目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

韓国人の特性

2017-02-18 | 韓国

このブログは、昨年、話題となっていた頃に作成していた内容です。

 

韓国人の特性について、書かれていた記事。

タイトルは、「日本人にできて韓国人に「不可能なこと」とは?=韓国ネット「悔しいけど認める」「韓国国民は簡単に人を許すから」

http://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_139236/

その中の文章に次の内容が書かれていた。

韓国企業は『適当に謝罪しておけばいい。マヌケな国民はすぐに忘れるだろう』と考えている。

 

おや、これは、誰かの対応に似ている。

・あの人は、 在日韓国人の2世だろうと、ブログに書かれている。

本当のところは、私は、未確認である。

http://utareyowai1115.blog.so-net.ne.jp/2016-05-12-1

このブログには、次の様に書かれています。

ここに書いてある文章を以下に記載します。

<抜粋>

「私の原点、そして誓い」

著・舛添要一(2008年1月)

[オモニ(おふくろ)の味]P125~P130 より抜粋

舛添家発祥の地は福岡県ですが、わが家は先祖代々朝鮮半島とはゆかりが深く、…私の父は自分の選挙ビラにハングル(朝鮮文字)でルビを振った最初の日本人だったようです。
(略)
ある日、全羅道(チョルラド)に行って、全州(チョンジュ)で食事をしたとき、どこかで食べたことがあると、懐かしくなったものがあります。
それはイカなどの海産物を煮付けたものでしたが、
よく考えると小学生のころ母が作ってくれた夕ご飯のおかずの味でした。

ゆかりが深い、、、
と言ってるだけでお父さんは日本人のようですが。
お母さんが韓国人だぞという感じですね。

じゃなきゃ、オモニとはなかなか言わないでしょう。

この書籍を読めば韓国人の血が入ってると思わざるを得ません。

また、舛添要一は1989年の「朝まで生テレビ」で、
わたしは朝鮮人だということをカミングアウトしているとの記事も。

時代はバブル(89年10月)。
番組のテーマは「外国人労働者受け入れ」についてだったそうです。
舛添要一さんは、コメンテーターが眠くなった深夜に急に怒鳴り始め「日本の文化習慣を完全にマスターした朝鮮人もいるんだ。それが私だ。」とカミングアウトしたそうです。


本当かどうかは別ですが、
書籍にはもっと赤裸々に韓国や母への想いが書かれています

<抜粋:以上>

 

・話題の都知事のプロファイル:

http://matome.naver.jp/odai/2138918472498869301?&page=1

 

もし、このブログの通りとすると、韓国人がコメントしている、この韓国企業の対応に似ている。

『適当に謝罪しておけばいい。マヌケな都民はすぐに忘れるだろう』と、思っているかもしれない。

しかし、韓国国民と同じ対応したら、マヌケな都民ではないよ言う点で見誤っている。

 

追記:

都知事の在日2世については、今は、不明です。

「舛添 朝まで生テレビ」で検索すると、その発言の映像・音声が検索されません。

国会議員をしていたので、日本人であることは、間違いありません。

図書館に、朝鮮人の名簿辞典がありますので、一度、図書館に行って確認してきます。 

 

調べてみましたが、この辞典には、名前はありませんでした。

 

 

今や、すっかり忘れさられてしまいました。

その通りになっています。 

韓国企業は『適当に謝罪しておけばいい。マヌケな国民はすぐに忘れるだろう』と考えている。

しかし、韓国企業が言っていた「マヌケな国民」は、実は日本国民だったのか?と考えさせる内容でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嫌韓

2017-02-10 | 韓国

東京にいた頃は、大阪人と韓国人(在日)は仲が良いと思っていた。

韓国料理の焼肉店も多く、鶴橋をはじめとしたコリアンタウンもある。

共存共栄していると思っていた。

 

純粋な大阪人との普段の会話から判断すると、意外と好きでないことが分かった。

但し、同和問題ほど、頑なに何の話もしない世界ではない。

(相和問題への学校教育が行き届いている感じがする。)

 

しかし、韓国人は嫌いと、はっきりと言う。

差別になるので、詳しい嫌いなことは敢えて聞いてはいない。

 

最近の韓国国内の動きを見ていると、嫌韓になる理由も明らかである。

韓国は、民主主義国家ではあるが、民意が強い国家であり、本来の民主主義ではない気がします。

法治国家でもない。

日本の仏像を持ち出しても、ジュネーブ契約に反し、日本に返還せず、当時あっただろうというだけで、そのお寺の持ち物になるおかしな国である。

その国民は、おして知るべしである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嘗て話題となった韓国ドラマ「冬のソナタ」を見た

2017-01-14 | 韓国

基本、ドラマは、NHKの朝の連続テレビと日曜日の大河ドラマだけである。

ましてや、韓国のドラマは対象外である。

なにも見ないで、批判するのも良くないので、とりあえず、1話を録画して見た。

「歴史もの」と「冬のソナタ」である。

どちらの作品も、10分見たら、もう、見ていられなかった。

冬のソナタの俳優は、どちらも整形顔で見ていられない。

演技も上手くない。

シナリオも頂けなかった。

まあ、本気で批判する気はないが、見なくても良いドラマと判断しました。

 

ドラマは、脚本が命。

名優が演じても、脚本が悪いと引き込まれない。

10分見ても、引き込まれなかったのは、脚本が悪いのかな。

 

あと、歴史ものも、韓国の史実と異なる。

なんでも、史実と異なる嘘の脚本を作り、あたかも史実の様に扱っている。

 

