目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

ネット通販大手で、模造品を販売する業者の排除の動き

2016-12-25 | シンキング

模造品を販売する通販会社が多いと感じておりましたが、今回、大手のネット通販が模造品を排除する動きに乗り出したと言う記事がでてました。

日経新聞 2016年12月17日

米アマゾン・ドット・コムや中国アリババ集団など内外のネット通販大手が模造品の排除や口コミの評価の厳格化に乗り出した。アマゾンは主要ブランドと協力し模造品のあぶり出しを強化、悪質な業者に対し訴訟も起こし始めた。10月からは商品の無料提供を受けた人による評価を原則禁じた。ネット通販が浸透する中、信頼性の向上に取り組む。

私も、この記事にでているAmazonを良く利用します。

時々、安い商品が出店している時は、レビュー欄を見ます。

特に、★1つのレビューを読みます。

すると、必ず、粗悪品と言う類のキーワードが出てきます。

ご存知の通り、模倣品の外観は、本物と比べないと分からないレベルになっています。

私は、バッテリー関連、プリンターインク、替え(歯)ブラシ等の製品は、電気製品の量販店通販を利用します。

電気製品の量販店には、メーカーの(人的)サポートがありますので、流石に、模倣品が入り混む余地がありません。

量販店の商品の値段は、アマゾンに比べると高い値段ですが、模倣品を販売されるリスクが無くなります。

メーカーの消耗品を扱うWEBでは、模造品が有るので、量販店で買いましょうと注意喚起しているのもあります。

値段だけで決めてはいけないということです。

 

「悪貨が良貨を駆逐する」という言葉がありますが、「良品が模造品を駆逐(する)」して欲しいと望みます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蹲(つくばい)に写る月は小さい

2016-12-23 | シンキング

今日の朝ドラの冒頭は、蹲に写る月でした。

カメラの望遠レンズを使うと月は大きく表現できますが、蹲も大きくなります。

蹲の中、いっぱいに月が映るとはありません。

月だけ大きく撮影することはできません。

NHKさん、残念でした。

 

カメラ撮影のプロがいる現場て、こんな映像になったことが残念です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糸魚川と言う名の川はなく、川の名前は姫川

2016-12-23 | シンキング

昨日、大規模な火災が、糸井川駅前で発生しました。

年末年始のかきいれ時のこの時期に、店舗を無くしたり、個人の家を無くしたりと罹災された方には、心よりお見舞い申し上げます。

糸魚川は、フォッサマグナの西縁の糸魚川静岡構造線(糸静線)としても有名です。

今回、知りましたが、糸井川と言う名の川は無いと言うことでした。

糸魚川と呼ばれている川名は、「姫川」です。

こう言う話は、高校生の地学の雑学で教えて欲しい情報です。

糸魚川の由来は、ここを参照:

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217101897

由来が、本当かどうかは、分かりませんでした。

 

閑話:

フェーン現象とは、山の斜面にあたったのちに山を越え、暖かくて乾いた下降気流となった風によってその付近の気温が上がる現象のこと。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%8F%BE%E8%B1%A1

私は、日本では、南から山を越えた日本海側に発生するものを指しているのかと思ったら、北から吹く「からっ風」もこのフェーン現象であるとl記載されていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老人の交通事故に関する偏向報道

2016-12-20 | シンキング

老人の交通事故に関する報道に誤りがあります。

調査・検討したデータは、次の通りです。

https://www.npa.go.jp/toukei/koutuu48/before/hasseijokyo/PDF/H26hasseijokyo.pdf

 

このPDF資料のP23を見て頂きたい。

このページの一番上の表は、「原付以上運転者の年齢層別免許保有者10万人当たり交通事故件数の推移(各年12月末)」です。

真ん中の表は、年齢層別の棒グラフです。

右側は、交通事故件数です。

多い順番は、次の通りです。

16-24歳 1348.9人(1.3%)

25-29歳  866.4人 (0.9%)

30-39歳  621.5人 (0.6%)

65歳以上 621.5人 (0.6%)

60-64歳  569.4人 (0.6%)

40-49歳  578.7人 (0.6%)

50-59 歳 540.3人 (0.5%)

 

これを見たら、16-39歳が、65歳以上より多いのが分かります。

決して、年寄りだから交通事故が多いと言う訳ではありません。

 

左側は、死亡事故です。

死亡事故は、次の通りです。

16-24歳  7.66人

65歳以上  5.84人

    :

確かに、老人の死亡事故は多いです。

 

しかし、この表の下の3つの棒グラフは、騙しである。

まず、年齢が、20-29歳に変わっている。

16-24歳 1348.9人なので、ここでは、20-29歳に変更しています。

その交通事故は 1016.0人(1.0%)

老人も70歳以上 678.8人(0.7%)

75歳以上 758.9人(0.8%)と、年齢を高めて人数も高めています。

 

逆に、16-19歳にしたら、2057.0人(2.0%)となります。

16-19歳の若者は、老人より、危険です。

どのメディアも、この手の報道をしておりません。

16-19歳の若者は、70歳以上の老人の3倍、事故が多いことを現しています。

これが、騙しというか、偏向報道と言う根拠です。

このグラフを見ると警視庁の恣意を感じます。 

 

報道機関は、こういう資料を見る能力がないとしか思えません。

メディアに騙されては、いけません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZIPdeポンのサイコロ確率

2016-12-09 | シンキング

今週のZIPdeポンのゲームの話です。

サイコロは6面がありますが、絵の種類は3種類としています。

20秒間に2つのサイコロを投げて、同じ絵柄出る回数を予想します。

確率は、3分の一を掛け合わせ、そのうち、同じ絵柄になるのは、3回ありますので、1÷3 (= 3×(1÷3)×(1÷3))となります。

20秒間に大体7、8回ぐらい投げているので、8÷3=2.67回、7÷3=2.33回。

結果は、昨日まで、1回(3日)から2回(1日)でしたが、今日の鈴木杏樹さんは、8回投げて5回も同じ絵柄を出していました。

鈴木杏樹さんの確率は、0.625(=5÷8)と高い確率でした。

杏樹さんは、予想できない結果を出しました。

但し、確率論としては、全部、同じ絵柄になることも有り得ます。

 

5回は突飛な数字に思えましたが、平均すると、5日間では、2.0 (=(1×3+2×1+5×1)÷5)で、結局、確率の結果と合っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加