目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

愚問の大谷昭宏

2017-05-16 | IT関連

私はこのブログで、何度も、愚問について書いています。

愚問はそれを質問した途端に、この人は、何にも知らないとなるからである。

 

今日は、TBSの「ひるおび」の大谷昭宏コメンテーター。

昨日、日本でも感染されたランサム・ウイルスについての解説時に、次の質問をしていました。

このウイルスによる感染の状況を視聴者に知らせるため、PCが感染された時のPC画面を再現させながら、IT専門家が解説していました。

その時、大谷コメンテーターの愚問です。

大谷コメンテーター:「このPC(のウイルス)から、テレ朝のPCに感染することはないのですか?」

IT専門家:「社内のネットワークにつながっていないので、問題ありません。」

多分、大谷コメンテーターは、社内に感染したら大変なことになるから、そういうことはないですか?

または、社内のPCへの感染まで配慮し、考える事ができることを自慢したかったかと考えます。

IT専門家は、そんなことにならないかどうか、テレ朝に迷惑が掛からないかぐらいは、即時に判断できます。

そういうリスクがゼロであることを認識した上で、PCを使って解説しています。

この質問をした途端、多くの視聴者は、大谷コメンテーターのPCリテラシーの低さに気付きました。

 

私も、研修や講義を受けた時、自分では分かっていても、その講師の説明では分からない時は、敢えて、質問したりします。

別に、自慢したくて質問するのではなく、大事な所をチャント解説してという意味です。

今回の大谷コメンテーターは、それとは違いました。

だから、愚問なのです。

 

質問とは、質問する相手に、この人、凄いなと思わせる内容を聞くことです。

愚問とは、質問する相手に、この人、全然、分っていないと知らせることです。

研修や講義の時だけでなく、取引先との会話でも大事です。

 

面談している人に、この人とは、ビジネスで取引したくないと思われるような愚問で、会話しないことです。

この人とビジネスを一緒にしたいと思わせる(凄い、鋭い)質問をしてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MUFGの偽メールが届いた | トップ | 目の充血 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。