目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

素晴らしい教えを説く団体は?

2017-05-10 | ビジネス

次の言葉は、どういう団体の教えでしょうか?

・親や先祖を大切にしましょう。

・兄弟姉妹は仲良くしましょう。

・夫婦はいつも仲睦まじくしましょう。

・友達はお互いに信じ合いましょう。

・自分の言動をつつしみましょう

・広くすべての人に愛の手を差しのべましょう。

・勉学に励み職業を身につけましょう。

・知識を高め才能を伸ばしましょう。

・人格の向上につとめましょう。

・広く世の人々や社会のためにつくしましょう。

規則に従い社会の秩序を守りましょう。

・正しい勇気を持って世のため国のためにつくしましょう。

 

特に、規則に従い社会の秩序を守りましょうは、どんな団体、個人でも、自ら守って欲しい内容です。

保育士の資格が無くても、もっとチャントしている人がいると言って、不当な運営を自ら自白しているのが、籠池夫人です。

 

そうです、これを教育方針にしているのは、あの森友学園の塚本幼稚園です。

http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/about/

http://choukokusha.jp/index.html

 

テレビで御馴染み塚本幼稚園です。

https://www.google.com/maps/@34.7127567,135.4732944,3a,75y,240.22h,96.58t/data=!3m6!1e1!3m4!1sT8NH9nDZdtbH2QLJYIOFQw!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja-JP

同じく、テレビで御馴染みの塚本幼稚園附属の髙等森友学園保育園です。

https://www.google.com/maps/@34.7150224,135.4696658,3a,76.7y,331.32h,107.69t/data=!3m6!1e1!3m4!1sgtcjoUZt5lL6J0_hQmV3WA!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja

 

謳っていることとやっていることが違う典型例です。

恐るべき学園です。

 

追記:

7月1日からの事業停止命令の作業に入ると、5月11日、大阪市が発表しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

量販店の対応

2017-05-06 | ビジネス

ある程度の家電は、現物を見てから購入します。

今回購入したのは、血圧計でした。

血圧計を購入した経緯は、ここに書いております。

http://blog.goo.ne.jp/hasechu3/d/20161130

今回は、当時、検討したお店の展示方法が変わっておりましたので、ブログへ書き込みをしました。

以前は、製品は展示してありましたが、試すことができませんでした。

試すために、店内の他の場所に移動し、机も椅子も準備して頂き、電源も確保して、確かめました。

今回は、血圧器が置いてあるコーナーにチャント、机も椅子も置いてあり、電源も入っていて、試せるようになっていました。

やっと、お客様の目線になったと思いましたが、その後、こういう対応をした社員が素晴らしいと思いました。

当時は、購入の検討をしておりましたので、セッティングの時間は気になりませんでした。

しかし、時間を気にする人には、この機器は、検討対象から外れると考えます。

販売機会を逃さないとは、こういう対応かと考えます。

量販店は、メーカーではありません。

製品化の声よりは、お客様がその製品の良さを確かめられるかがキーです。

製品化された商品を、如何に付加価値のある商品として、お客様に認めさせるかです。

 

私のすこし太い腕も入り、変な圧迫感も有りませんでした。

イチイチ、腕に巻く手間も省けます。

 

現物を確かめられるのが、店舗の良さです。

当然、このチェーン店には、インターネットサイトもありましたので、店舗よりも価格が安く、配達して頂けるこのサイトから、購入しました。

お店の人には、その旨、伝えてあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベテラン看護師の役割

2017-03-28 | ビジネス

今日、病院で血液検査のため採血した。

ベテランの看護師の対応が悪かった。

1.採血の針の刺し方が悪く、結構、出血した。

2.ワーファリンを服用しているので、止血バンドをしてとお願いしても、指で押さえれば大丈夫とか言って、止血バンドをしてくれなかった。

3.案の定、出血が酷くて絆創膏が血だらけになった。

4.絆創膏を取り替えて貰うために再度、採血室に戻った。

 今度は、止血バンドをお願いしたら、そのベテラン看護士は、私を処置した看護師に向かって「後ろのキャビンにある」と言っただけ。

 私を処置している看護師は、見たことのない物を探し始めたが、分からないよね。

 私がベテラン看護師に、「教えてあげてよ」と言ったら、ベテラン看護師はやっと指で指して教えた。

4.「その止血バンドの使い方は、箱にかいてある」と言って、私を処置している看護師には教えない。

看護師は、箱に書いてある説明書を見ているが、使ったことが無いから、分かるはずもない。

私が再度ベテラン看護師に、「やってよ」と言ったら、初めてベテラン看護師が対応した。

 

