目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

福島県沖地震と津波

2016-11-22 | 地震

今朝、5時59分、M7.4の地震が発生しました。

朝の番組は、地震情報と津波注意報の内容だけになりました。

日本列島の結構広い範囲で揺れています。

大阪も震度1,2になっている地域もあります。

私は、寝ていて気づきませんでした。

気象庁の発表では、私の地域は、震度1も表示されていませんでした。

 

阪神・淡路大震災は、M7.3です。

 

マグニチュードと震度は、基準が違います。

マグニチュードとは、地震そのもののエネルギーの強さです。

震度は、地震が起きた時に地震の揺れの大きさを表したもので、測る場所によって変わります。

阪神・淡路大震災は、直下型で、浅かったので、被害が大きくなりました。

 

過去の地震のマグニチュードと震度:

・2016年4月16日1時25分頃 熊本地震の本震 - Mj 7.3、深さ12km。熊本県益城町、西原村で最大震度 7。

・2015年5月30日 小笠原諸島西方沖で地震 - Mj 8.1、深さ682km。小笠原母島と神奈川県二宮町で震度5強。

・2011年3月11日14時46分頃 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災) - Mw(モーメントマグニチュード) 9.0、日本の地震観測史上最大)。宮城県栗原市で最大震度 7。

・2004年10月23日17時56分頃 新潟県中越地震(新潟県中越大震災) - Mj 6.8 (Mw 6.7)、新潟県川口町で最大震度 7。

・1995年1月17日 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災、阪神大震災) - Mj 7.3(旧Mj 7.2)(Mw 6.9)、兵庫県南部・淡路島北部で最大震度 7。

・1923年9月1日11時58分頃 関東地震(大正関東地震、関東大震災) - M 7.9(Ms 8.2、Mt 8.0、Mw 7.9〜8.0 Mw 8.2)、関東地方南部と山梨県で最大震度 6。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不気味な千島列島の噴火

2016-11-15 | 地震

カムチャッカ半島の南に位置する千島列島北部のエベコ火山が噴火した。

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20161114/Hazardlab_17818.html

2012年以来の噴火だそうだが、2011年の東日本大震災後の噴火という観点で気になる。

日本列島には、火山が沢山ある。

特に、富士山が噴火するかどうかが気になる。

 

ブラタモリで、福岡の土壌が弱い事が分かり、今回の博多駅前の陥没事故がある。

ブラタモリでは、富士山登山を昨年放送し、今年は、富士吉田市、富士の風穴を紹介している。

因縁を感じるのは、私だけか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取で、震度6弱が発生

2016-10-21 | 地震

携帯電話から、緊急地震情報が流れた。

関西で緊急地震情報が流れても、揺れることは少ないが、今回は揺れた。

14時7分に、鳥取で、震度6弱の地震が発生した。

http://www.jma.go.jp/jp/quake/

 

私の住んでいる場所の気象庁発表の震度は、震度3となっている。

私の体感でも、震度3ぐらいである。

今のマンションで地震を体感したのは、初めてである。

今迄、このマンションで体感したのは、震度1ぐらいで、少し揺れたかなと言う感じばかりでした。

 

私事ですが、阪神大震災を9階で体験した。

この地震は、直下型だったので、下から、ドンドンと突き上げられた地震でした。

揺れた時間は短く、20秒ぐらいでした。

しかし、震度(震度5)は大きかったので、本箱、TVが倒れました。

 

その後は、2011年の東日本大震災を、横浜市内で体験しました。

10階だったのと、何ヶ所かで地震が発生しましたので、何度も揺れ、長い時間、横揺れしていた地震(震度5)でした。

 

東京にいた時は、しょっちゅう揺れるので、慣れっこになっていましたが、大阪に住んでいると、久しぶりの地震でした。

そんなに大きな地震ではないと、途中で思いましたが、身構えました。

 

天災を忘れないためには、少しぐらいの揺れがあった方が良いかなと思います。

自宅の地震対策を、今一度、見直しましょう。

 

震源地に近い地域は、物が倒れたり、大変だったと思います。

地震の基礎的な知識ですが、暫くは、余震に気を付けましょう。

 

14時53分の鳥取の地震の揺れは、大阪では、一回グラ(震度1)と来ただけでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気象庁の地震予報(首都圏直下型地震の揺れ予想)

2016-08-02 | 地震

8月1日、気象庁は、17時9分に、震度7の大地震予報で誤報したことを発表しました。

詳細は、ここを参照:

http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/oshirase/20160801.pdf

千葉県富津市付近を中心に最大震度7を予測した緊急地震速報(予報)を発表しましたが、その後周辺の観測点で揺れが観測されなかったため、15 秒後にキャンセル報を発表しました。

