目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

蓮舫代表に関するあきれる記事

2016-12-15 | 政治

 

嘗ては、民主党政権のために、投票しました。

その後の政権担当した議員の能力不足が露呈し、支持できなくなりました。

心の片隅には、頑張って欲しいと言う気持ちがありますが、今の代表民進党の政策では無理です。

そう思わせる内容が書かれた民進党代表の記事です。

 

記事のタイトル:蓮舫氏は25年以上違法状態か 「二重国籍」で法相見解(2016.10.19)

http://www.sankei.com/affairs/news/161019/afr1610190004-n1.html

蓮舫氏は16日、訪問先の熊本県で記者団に対し「法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」と述べていた。これについて金田法相は再び一般論とした上で、「期限後に(法の定めることを)履行しても、それまでの間は違反していたことになる」と強調した。

 

記事のタイトル:都内の男性が蓮舫代表を告発 「二重国籍」問題で(2016.12.14)

http://www.sankei.com/affairs/news/161214/afr1612140033-n1.html

告発状によると、蓮舫氏は9月23日ごろ、都内の区役所で、台湾籍を喪失した事実がないにもかかわらず、外国籍の証明と誤信させる書面を添付し「外国国籍喪失届」を提出。戸籍簿に不実の記録をさせようとしたなどとしている。

 

記事のタイトル:民進・蓮舫代表の指導力不足露呈 ちぐはぐ国会対応でIR法案廃案に追い込めず(2016.12.14)

http://www.sankei.com/politics/news/161214/plt1612140010-n1.html

蓮舫氏は参院議員であるにもかかわらず、足元では指示とは異なる参院自民党と協調した対応となった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫代表、また、アホな発言をしていた

2016-12-12 | 政治

蓮舫代表が、昨日(11日)また、アホな発言をしていた。

「小池百合子都知事の頑張っている姿、私は最大限評価している。
ある意味の古い政治と向き合って戦っておられる姿、共鳴もする。
その中で、自分の思いを実現するために(来年の都議選に)候補者擁立するのであれば、私たちも何か一緒に、相互的に協力ができるものがないか、そういう道も探ってみたい。
都議選は、私たちの民進党の現職もいる。
新人も含めて公認作業を進めている。
その中で、国政の与党以外の方たちと、協力できることがあれば、それは否定するものではないと思っている。 」

「国政の与党以外の方たちとの協力は否定するものではない。」と言っているが、小池さんは、未だ、自民党員であり、与党議員である。

 

離党させられた都議も、民進党とは一緒にはなれない。

共産党と共闘するような節操のない民進党には馴染まない。

蓮舫代表は、現状認識ができていない。

 

どちらかと言うと、連帆代表が、小池パワーを欲しがっている状況かと考えます。

なにを勘違いしているのか、民進党のパワーは今はない。

上から目線の蓮舫代表に手助けしてもらう状況ではないと考えます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫がいう品格の無い国々

2016-12-08 | 政治

昨日の安倍首相との党首会談で、二重国籍疑惑が晴れない蓮舫代表が、カジノを作るのは、国家として品格がないと言っていました。

https://www.youtube.com/watch?v=OQ33s3Wv3eo

品格のない国々は、次のとおりです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%8E%E3%81%8C%E5%90%88%E6%B3%95%E5%8C%96%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E5%9B%BD%E4%B8%80%E8%A6%A7

以下、抜粋です。

アメリカ、カナダ、・・・・

イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ロシア、スイス、・・・・

 

未だ、カジノが無い日本で、ギャンブル依存症があるということ自体が、矛盾している。

それは、実質、ギャンブルに近いパチンコの事を言っているものと思われる。

だったら、民主党もパチンコを一掃する提案でもしてから、依存症のことを言って欲しい。

 

台湾にはカジノはないので、台湾は、品格があると言っているように聞こえるのは、私だけか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アグネスちゃんの抽象的で幼稚なコメントをやめさせろ

2016-11-27 | 政治

今日、朝のTV番組「新報道2001」に、アグネスちゃんが出演していた。

そこでの発言は、何の意味もない抽象的な発言ばかりでした。

「私から見れば、トランプさんが大統領になっても、日本の場合は、日本の得意のもの、一生懸命やれば良いと思うんです。むしろ、今は、周りに振り回されない、自分の足元を見て、もう、気づいてみたら、4年経ったら、アメリカを越しているみたいな。

