目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

ヒアリ(火蟻)が発見された

2017-06-14 | 関西ローカル

中国から輸入されたコンテナは、神戸港に到着。

その後、尼崎に搬送され、開封した時に、火蟻がコンテナ内に、いるのを発見。

火蟻の写真。

(ヒアリの写真)全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色

今回の事件経過:(環境省)

http://www.env.go.jp/press/104185.html

ヒアリを発見した場所及びコンテナの燻蒸作業を実施した場所

コンテナの火蟻は、神戸市内で燻蒸処理し、コンテナ内の火蟻は消毒された。

このコンテナで運んでいた荷物は、電化製品。

今、神戸港、尼崎、燻蒸処理した場所で、火蟻が生息していないかを調査中とのことです。

この蟻は、火蟻と書くぐらいなので、噛まれると、火がでるくらい相当痛いようである。

噛まれた場合は、大人でも死に至る危険なヒアリです。

呼吸困難などを伴う急性アレルギー反応「アナフィラキシーショック」を起こす危険性があるといわれています。

瞳孔が狭くなり、呼吸も困難になるようです。

直ぐに救急車を呼んで、対応する必要があるようです。

対応方法等、火蟻の詳細は、ここを参照:

https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf

 

不安な外来害虫が増えています。

関西では、それ程、毒性は強くありませんが、セアカコケ蜘蛛があります。

このセアカコケ蜘蛛は、結構な範囲に広がっています。

セアカコケ蜘蛛の詳細は、ここを参照:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%82%B1%E3%82%B0%E3%83%A2

 

セアカコケ蜘蛛が全国に拡散してしまったように、火蟻が拡散しないことを祈ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めて外耳炎にかかる | トップ | 組織的犯罪処罰法の国会攻防→... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。