Mな日々

趣味(主に山歩き)を 綴ります

藤ヶ峰から千町ヶ峰

2017-04-29 | 日記
宍粟50名山別撰5山に選ばれたという藤ヶ峰と、千町ヶ峰をつないで歩いてみようと思い立ちました。

ルートは単純に市境尾根を歩きます。

駐車地は、草木集落を過ぎて林道大河内線を少し入った路肩。
8時40分スタート。

藤ヶ峰へは、関電の巡視路を利用します。

以前、尾根を強引に上ったこともあったのですが、やはり巡視路は歩きやすいです。



9時30分藤ヶ峰への尾根に合流。



自然林いっぱいの本当に楽しい尾根です。
足元もふわふわの腐葉土で膝にも優しい。

すぐに関電の鉄塔。
砥峰や夜鷹山。






10時25分藤ヶ峰山頂。

以前は展望のない山頂だったのですが、整備されて砥峰高原方面が見えるようになっています。

来たルートを戻ります。

まだ葉が茂ってないので、随所で展望があります。





これから向かう千町ヶ峰も。



11時20分、南千町ヶ峰。

11時35分林道到着。
すぐに目の前の斜面ののり面にとりつきます。

急な植林を登ります。



それが終わると馬酔木のやぶです。



歩けそうなところを探しながら。



ひょっこりと、弘法の池に出ました。


12時40分、千町ヶ峰山頂。

お天気が怪しくて、晴れ時々雨。展望の良い山なのに今日は今一つ。




すぐ下山。山頂付近の台地はいつ来てもいい感じ。



荒れた谷を下って。



作業道に合流しました。
コースは、右ですが、今日は左へ。



作業道を方向を定めながら駐車地を目指しました。
崩れているところもありますが概ね歩きやすいです。

14時駐車地近くに降りてきました。

途中、雨に降られたので、休憩はしませんでした。
前半の藤ヶ峰は、お天気も良くてさわやかな尾根歩きを満喫できました。

千町ヶ峰に登った尾根は、馬酔木のやぶはありますが短時間で山頂に立つことができます。
雨には降られましたが、雨具を着けたら雨もさほど気にならなくなって、楽しく歩けました。

ヒルのうわさを聞いたので、「ヒルまず進め」をスプレーしましたが、これまで藤ヶ峰でヒルにあったことはありません。
樹林帯なので、小雨なら雨具なしに歩けて梅雨時にお勧めです。

  


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 板馬見渓谷から後山 | トップ | 植松山 西の尾根から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事