はせ@SKIER's blog

自作パソコン&電子工作、車とスキーが好きー

おうちでキャンプした件、と買替えたテントの件

2017-07-17 15:49:53 | 日記

 せっかくの3連休、テント泊山行の予定でしたが、梅雨明けが間もない時期にみられる不安定な天気のため直前に断念しました。 が食材は残っているため自宅で調理することに。。。

 この前の尾瀬山行で、あまりうまくいかなかったジャーマンポテトを再び調理しました。 まず、ご飯を炊きます。 おぼろづき無洗米一合150gに、先日飯能で汲んできた湧水を200cc使って10分ほどつけます。

 登山用のガスを使うのはもったいないので低地用のキャンピングガスを使用。 沸騰して吹いたら蓋に「重し」(ここではレンチ、山ではそこらへんの石ですが)をのせて弱火で7分ほどすると、

 パチパチ音が鳴り始めたので火をとめて蓋を閉めたまま5分程度放置することでムラしてから器に移します。

 フッ素コート加工のフライパンを使うメリットは、お米がへばりつかずスルッと器に移せることです。

 ジャガイモを最小限の水でやわらかくなるまで茹でます。 茹で上がりで水がちょうど無くなるような最小限の水の量をどのくらいにするかが難しいです。 できるだけ蓋をすると早く茹で上がる気がします。

 こなふきイモみたいにできあがったら皿に除けて、ベーコンと玉ねぎをサラダ油で炒めます。

 玉ねぎがあめ色に炒めあがったらジャガイモを入れて少しまぜ炒めてから、火を止めてジャーマンポテトの素を混ぜ合わせて完成。 尾瀬山行では水気を飛ばしきっていなかったのでべたべたになって失敗でしたが今回はうまくいきました。

 

話変わって。。。

 予定していた山行では、これまで使用していたテント「モンベル・クロノスドーム・1型」から「ニーモ・タニLS・1P」に買替えて初になるはずでしたが、次回お預けとなりました。

~買うまでの検討メモ~

・ニーモ・タニLS・1Pとの比較検討対象製品一覧

 ※基本的に、自立型ダブルウォール、長辺出入り口タイプ、前室が広い、できるだけ軽いのが前提です

  •  (1)HCS PuroMonte VL-16 ⇒もっとも競合する候補でした。 あまりにも既存のモンベル・テントに特徴が近いため面白みがないかと。 奥行きが90cmというのも重さがあまり変わらないのでひっかかりました。
  •  (2)ファイントラック カミナドーム1 ⇒これも4シーズン対応で惹かれますが、その他上記と同様の理由です。
  •  (3)ノースフェース FP1 ⇒3シーズン対応でさらに軽ければいいのですが、その他上記と同様の理由です。
  •  (4)アライテント トレックライズ0 ⇒奥行80cmはさらに狭いのに重さはあまり変わらないのがひっかかりました。
  •  (5)MSR ハバNX、カーボンリフレックス1 ⇒どちらも奥行き76cmは狭そう。 ハバNXは重さあまり変わらず。 どちらも春秋寒そうな上半分オールメッシュというのもひっかかりました。

 少し条件から外れますが興味を惹いたのが、

  •  (6)マウンテンハードウェア ゴーストUL1 ⇒デザインが斬新なのが魅力ですが、出入り口が短辺なのがやっぱり・・・。
  •  (7)テラノバ レーサーフォトン1 ⇒買ったら面白そうですが自立型でないのがやっぱり・・・。
  •  (8)ヘリテージ クロスオーバドーム ⇒とても軽いのが魅力ですが前室がやっぱり必要かと・・・。
  •  (9)モンベル U.L.ドームシェルタ1型 ⇒とても軽いのが魅力ですが前室がやっぱり必要かと・・・。

 総評としては、前室が最も広く、既存のモンベル・テントより少し奥行き(105cm)が広く、長辺は少し短くなるが必要十分、ショップでみた現物の印象としてスペックより天井が高い気がしました。 なんといってもシルエットとかフライの色合いが好み。 また入口が長辺で大きく開くのが他のテントにない特徴と気が付きました。

 写真は、室内で試し張りしたニーモ・テント。

~買ってからしたこと~

・フライの前後に15cmくらいのペグダウン用の紐が付いていたが、左右に紐が付いていない。⇒近くのモンベルショップで2mmΦの細引きを購入して自分で取付けました。

・張り網に自在が付いていない。※張り網は蛍光繊維が織り込んであるもののようです。⇒近くのモンベルショップで「アルミランナーミニ(8ケ入)」を購入し、ついでに設営の手間を省くためフライに張り網を取り付けてしまいました。

~試し張りの印象~

・使っていたモンベル・テントに比べると生地が相当薄ーい印象。 だから軽いのですが。 本体のフロア保護だけでなく汚れ防止目的でフットプリントを使う前提であれば本体のフロアはある程度薄くてもよいかもと考え方が変わりました。

・中にランタン用のフックがあり、ヘッドライトを乱反射させるように工夫してぶら下げれば、夜のテン場で外から見ると、生地が薄いのもあり、フライの緑色が暗闇に映えてきれいに見えるかも。

~重量について~

 フットプリント、ペグ5本、バッグ、補修部品含めた総重量は1534gでした。 モンベル・テントは、グラウンドシート、ペグ13本、バッグ、補修部品含め2440gですので、およそ900g減になります。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川苔山、蕎麦粒山(有間峠)... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む