目的を持って始める「ゆうゆう生活」

<Begin with the End in Mind>悠悠、融融、優遊、悠悠閑閑な「ゆうゆう」生活のブログ

立憲民主党・枝野幸男の国会演説

2017-11-20 | 役所

 今日、国会で党首質問がありました。

質問の内容は、次の映像で確認できます。

タイトル:立憲民主党・枝野幸男のブーメラン発言の連発に安倍総理が正論でフルボッコ!

https://www.youtube.com/watch?v=bv9eiiN1vqs

タイトルに書かれている通り、抽象的な主張と質問でした。

早速、それに対して、突っ込みの映像もありました。

 

タイトル:自民党VS立憲民主党VS希望の党 2017年11月20日衆議院本会議

https://www.youtube.com/watch?v=11oi3fVVdyw

 

 全ての突込みに、同意していませんが、私も次の点については、思わず、突っ込んでしまいました。

・発言:「立憲民主党は、右でも左でない」

 → 立憲民主党は、完全に左でしょう

 ・発言:「いらだちを感じた」

 → 母体の民進党に対して、国民は、いら立ちを感じていました。

・発言:「介護の賃金は、需要と供給との関係で決まるべき」

 → 介護の賃金が低いのは、介護保険で支払われる金額が低いからであって、需要と供給による価格設定ではありません。基本的なことが理解されていないと吐露していたと言えます。

保険でもらえる金額が決まっているので、それ以上に賃金が払えません。

ではどうするか?と言えば、国の補助金(公費)を増やし、保険料の負担金(個人)を増やして支給額を増やすしか方法がありません。

立憲民主党は、どう対応しろというのか、具体的に提案する必要があります。

また、幻の国の隠し財産を取り崩せと言うのでしょうか?

・発言:「教育費の補助金には所得に関係なく支払われるべきである」

 → 高額所得者には、教育費の補助金が無くても良いかと考えます。補助金に変わる、教育費を所得控除にする手段もあるかと考えます。

 

全体的には、まあ、国会議員としては、相変わらず、薄っぺらな主張ばかりでした。

今回、比例区で、1200万票を取った要因の一つに、判官贔屓があったとは思っていない様です。

 

希望の党は、約1000万票を獲得しております。

 

次回の総選挙が見ものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自動車検査の無資格検査問題

2017-11-18 | 役所

日産、富士重工の無資格検査問題が起こりました。

自動車の検査について、考えてみました。

20年以上の昔、日産の追浜工場見学をしたことがあります。

溶接の自動化(NC)の作業工程から、最後の検査工程まで、見ました。

驚くべきは、1ライン当たり、1分で1台生産されていたことです。

最後の検査では、決められた工程を1分で実施していることです。

今は、更に早くなっているかも知れませんが。

 

では、検査内容は、次の通りです。

http://diamond.jp/articles/-/145363

完成検査とは、製造したクルマが公道を走る要件を満たしているかどうかのチェックで、いわば「0回目の車検」にあたる。スピードメーターの誤差は基準値以内か、ブレーキはちゃんと利くか、ライトの光軸は狂っていないか、警笛はちゃんと鳴るか等々、チェック項目も車検に準じたものだ。初めてクルマを登録するときに運輸支局にクルマを持ち込んで検査を受ける新規検査を、自動車メーカーが代行すると考えればわかりやすい。

*** 抜粋終了 ***

この検査を一分でこなします、実際は、ドライバーが検査する台に運転して乗せ、ライトを照らしたり、あるスピードを出して排気ガス処理が適正かを検査します。

それらの検査は、人間がしているというよりも、機器が検査しています。

実際の検査の主体は、その車を動かしている運転手です。

工場見学を見る限り、認定検査員が必要なのかとも思います。

 

このダイヤモンドの記事では、次の様にも書かれていました。

http://diamond.jp/articles/-/145363?page=5

 こうした日産個社の問題の一方で、国交省側の制度設計もあらためて問われる。

 昨年の三菱自動車の燃費不正問題では、本来はイコールコンディションで審査をすべき走行抵抗(燃費を計測するうえでの重要な項目)の計測をメーカー任せにしていたのが不正を許す要因になっていた。

 今回の完成検査については逆に「クルマの品質がごく低かった60年前ならいざ知らず、今の自動車工学の水準のもとでは完全に形骸化している。法は守るべきだが、昔のまま法や規則を放置していたのも問題」(自動車業界事情通)という側面もあるのだ。

 国交省はこのところ高速道路のトンネル崩落、耐震偽装、燃費不正、今回の完成検査と、まさに失態続きだ。前身である旧建設省、旧運輸省は、ともに許認可意識が非常に強いのが特徴であった。

*** 抜粋以上 ***

 

