目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

NHK日曜討論の発言

2017-06-18 | 政治

2017年6月18日のNHK日曜討論のテロ等準備罪についての発言内容です。

→は、私の意見です。

 

共産党:小池晃議員:共謀罪ではないと言っているが、殆どのマスコミは、共謀罪強行といっている。

→ 共謀罪と表現しているのは、朝日新聞、毎日新聞、日経新聞だけです。多分、赤旗新聞は共謀罪と言っていると考えます。殆どではありません。どちらかと言うと、左翼系の新聞社だけです。読売新聞、産経新聞は、NHKは、テロ等準備罪としております。

民進党と共産党は、参議院の法務委員会が始まる時から、廃案と表明しましたが、徹底審議してから、廃案と主張していました。自民党、公明党は、審議しないで、採決しました。

→ 廃案と言っていて徹底審議とは、どういうことでしょうか?詭弁そのものです。

 

日本のこころ:中野正志議員:反対の野党の皆さんも、国民にいたずらに不安を煽って欲しくない。11年前の民主党の修正案と殆ど同じですから。テロ等の犯罪組織に資金を渡さないためにも、この法律が必要です。不安を煽るに煽っることは止めましょうよ。日本の治安を守るためにも。

 

→ その通りと考えます。

 

民社党:吉川元議員:この法律でテロが防げるのかどうか?テロ等防止するためには、水際対策をしっかりすれば、テロ対策はしっかりできる。外国でも国際組織犯罪防止条約(TOC条約)と施行している国でもテロが起こっている。これは、テロ対策というよりも、ミスリードである。

→ 日本人は、テロを行わないと自ら発言しています。オウム真理教は、テロ集団ではないのですか?日本は、海に囲まれているので、不審船で入国することが簡単にできます。北朝鮮の拉致もしかり、海外からの金密輸、覚せい剤等の密輸は、小型船による密輸です。テロを起こす外国人も容易に入国できます。

水際を守るのが大変です。それが正しい対応であれば、海上保安庁の人員増を提案するのが、党としての提案にならなければなりませんが、そんな話は一言もない。

 

 

自由党:玉城デニー議員:TOCを批准する国内法は、整備できているので、このテロ等準備罪は、不要である。入り口から間違った情報を提示している。

→  それの主張が正しいのなら、何故、各党を説得できないの?

日本維新の会:馬場伸幸議員:三条件があるので、普通の人が捉えられることはない。万が一、冤罪等が発生しないように取り調べの可視化の方向性は決まった。足らない点は、見直しをするのが、政治の役割。

→ その通りと考えます。

公明党:斎藤鉄夫議員:法案の中身と捜査の適正化が議論されてきましたが、これからは、捜査の適正化(令状主義の徹底と取り調べの可視化)が大事です。

→ その通りと考えます。

民進党:野田佳彦議員:誰が、何をしたかが分からない。今は、分からないけれど、分かってからでは遅い。これだけ問題があるならば、廃止に持って行かないといけない。 

→ 分かってからは、修正できないの?民進党の何時もの懸念の話です。これだけの問題と言っているが、仮定の話の問題点を議論しても困ります。今回の法案を廃止したいのは、分かりますが、テロが起きないようにするためには、どうしたいのかが分からない。

 

各党の立ち位置が分かりました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一部野党は、強行の意味を理... | トップ | 昨日の「そこまで言って委員... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。