目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

メディアは統計を分かっていない

2016-11-01 | シンキング

先程、めざましTVで、「渋谷で30分間観察したら、マフラーをしている人が43名でした。」とレポートがありました。

私は、「だから何?」と思いました。

何人中、43名と言う情報が無ければ、何の意味もありません。

分かるのは、観測地点をマフラーをしている人が、43名通ったというデータです。

ここに、100名中、43名となると、結構寒いと言うのが分かります。

4割の人が、寒いと感じてマフラーをしていますという情報になります。

5000名中、43名でしたら、どう思いますか?

寒がりの人がいますぐらいの情報です。

まあ、良くくみ取って、マフラーするぐらい寒くなったと言う情報ですかね。

冬でも半袖の人がいますが、その程度の情報になります。

 

こういう時のサンプリング方法は、ある時点で、カウント人数を20名と決めて、そのうち、マフラーをしている人数を指折りで数える方法です。

サンプリング手法と言われ、意外と実態を表します。

そうしたら、有効な情報になったと考えます。

 

統計学を知らないと、そんな人数(20名)では意味ないと言いますが、そんなことはありません。

よくメディアが行っている世論調査は、2,000名前後です。

人口1億2千7百万人に対して、2,000名前後です。

 

この調査の時、大事なのは、無作為であることです。

通行人を、20名としたときに通る人は、無作為となります。

ここに、可愛い女子とか、お洒落な女子のみとすると、意味をなしません。

 

メディアの人も、統計の基本を学んで欲しいと感じました。

43名、マフラーをしていましたは、データであって、情報ではありません。

情報とは、データをフィルトレーションしたものです。

100名の通行人という標本数のデータがあって、そのうち、約4割の人がマフラーをするぐらい寒いが、情報になります。

 

追記:

11月1日に、統計を利用した日経新聞の夕刊記事がありました。

タイトルは、「なぜか眠気を誘う京阪特急ZZZZ・・・」

始発駅の淀屋橋から終点の出町柳まで調査している。

最後尾の車両で調査:

京橋から枚方駅までは、27人中7人(26%)が寝ていた。

終点では、14人中6人(43%)と分析していた。

並行して走る阪急特急では、平均21%。JR新快速では、平均25%。

休日も調査:京阪23%、阪急16%、JR22%でした。

特に、%では差がないとして、眠くなる原因が他にあるのではと、仮説して検証。

レール長さと知らべて見たら、どこもロングレールの200mで差は無し。

どうやら、カーブではという内容でした。

それと、眠くなるふかふかの座席。

こうやって、統計を組み入れながら書かれた記事は、読みごたえがありました。

この記事を書かれたのは、女性記者。

夫々の路線を1往復、平日と休日で調査しているので、少なくとも6往復していると考えます。

片道平均47㎞を、6回なので、乗車距離は、282㎞です。

何度も特急に乗ったのを考えると、お疲れ様と慰めたい気持ちになりました。

 

追記:

11月8日、同じ番組で、このブログを反映した放送がありました。

30分(?)計測し、約100名の通行人の内、マフラーコートを着た人が43名と、レポートしていました。

今朝の気温の寒さが伝わりました。

Good Job.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ミリメシ」って、ご存じで... | トップ | マイナンバーカードを受領 »
最近の画像もっと見る

シンキング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事