自動車の完成検査は、次の内容です。

http://amsdl.ams.or.jp/shinnkoukai/paperbank/18.pdf

ここに掛かれてる検査項目を見ると、ラインの各工程で行われているかと考えます。

 

今回の不正により、全車再検査する様ですが、サンプリングでも良いかと考えます。

1万台抽出し、その抽出した車で問題が無ければ、今回は特例で免除するとか、前向きな検討もすべきと考えます。

どちらにしろ、3年後、車検で再検査が入ります。

 

日経新聞に、「国交省、完成検査の見直し検討 制度と実態にズレ」の記事もでていました。

昔の製品性能で検査していたのも問題かと考えます。

国の検査を代行しているのだから、国がメーカーに代行費用を支払う制度にしたら、こんな問題は発生しないかも知れません。

国がメーカーに「おんぶに抱っこ」だったのが、問題。

 

TVでは、問題の本質が報道されていません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐るべきは、公選法による選挙人名簿の閲覧が野放し状態

2017-10-21 | 役所

今回の選挙で、分かったことがあります。

公選法では、政党事務所は、選管事務所に申請すれば、選挙人名簿を自由に閲覧できることです。

http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/meibo_etsuran/pdf/senkyo_shouhon.pdf

自由にとは言いましたが、「政党その他の政治団体」である必要があります。

選挙人名簿には、住所、氏名、男女別、生年月日が記載されています。

これらの情報閲覧が、放置されています。

特に、この制度を積極的に活用しているのが、共産党です。

「共産党 ハガキ」、「共産党 個人情報」で検索すると、各地の共産党から家族の連名のハガキが届いたと言う苦情が挙がっています。

TVでは、個人情報の管理については、常に厳しく言っていますが、違法でなければ、活用しているのが、共産党です。

そもそも、個人情報保護法が成立した後、公選法を見直していないのではと考えます。

だから、今も、選挙人名簿を自由に閲覧できるようになっていると考えます。

自分の選挙区の実態を知りたいなら、選管が統計処理を行って、この地域には、男女別、年代別の人数がでるようにしたら良いと考えます。

個人の住所、名前、生年月日まで教える必要性が分かりません。

国会議員の方は、この法律の見直しのため、法律改正を是非、お願いします。

恐るべきは、この公選法による選挙人名簿の閲覧が、ほぼ野放し実態と言うことです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日テレの報道は、カス

2017-08-29 | 役所

5時58分の北朝鮮のミサイル発射により、朝のテレビ放送がミサイル発射内容に切り替わった。

各放送局を見比べたら、日テレの情報収集能力の無さが分かった。

日テレは、6時半以降も、Jアラーとの情報のみを画面で流し、その情報をアナウンサーが伝えているだけだった。

他の放送局では、軍事評論家が電話でコメントを放送していました。

日テレでは、随分後に、そのコメンテーターの発言を放送しておりました。

まあ、緊急時に頼るべき放送局で無いこと、頼るに値しない放送局であることが分かりました。

関西では、日テレ系読売放送で辛坊さんが、今回のミサイルを解説しておりました。

多分、日テレから流される放送内容では、駄目だと判断しての対応かと考えます。

7時55分ごろの総理のぶら下がりの会見も、日テレだけ、CMに入って切れてしまいました。

他の局で、安倍首相の発言が終わった後、日テレに切り替えたら、未だ、CMを流しておりました。

あの数十秒を待てなかった様です。

他の局では対応できていました。

何が大事かの判断もできない放送局でした。

緊急時にCMを流さないと広告主から文句が来ると考えるディレクターは、カスです。

緊急時の対応力で、その企業の実力が分かります。

私が広告主なら、何が重要かを判断できないそんな放送局にはCMを依頼しません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月からタクシー・バスで荷物も運べる

2017-07-13 | 役所

今朝の日経新聞では、9月からタクシーやバスで荷物を運べるようになると掲載されていました。

何年か前、自転車で転倒し、ホイールが曲がって、走れなくなったことがあります。

タクシーを呼ぶため、配車センターに電話したら、自転車(荷物)は運べないと言われ、困ったことがあった。

その時は、ある自転車保険に入って、保険で自転車の運搬ができたので助かった経験があります。

 

9月からは、タクシーのトランクに入れば、運ぶことができることになる。

今迄もできて当たり前であるが、できなかったのは、人命の安全運転上の問題があると言う理由でした。

荷物を載せただけで、安全運転に問題があると言うのは、如何にも、役人が考えた言い訳と考えます。

実際は、多分、トラック運送業界の反対があったからと考えます。

いまは、トラック運転手が足りない状況なので、トラック運送業界も反対できない状況から、認可する方向になったと考えます。

 

別の業界でも、この手の規制があります。

是非、規制緩和をして頂きたいと考えます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加