目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

昭和39年、銀座に街頭テレビはないとちゃう?

2016-09-17 | ブログ

9月17日の「とと姉ちゃん」で、新幹線開業のニュースを、街頭テレビで映していた。

この頃には、街頭テレビはなくなったのではと思い、調べてみました。

次の資料は、白黒テレビの普及率です。

http://www.nhk.or.jp/po/sorenani/1590.html

1955年(昭和30年)から始まる神武景気の時期には、電気洗濯機、電気冷蔵庫とならび、テレビは「三種の神器」と言われ、家庭への普及が始まります。そして、1959年(昭和34年)に皇太子さま(現在の天皇陛下)と美智子さまがご結婚され、そのパレードの生中継を見るために、急激な勢いでテレビが普及しました。1958年(昭和33年)には16%だった白黒テレビの世帯普及率が、わずか5年後には90%を突破したのです。

1963年の普及率は、80%以上です。

街頭テレビの時代ではないと考えます。

 

私の記憶でも、1959年頃、街頭テレビが流行っていました。

私も、親父と街頭テレビを見に行った記憶があります。

我が家には、1959年にTVがありました。

近所の人が、窓越しに我が家のTVをておりました。

我が家のTVが、街頭テレビでした。

 

昭和の時代検証は難しくもないと思いますので、しっかりして欲しいと思いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池新党設立か? | トップ | 自家製イクラをつくる »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。