目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

ロンドン西部の高層マンション火災

2017-06-15 | ヨーロッパ

ロンドン西部の高層マンション火災の映像です。

http://blog.esuteru.com/archives/20014888.html

大変な燃え方です。

場所は、次のWEBに地図があります。

http://www.bbc.com/japanese/40269857

GoogleMapで検索すると、次の映像になります。

https://www.google.co.jp/maps/@51.514256,-0.2171018,3a,36.1y,107.2h,122.51t/data=!3m6!1e1!3m4!1sKXSV2b2bmlcc14VY5lKjTQ!2e0!7i13312!8i6656

BBCのニュース記事には、5階から避難した人の話がでています。

「階段の踊り場に煙がすごく立ち込めていた。煙警報は鳴らなかったが、5階から24階まで一気に広がっていった。すごく怖かった」

どうやら、階段は、一つで、煙が充満し、避難できなかった。

その後は、火まで廻って、避難できなかったと考えます。

火災報知器も設置してなく、外壁も可燃性のウレタンの断熱材が使われ、階段が煙突になってしまい、建物全体が燃えてしまったようである。

 

我が家のマンションには、火災検知器、煙探知機も有り、非常ベルも鳴ります。

2-3ヶ月毎の定期点検では、各戸を回って確認しています。

廊下には、消火器、消火栓もあります。

消火栓は、年に一度、放水し、水圧も確認しています。

階段は、RC構造で、鉄の扉で守られた階段室と、反対側には、外階段があります。

ベランダには、隣のベランダに出られる壁もあり、2軒に1つ、下の階のベランダに降りられる非常口があります。

火災が、発しても、何とか、避難可能と考えます。

 

今回の英国のビルには、ベランダに相当するものもなく、避難階段も1つしかなかったようです。

火災による避難を考えていなかったように考えます。

海外で居住する時は、日本のマンションの避難方法を考えて、チェックすると良いかと考えます。

 

お亡くなりになられた方々のご冥福を、お祈りいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法案名で、メディアの立ち位... | トップ | 2017年お亡くなりになられた... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。