ここでの問題点は、次の通り。

1.ベテラン看護師であるが、採血は下手。

2.ベテラン看護師は、止血バンドをケチって対応しなかった。

3.使い捨ての止血バンドがあることを他の看護師に教えていない。

4.使い捨て止血バンドの使い方を他の看護師に教えていない。

 

採血をする看護師には、少なくとも取り扱う商品を知らしめることが必要である。

看護師に使い方の実践訓練をさせる必要がある。

それを、実施していなかったことが、このベテラン看護師の問題である。

ベテラン看護師が、他の看護士よりも色々と知っていることは良いことであるが、情報を開示しないで、独占状態にして、それを知っていることだけをプライドにすることは、組織にとって良くないことである。

実は、私はそんなには怒っていなかったが、組織として問題があったと考えた。

従って、病院を出る前に、外来の看護師を管理する婦長に、この状況を口頭で伝えました。

管理者には、この手の情報を伝えないと、部下の管理はできません。

管理者は、ベテラン看護師よりも若かった。

年下の管理者は、こういう事例があると、ベテラン看護師を管理することもできます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森友学園の契約金額問題と、野党・朝日新聞に味噌がついた

2017-03-11 | ビジネス

森友学園の建築契約金額についての私の考えです。

籠池理事長の記者会見を見ました。

 

その会見を見て、契約金額について、こう考えたら良かったのではと思いました。

約7億円は、設備費用が入っていない金額。

約15億円が、今回、建築した契約金額。

約22億円は、当初設計した通りで建築した場合の金額らしい。

約22億円は、世間一般で言えば、見積もり金額と言い、契約はしません。

約15億円と約7億円の問題は、もっと、先を読んで、2つの契約にしておけば、良かったと考えます。

つまり、7億円と8億円の2つの契約にすれば、良かったのです。

そう言っても、総額が、約15億円と約7億円と違えば、最終的には、結果は一緒のことになりますが。

昨日の記者会見は、どう考えても、怪しい説明ロジックでした。

このロジックを押し通すところが、この籠池理事長の凄いところです。

 

学校設立の申請取り下げと、理事長辞任で、この問題は下火になるのでしょう。

野党は頑張りましたが、決定的な賄賂の事実を掴んでいないのでは、こんな結果になります。

また、火元の朝日新聞に踊らされてしまいました。

そろそろ、情報元が朝日新聞の場合は、チャントした裏を取ってから(賄賂)、国会で取り扱った方が、よさそうです。

元慰安婦問題、サンゴ礁破壊福島原発の吉田所長のコメント等、記事捏造が記事作成の基本方針の様です。

余りにもこの手の記事が多いので、そう言われても致し方ないかと考えます。

https://matome.naver.jp/odai/2141043802178342901

 

結果、今回の森友学園問題は、野党各党(民進党、民社党、共産党)と朝日新聞に味噌がついてしまいました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日からプレミアム・フライデーが始まる

2017-02-24 | ビジネス

今日から、毎月月末の金曜日を、プレミアム・フライデーと呼んで、就業時間の終了時間を早めることが決まった。

午後3時に終了をとしているが、大手企業は、有給休暇の午後取得で対応する企業が多い様だ。

私も何時、有給休暇の未消化分が残っていたので、良い対応かとも思います。

しかし、月平均で、2.5%(=1÷20日÷2)の作業時間が削減されることでもある。

この不足した作業時間を2.5%増の人材採用で賄うなら良いけれど、そうでなければ、他の日の残業になるだけである。

400人の企業であれば、410人の企業にする必要があることです。

 

消費拡大を見込んでいるが、企業としては、人件費増への対応も考えなくてはならない。

どこかの企業が、プレミアム・フライデーを1万円の月給増額にするともあった。

2.5%が1万円は、平均給与40万円(=1万円÷2.5%)の半日分となる。

400人企業では、毎月400万円の負担増、年間4800万円増となる。

10名増やしたとすると、給与の支払いでは、4800万円となるが、社会保険料等の支払いが別途発生するので、その倍は、コストがかかることになる。

企業としては、1万円の方が、安い経費で対応できたことになる。

就業時間の削減は、時代の流れですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加