目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

北朝鮮がグアムに向けて発射した場合の軌道

2017-08-10 | 国際社会

北朝鮮が、ビッグマウスで、グアムへの攻撃を言い出し始めた。

その時は、日本の上空を通る。

その通り道をGoogle Earthで確認して見ました。

北朝鮮は、どこからでも発射できると言っているので、北朝鮮の陸地での一番西側と一番東側の直線が次の通りです。

北朝鮮の一番西側とした場合:

九州・長崎、熊本、宮崎、鹿児島を通ります。

 

北朝鮮が一番東側とした場合:

 

兵庫県・大阪・和歌山県の上空も通ります。

 

北朝鮮の発表では、島根県、広島県、高知県を通り、射程距離は、3356.7㎞、飛行時間は17分45秒としている。

北朝鮮の発表通りとなると、北朝鮮の発射位置は凡そ、検討がつきます。

 

発射場所は、黄色の線の端当りと考えられます。

ここまで、詳細に発表していると言うことは、発射しないよと言う意味かも知れません。

 

トランプ米大統領も過激な発言を繰り返しております。

ミサイルの応戦(交戦)にならないように、それぞれの国が大人の対応をして欲しと望みます。 

 

政府は、日本の上空を通る時の対応は、どうするのだろうか?

前回、太平洋に落下した時は、政府は静観していました。

 

もう、ノー天気で平和惚けの主張(対話で解決する)を見直す時期かと考えます。

どの国も、対話できていません。

対話で、回避できると主張する人達は、是非、政府を越えて、実践して頂きたいと願います。

しかし、そう主張する人で、実践できる人は誰もいないと考えます。

共産党、民主党の議員では誰ですか?

そんな政治家、思いつきません。

 

交戦しろと言っているのではありません。

 

少なくとも迎撃できる対応とシェルターの建設をすべきと考えます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅官房長官の「ここは質問に... | トップ | 中国の笑えるAI技術 »
最近の画像もっと見る

国際社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。