日の分の5000を今から泳いでこい!”
疲れた体に鞭打って泳ぎ始めたのですが、次第に意識が朦朧としてきました。
考え事をしながら泳ぐのですが、それが考え事なのか夢なのか判然としなくなっていったのです。
ターンするときだけは先輩達の ” とばせっ! ” という怒声で目を覚ますのですが、再び、泳ぎながら夢を見始めます。
しかし、その時思わぬ僥倖に恵まれました。なんと、定時制の連中が体育の授業としてプールに入ってきたのです。
結局2200mで中止となりました。プールから引きずり上げられて緒方と目を合わせたのですが、お互いに喜びを隠せないような表情だったことでしょう。

昨夜はテレビも消して、一人で静かに緒方とのことを思い出しながら延々と飲みました。
当時の百道中学校の運動場は、その一端が海水浴場みたいなロケーションでした。
昼休みには緒方と二人で、砂浜に座って毎日のように語り合いました。
最近で言うコイバナでしょうか。
お互いが思いを寄せる女性のことを延々と語るのです。
ある時、緒方は思いを寄せる女性を待ち伏せして、手紙を渡そうと試みたのですが、直前でビビッてしまって実行できなかったとのことでした。
そこで、次回は私についてきて欲しいと頼んできたのです。
私は承諾して、緒方と二人で待ち伏せ場所に隠れました。
私は緒方に言いました。” 今日、手紙を渡せなかったら、お前は卑怯者だ。 ”
実は、このセリフは私のオリジナルではありません。
ガキの頃読んだ児童文学全集の中にあった、同じような状況でのセリフを拝借したのです。
確かではありませんが、その小説はケストナーの ” 飛ぶ教室 ” だったと思います。
卑怯者と呼ばれるのを最も忌み嫌う年頃ですので、背中を押してやるのには最適なセリフです。
それが功を奏したのか、緒方は手紙を渡すことに成功したのです。
その後、我々のコイバナがエスカレートしたことは言うまでもありません。

久し振りに大賀誠治と連絡を取り合って、8月5日に私が博多に赴き、大島竜太郎を交えた3人で飲むことにしました。
3人で緒方良の通夜を執り行います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花岡山で花見 | トップ | トリミング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。