目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

長編映画「ベン・ハ-」を見た

2016-07-22 | 映画

212分の長編映画「ベン・ハ-」を見ました。

212分とは、3時間32分の大作です。

 

ベン・ハー』(Ben-Hur)は、1959年制作のアメリカ映画。

ルー・ウォーレスによる小説『ベン・ハー』の(3度目の)映画化作品である。

ウィリアム・ワイラー監督。

チャールトン・ヘストン主演。

同年アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞をはじめ11部門のオスカーを受賞。

 

仇敵メッサラ(黒い馬の方)とベンハ-(白い馬の4頭立て)二輪戦車競走シーンが有名で、このシーンだけは、何度も見ていました。

 

名作と言われる映画作品は、一度は見ておくべきですね。

つくづく、そう感じた映画です。

1959年(昭和34年)の公開当時は、テレビも普及されていない時代なので、映画の最盛期です。

この頃の映画は、3時間超えの映画は、結構ありました。

70㎜での撮影。

それを実現するシネラマや70mmの大画面、

 

銀座1丁目には、当時、テアトル東京があり、シネラマ、70㎜に対応した映画館でした。

『ベン・ハー』『西部開拓史』『2001年宇宙の旅』『未知との遭遇』などのヒット作や大作を上映していた映画館として有名です。

高校生の時、テアトル東京の一番前の席(スクリーン齧り付き)で、70㎜映画を見るのが楽しみの一つでした。

なにしろ、目の前には、大迫力の画面が一杯でした。

今は、この跡地には、映画館もありますが、ホテルが建っています。

 

ベンハ-は、劇場では見たことが無く、今回、初めてDVDで見ました。

映画が良き時代だった名作・大作です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まるで、玉掛け作業の安全確... | トップ | 昨日の昼頃、OLさん達、やは... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。