目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

映画の加色

2016-06-29 | 写真

映画のフィルムに、後でどうやって色を付けるのかはわかりませんが、撮影後、加色が行われることが多い。

加色は、色だけでなく、俳優名等のクレジット、吹き出しを加えたりと色々とできる。

今回、ある映画で、加色が行われていた。

虹は、太陽光と霧と見ている人(観察者)の関係では、太陽光が見ている人の背中側に当たった状態で、観察者の目の前に霧の上に虹が発生しているのが見える。

太陽光が目の前にあったら、虹は見えない。

あくまで、虹が見える関係は、太陽、観察者、虹の順である。

 

今日、見た映画では、日影が手前にきている(太陽光が目の前に見える状態)で、ホースから霧を作って、その霧の上に虹を映していた。

つまり、観察者、虹、太陽という関係である。

 

現実には、ありえない状態。

映画では、加色で、見せていた。

現実では、ホースから霧を作っている観察者[主人公)を映しながら、霧の上に虹を見せる場面は、撮影できない。

 

嫌味な性質と思っていますが、私は、こういう場面を見逃さない。

主役と虹を撮りたいのが、優先してしまったのだと考えます。

現実ではできない場面ですが、映画的には、これも有りと考えています。

言いたいのは、現実には、その状態では虹は見えないということです。

この年になると、素直に映画を見ていない自分が、恥ずかしくなります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街頭インタビューで、各局が... | トップ | 昔の日本語表示 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。