目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

キトラ古墳

2017-02-19 | 関西ローカル

先日、キトラ古墳の展示があったので、申し込んでみてきた。

久し振りの飛鳥。

今迄は、車で行ったが、今回、初めて、電車で出掛けた。

近鉄阿倍野橋駅から、壺坂山駅まで、急行でいきました。

途中の駅名が、古市、尺土など馴染みのない駅名がありました。

流石、古都ならではの地名が多いです。

 

キトラ古墳の実物は、それほど大きくなかったです。

でも、キトラ古墳は、7世紀末〜8世紀初め頃に造られたと推測されています。

1400年間、良く残っていたのが、不思議です。

 

今や、四神(ししん)は有名になりましたが、東の青龍・南の朱雀・西の白虎・北の玄武です。

季節は、東が春、南が夏、西が秋、北が冬になります。

人生を四季に例えて、若年期を、東の青龍の靑と春が結びついて「青春」と言い、同様に、壮年期を「朱夏(しゅか)」、熟年期を「白秋(はくしゅう)」、老年期を「玄冬(げんとう)」と表現します。

 

都も、この四神に基づいて、作られています。

例えば、京都の平安京は、東青龍を鴨川に、西白虎を山陰道、南朱雀を巨椋池、北玄武を船岡山にして、作られたと言われています。

キトラ古墳には、四神とともに、干支も描かれています。

 

キトラ古墳は綺麗に整備されて、公園になっています。

キトラ古墳壁画体験館「四神の館」もあります。

https://www.asuka-park.go.jp/kitora/index.html

キトラ古墳の体験館を見て、事前に学習してから、古墳を見た方が良いかと考えます。

 

キトラの名前の由来は、中を覗くと亀と虎の壁画が見えたため「亀虎古墳」と呼ばれたという説。

古墳の南側の地名「小字北浦」がなまって「キトラ」になったという説。

キトラ古墳が明日香村阿部山集落の北西方向にあるため四神のうち北をつかさどる亀(玄武)と西をつかさどる虎(白虎)から「亀虎」と呼ばれていたという説。

など、いろいろな説があります。

一度は、見ておきたい施設の一つです。

 

閑話:

飛鳥には、ビニールハウスがあちこちにあり、あすかイチゴを栽培しています。

イチゴ狩りもできます。

大粒の「あすかルビー」で、大粒の割に甘いイチゴです。

あすか駅近くの販売所で、6粒入り550円で売っていました。

思わず、買って帰りました。

美味しく頂きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週から、花粉が飛び始めました

2017-01-30 | 関西ローカル

私の鼻は、花粉に対しては凄く敏感なセンサーです。

先週から、花粉症の症状が出始めましたので、外出時にはマスクが必須のアイテムになりました。

ウエザーニュース提供の花粉情報では、確かに、飛来しております。

https://weathernews.jp/pollen/#//c=0

その個数は、一日2-4個です。

それに反応しております。

私にとっては、嫌な季節が始まりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「す・またん」(1/27)プレゼントの宛先

2017-01-27 | 関西ローカル

す・またん」のプレゼントの宛先です。

宛先の郵便番号は、毎日変わります。

今日は、今回のプレゼントの最終日です。

 

〒530-8054

「す・またん!現金プレゼント」金曜日係

キーワード、住所、氏名、年齢、電話番号を記入して、郵送してください。

本日の消印有効です。

キーワードは、7時過ぎにMCの森さんから発表されます。

 

「す・またん」とは、ce matinで、フランス語の「今朝(けさ)」を意味します。

http://www.ytv.co.jp/cematin/

 

キーワードは、「ラストチャンス」です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪でも雷が鳴る

2017-01-22 | 関西ローカル

今日、大阪でも、雷が鳴っていた。

冬の雷鳴は珍しい。

今日は、寒い一日。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は、阪神大震災から22年目

2017-01-17 | 関西ローカル

阪神大震災は、1995年1月17日 午前5時46分発生。

私は、大阪の北摂に住んでいたので、縦揺れが酷かったが、大きな被害はなかった。

本箱が倒れ、本箱のガラスが割れたり、TVが台から落ちて、スピーカー部分のプラスチックが欠けたり、食器が割れたりしたぐらいである。

それよりも、朝、早く会社に行こうとして、駐輪場に倒れていたバイクや自転車を起こして、ぎっくり腰になったことである。

結果的には、4年後の冬に、椎間板ヘルニアになってしまった。

 

あれから、22年。

時の立つのは、早い。

 

今は、南海トラフ地震の発生が懸念されています。

「備えあれば、憂いなし」の気持ちで、震災対策をしておきましょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加