あるいは、新しい友達を作って、そうすると、トランプさんは(日本を)すごく警戒すると思うんです。そう言う友達も作れば、日本なりに、すっごい重要な立場になると思います。」

 

この抽象的で、幼稚な発言内容は、小学生(高学年)レベル。

まず、「気づいてみたら、4年経ったら、アメリカを越しているみたいな」と言っていますが、アメリカの何を超えるのかが不明。

GDPは、日本の4倍強。(2016年予測値:アメリカ:18.7兆米ドル、日本:4.17兆米ドル)

人口は、日本の3倍弱。(アメリカ:3.2億人、日本1.3億人)

アメリカを超える具体的なものを示していない。

まあ、そんなもん私には思いつきませんし、無いと考えます。

今、越えているのは、自動車の生産台数ぐらい。

でも、Made in USAを志向しているトランプ政権になったら、の座が奪われるかもしれない。

 

「新しい友達を作って」と言っていますが、具体的には、どの国を指しているのか?

アメリカに影響を与える国とは、どこの国を言っているのか?

ロシア? ロシアは、新しい友達?(平和条約を結んでいない)

中国? 形式上は、友達である。(映画条約を結んでいる)

まあ、影響力があるそんな国、私には思いつきません。

 

この程度の抽象的な言葉は、小学生のレベル。

幼稚なアグネスちゃんをコメンテーターに出演させないで欲しい

 

アグネスちゃんについては、日本ユニセフとの係りについて、追究して欲しい。

タイトル:日本ユニセフ協会の正体

https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1064.html#id_c81e6f8c

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日、安倍首相とトランプ氏の対談

2016-11-19 | 政治

昨日、安倍首相とトランプ氏が対談した。

このニュースの反応で面白いのは、民進党、中国の対応。

ビジネスをする上で一番大切なのは、信頼関係をつくること。

それができてから、ビジネスの話ができると言うのは、常識の話。

 

民進党の蓮舫代表は、11月18日午前の参院議員総会で、「首相は会談後、『信頼できる指導者だと確信した』と発言された。何をもって信頼できるのか。ぜひ詳しく説明してほしい」と注文を付けた。

安住淳・民進党代表代行

首相が1時間ちょっと会っただけで「この人は大変信頼できる」と言った以上、どこが信頼できるのか、国民に説明する責任がある。

当選して1週間後にとんでいくというのは、大変失礼だが『朝貢外交』でもやっているつもりではないかと思う。私は評価しない。

 

→ すぐに対応したことを朝貢外交と言うような人とは、信頼関係はできない。

会談内容を発表する人は、信頼に値しない人となる。そんなことも分からない人から評価されなくても良いと考えます。

 

閑話:

朝貢(ちょうこう)は、主に前近代の中国を中心とした貿易の形態。中国の皇帝に対して周辺国の君主が貢物を捧げ、これに対して皇帝側が確かに君主であると認めて恩賜を与えるという形式を持って成立する。なお、周辺国が貢物を捧げることを進貢(しんこう)、皇帝がその貢物を受け入れることを入貢(にゅうこう)という。

→ 民進党は、日本はこの定義の中国と同じ立場で見ているので、日本に来いと言っているの?。変な言葉を使って、安住さんは何を言いたいのかが、分からない。

 

中国の反応:

「2国間の協力関係が第三国の利益を損害してはならない。地域国家の安全への懸念を尊重するよう希望する」(中国外務省 耿爽報道官)

また、中国外務省はこのように述べ、安倍総理とトランプ次期大統領の接近を牽制しています。

中国の国営メディアでは、「早期の会談は、安倍政権の自信のなさを表している」といった報道が目立ち、中国が会談の行方を気にしていることがうかがえます。

 → 中国共産党では、早期訪問対応はできません。

 

韓国は、自国の政治問題で火がついているので、特に記事は見つかりませんでした。

どちらかと言うと、日本の安倍首相を羨望で見ている感じの記事がありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加