Mな日々

趣味(主に山歩き)を 綴ります

三の丸~十年(ヤマメ茶屋から)

2017-06-15 | 日記
今日は、6月4日に山開き行事が行われた氷ノ山です。

快晴の空の下、8時40分スタート。
車はヤマメ茶屋の手前の空き地に止めました。



昨年は伐採作業でぬかるんでいた坂の谷林道です。
今年は作業もなく、ところどころに新しい道標もできていました。

日差しが強いので日向は暑いですが、影に入ると一気に涼しくなります。

のんびり景色を見たり、音楽を聴きながら林道を歩きます。



今年初めて見たヤマボウシ。

坂の谷登山口分岐では、バイオトイレの工事中でした。

10時坂の谷コース登山口。



薄暗い植林帯から、一気に明るい自然林の登山道です。



林道も含めてずっと緩い登りが続いて、これはこれで意外と疲れます。

11時20分、三の丸到着。



氷ノ山山頂。


県境辺り。


10分ほどお茶休憩して、今日は山頂には向かわずに、殿下コースへ。

仙人門。


緩い下りは楽々です。12時5分、殿下コース登山口。



目の前のバイオトイレの横から、藪に突入…と思いきや、
なんと目の前にキャタピラで作ったばかりの作業道が!



歩くべきルートに沿って伸びています。ブナが根元から倒されていたり…

作業道は幸い200メートルぐらいで終わっていましたが、まだまだ伸びるのかも。

びっくりしたのと、景色が変わってしまっていたのとで、しばらく迷走しました。

テープも作業用のものなのか、いたるところに巻いてありました。迷う迷う。

何とか、正しいルートに戻って、戸倉殿下コースのプレート発見。








左側は植林ですが、右側には素晴らしいブナやミズナラの原生林が広がっています。
適当に座ってお昼ごはん、15分。



30番のプレートが置いてあったところからは、薄暗い植林帯を歩きます。

測量杭に沿ったルートは曲がりくねっています。

やがて間伐したまま放置してある倒木帯になります。



倒木を跨いで跨いで…

左右に作業道も。



辛抱して歩いて、14時10分、十年到着。



くらますが木々の間から。



少し進んだところに下山の案内が。


これに従って、ヤマメ茶屋へ向かいます。

下山尾根は自然いっぱいの素晴らしいコースです。

すぐにアンテナのある小さなピーク。



ヤマメ茶屋へは3つ程コースがありますが、今日はケーブルに沿って降りていきます。どこから降りても最後が急です。

自然林を楽しんで。



尾根の先から急な斜面を鹿道を探しながら降りました。


すぐに林道宮ノ後線に合流して、駐車地には15時20分到着です。

宍粟はどんな深山を歩いていても、伐採作業とぶつかってしまいます。

大丈夫そうなのは、三室山から赤谷山への県境尾根くらいでしょうか。

今日は山スキーのプレートを4枚発見できたのでよしとしましょう。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 植松山(原不動の滝からカン... | トップ | 三久安山から阿舎利山へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (メ~さん)
2017-06-15 23:24:20
若杉峠から歩いて13時30分十年到着でした。
Unknown (はせっち)
2017-06-16 04:42:16
十年には、南から行くのが絶対いいですね。北からは…残念なことになってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。