目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

北陸新幹線の敦賀‐小浜-京都に決定

2016-12-15 | 関西ローカル

与党検討委員会(PT)は、2016年11月11日、国土交通省調査結果が公表されたことを受け、2016年内の大筋合意を目指すとしています。

詳細は、ここを参照:

http://abhp.net/traffic/Traffic_Rail_Hokuriku-Shinkansen_800000.html

 

 

結局、北陸新幹線の延長は、敦賀‐小浜‐京都に決定しました。

この地図では、真ん中のオレンジ色の線が、今回決まったルートです。

本来なら、もっと早く決めておくべき内容でした。

地元では、この新幹線開通により、湖西線が第三セクターになるのではと懸念されています。

新幹線の地図を見ると、湖西線とは重複していません。

湖西線は、琵琶湖の西側の湖畔に沿って走っています。

今回のルートは、殆ど山の中で、トンネルになりそうな所を通ります。

JR西日本としては、何も告知していませんが、第三セクターにするような雰囲気です。

そうなると、湖西線を住宅地として購入した人には、大きな打撃になりそうです。

今は、新快速等、大阪へ一本で通勤・通学できますが、第三セクターになると、山科駅で乗り換えになります。

 

大阪と北陸を結ぶ鉄道路線としては、早期の新幹線開通を望みます。

北陸は、どちらかと言うと、大阪‐金沢‐富山と特急サンダーバードも走り、関西圏と言うイメージでしたが、昨年、北陸新幹線が開通し、関東圏になってしまいました。

 

こういう将来の方向を決めるのが、政治家の役割。

関西の政治家の地盤沈下を現している現象と見ています。

 

リニア新幹線の名古屋‐大阪も未定です。

どこを通るかも大事ですが、東京‐大阪を早く開通させることが大事です。

関西圏の地盤沈下につながります。

 

先ずは、敦賀‐京都のルートは決まったので、京都‐新大阪の新路線詳細も早く決めましょう。

上の地図では、青色の線になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫代表に関するあきれる記事 | トップ | あるお店のカツ丼で、お腹を... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。