目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

高齢者 (65歳以上)の交通事故への対応方法

2016-11-21 | ブログ

最近は、高齢者の交通事故が注力して取り上げられる。

実際に、どのくらい起こっているのかを調べてみました。

詳細は、ここを参照:

http://www.garbagenews.net/archives/2047698.html

この資料によると、2015年の高齢者で運転中の事故は、年間約600件強。

つまり、1日あたり、2件程度発生しています。

別に最近特別に多いと言うことではありませんが、小学生の登校児童に突っ込む等、悲惨な事故が多く発生したので、報道されるようになったと考えます。

単純に、高齢者の免許を取り上げたら良いと言う訳にはいかないのが、この問題の難しさです。

公共交通機関は、都会の中(都会から都会)の移動、郊外から都会への移動は、基本的に便利です。

しかし、首都圏でも、郊外から郊外への移動は、不便です。

ましてや、郊外田舎に行くと、非常に困難になります。

 

このためには、高齢者が運転する車には、自動停止装置付きにするようにすべきと考える。

少なくとも、追突、急発進、集団登校している児童への飛び込みは防止されると考える。

 

または、マニュアル車のみ運転できるようにする。

マニュアル車を運転できないとなると、ボケているという証明にもなり、実際に自動車を乗れないことになる。

万が一、慌ててアクセルを踏み込んだ時には、同時にクラッチも踏んでいるので、加速されることはない。

 

スピードが出ていなければ、大きな事故になることは少ない。

高齢者のスピード制限も設けても良いかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラクビ―、ウエールズ戦は、面... | トップ | 福島県沖地震と津波 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。