この原因は、緊急地震速報に活用している防災科学技術研究所の富津観測点のデータに大きなノイズが記録されたためです。

なお、緊急地震速報(警報)は、このようなノイズによる発信を回避するため、2点以上の観測点で揺れを観測した場合に発表することとしており、今回、緊急地震速報(警報)は発表しておりません。

 

結論は、富津市の地震計に大きなノイズを大地震と勘違いしたためである。

ここまでは、報道のとおり。

 

しかし、私が驚いたのは、地震の震度分布図。

 

この図では、北は、新潟まで、震度7の揺れを示している。

別の見方をすると、相当広い範囲で、大きく揺れることを示しています。

首都圏直下型地震の怖さ・恐ろしさを表していると考えます。

今回は、誤報でありましたが、実際に発生した時は、首都圏(関東1都6県+山梨県)の殆どが、震度7で揺れると言っています。

壊滅的になるのかどうかは、分りませんが。それに近い状態になるのではと想像してしまいます。

震度7の時の状況:

・建物:耐震性の高い住宅・建物でも、傾いたり、大きく破壊されるものがある。

・設備・インフラ:電気・ガス・水道等の主要ライフラインの供給が停止する。多くの道路の表装がめくれ、通行が困難になる。鉄道・高速道路等の広域交通機関が破壊される。都市機能が消滅し、周辺地域と孤立する。

 

誤報ではありましたが、首都圏直下型地震の警鐘として捉える必要があると思いました。

私が感じていることは、救援物資は、熊本地震のように直ぐには届かないということです。

高速道路網は、寸断されると考えます。

世間では、3日ぐらいの食糧品の確保と言っておりますが、それでは足りないと考えます。

3週間以上の非常食の確保が必要と考えます。

特に、水の確保は必須かと考えます。

 

首都圏には、日本の人口の3分の1(37百万人)、おります。

この人たちに、おにぎり1個届けるには、どれだけ必要なのかを計算して見ました。

おにぎり1個は、計算しやすくするため、100グラムとします。

具材、サランラップ等の重さは、100グラムに含むことにします。

3700万人×100グラム=370万キログラム=3700トン。

4トントラックに、おにぎりが4万個、入るかどうかは、分かりませんが、4トントラックで、925台が必要になります。

一人当たり、おにぎり1個で、925台。

1日、一人おにぎり6個とすると、5550台の4トン車が必要になります。

これは、いま、即座におにぎりが提供できると仮定しております。

これを、毎日行わなければならないとことです。

実際には、お米を確保し、それを焚いて、おにぎりにする必要があります。

首都圏のおにぎり工場は、倒壊しておりますので、中部圏、関西圏で対応する必要があります。

 

それ以外に。飲料水の問題もあります。

 

飲料水は、一人2リットル必要になります。

 

そう考えただけでも、恐ろしくなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の茨城県の地震

2016-05-17 | 地震

5月16日、21時24分頃に発生した地震は、茨城県。

この地域も、中央構造線上であることを知って欲しい。

http://www.osk.janis.or.jp/~mtl-muse/subindex03.htm

関東平野は、扇状地であり、フォサマグナでにあるので、明確には分かっていないが、その線上である。

熊本県と茨城県では、遠く離れていますが、同じ中央構造線上であることは、意外と知られていない。

地球全体で見れば、ほゞ、隣に近い。

日本列島全体のひずみが起こって、それを修正するための地震が中央構造線上で発生していると考える。

 

地震の発生する確率は、X%と言われ、何か分かったような気でいるが、その%の意味を考えて頂きたい。

地震が発生すれば100%、発生しなければ0%である。

%で言えば、100か0しかない。

地震の確率は、次の論文を見て頂きたい。

http://www.jishin.go.jp/main/choukihyoka/01b/kaisetsu010607.pdf

確率の考え方は、次の図のとおり。

 

700年から730年までの30年間の確率は、この図では、黒くなっている部分(b)。

全体の確率(この論文では集積確率と言っています)は、b÷(a+b+c)となります。

しかし、700年間、地震が起こっていないとすれば、今後30年間の確率は、次の式になります。

b÷(b+c)。

つまり、この山の部分のb+cに占めるbの割合です。

当然、小さい数字です。

 

BPT(Brownian Passage Time)分布でみた確率です。

平均1000年とは、平均1000年周期で地震が発生すると仮定しています。

αは標準偏差。

この場合のα=0.25とは、250年を意味します。

250年としても、このグラフ(太い線)を見ると、マックスの確率は20%。

つまり、1000年周期で、500年経過した時、今後、500年間におこる確率は、10%です。

低い確率です。

低い確率でも、危ないということです。

統計の確率に騙されてはいけません。

 

地震の確率で、87%と言う地震発生確率の裏話は、ここを参照してください。

http://www.anlyznews.com/2011/05/blog-post_11.html

 

地震確率が低くても、地震が発生します。

発生すれば、100%です。

 

『備えあれば、憂いなし』で、対応しましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加