韓国は、政権交代すると、過去の歴史を葬ってしまう。

だから、その時代を記述した資料が国内に無いと言う恐るべき社会である。

その結果、何でも、韓国が起源だと、無茶なことを言い出してしまう。

 

韓国の食器は、朝鮮白磁が主である。

その影響か、現在の食器は、白磁と金属の食器と金属の箸である。

韓国の食器で検索すると次のとおりである。

http://www.kankokuichiba.jp/category279_279.html

言葉は悪いが、犬の食器みたいなので、この食器で食事はしたくはない。

 

関西に住んでいるので、焼肉は大好きであるが、金属の箸で食べることはない。

基本、割り箸である。

関西のお店では、タレを入れる小皿も金属ではない。

但し、お店によりますが、肉を乗せる皿とビビンバ・クッパの器だけは、金属製が多い。

 

歴史的な美術品は、保存することが大事です。

日本には、韓国の白磁をコレクションした在日の韓国人がおります。

李秉昌(イ・ビョンチャン)コレクションです。

http://www.moco.or.jp/products/collection/

淀屋橋の東洋陶磁美術館で、去年、このコレクションの白磁の展示会が開催されました。

私も、見てきました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国との外交が面白くなりそうである

2017-01-08 | 韓国

先日、韓国との外交で、4つの策を実施した。

記者会見の模様は、次のとおり。

https://www.youtube.com/watch?v=PmlO8pCydIc

 

一昨年の日韓合意においては、慰安婦問題が「最終的で不可逆的に解決される」、このことを確認をいたしております。それにもかかわらず、昨年の12月30日、韓国の市民団体によって在釜山(プサン)日本国総領事館に面した歩道に少女像が設置をされたことは、日韓関係に好ましくない影響を与えるとともに、領事関係に関するウィーン条約に規定する領事機関の威厳等を侵害するものと考えており、同条規定に照らして、極めて遺憾であります。

・駐韓大使・総領事の一時帰国

・釜山市行事参加見合せ

・日韓通貨スワップ協議中断

・日韓ハイレベル経済協議の延期

 

日本時間の本日(6日)未明には、ワシントンで杉山外務(事務)次官から林聖男(イム・ソンナム)韓国外務第一次官に対し、少女像の設置に強く抗議をするとともに、少女像の早急な撤去を強く申入れをいたしました。政府としては、少女像を早急に撤去するよう、引き続き韓国政府や関係自治体に強く申入れをしていきます

 

朝鮮政府・国民を擁護する朝日新聞の社説は、「韓国との外交 性急な対抗より熟考を」

http://editorial.x-winz.net/ed-38298

個々に反論はしませんが、論理の飛躍ばかりで驚きます。

それに、嘘の従軍慰安婦問題を記事に取り上げたのは、朝日新聞である。

こうなった責任を新聞社としては果たしていない。

会社の経費で、ねつ造した事実を韓国民、国連、世界に発信する責任があると考えます。

 

外交関係に関するウィーン条約は、次のように記載されています。

この条約の当事国は、すべての国の国民が古くから外交官の地位を承認してきたことを想起し、国の主権平等、国際の平和及び安全の維持並びに諸国間の友好関係の促進に関する国際連合憲章の目的及び原則に留意し、外交関係並びに外交上の特権及び免除に関する国際条約が、国家組織及び社会制度の相違にかかわらず、諸国間の友好関係の発展に貢献するであろうことを信じ、このような特権及び免除の目的が、個人に利益を与えることにあるのではなく、国を代表する外交使節団の任務の能率的な遂行を確保することにあることを認め、この条約の規定により明示的に規制されていない問題については、引き続き国際慣習法の諸規則によるべきことを確認する。

第二十二条

 1 使節団の公館は、不可侵とする。接受国の官吏は、使節団の長が同意した場合を除くほか、公館に立ち入ることができない。

 2 接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため及び公館の安寧の妨害又は公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する。

 3 使節団の公館、公館内にある用具類その他の財産及び使節団の輸送手段は、捜索、徴発、差押え又は強制執行を免除される。

 

朝鮮日報の日本語版でも、「慰安婦:「ウィーン条約違反」 日本の主張に対抗できない韓国」と書かれています。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/07/2017010700412.html?ent_rank_news

韓国は、四面楚歌(北朝鮮、中国、日本、アメリカ))となっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の現状

2016-12-10 | 韓国

韓国では、朴大統領が弾劾されて、それを受けての番組です。

フジテレビのBSで放送されている「プライムニュース」です。

昨日の番組の内容は、ここを参照してください。

https://www.youtube.com/watch?v=IYVTDFn6a7Y

韓国人のコメンテーター(洪統一日報論説主幹、金東海大学教授、李恵泉女学園大学準教授)のコメントは、めちゃくちゃですが、韓国の現状を表していると思って見てください。

日本人は、古森義久産経新聞ワシントン駐在客員派遣員がコメント対応しています。

韓国の体制(大統領弾劾)が崩れて、韓国の本質が見えてきます。

 

この映像の終盤(1:15:10頃)になりますが、古森さんが、あのキンキン声の金さんに対して、「いつも、論点を替えて答えている」と言うと、途端に、委縮し始めたのが、可笑しいです。(正確に言うと、最初はギャンギャン噛みついて反論しましたが、二度目に言われて気付くと、委縮しておりました。)

改めて、韓国人の民度の低さが、良く分かりました。

民度の低さと言うのは、韓国をどうしたいのかが見えないということです。

特に戦争中断している北朝鮮との関係。

中国、ロシア、日本との関係。

 

隣国に、常に一貫性がなく、対応に困る韓国があるということです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加