Mな日々

趣味(主に山歩き)を 綴ります

駒の旺山荘より、駒の尾山~後山

2017-03-20 | 日記
職場へ行く途中から雪の後山連山が良く見えています。

見るたび登りたいなあと思っていました。

昨日、三室山に登った人からは、雪の状態は悪いし、
黄砂で真っ白!と聞いていました。😞
少しでも早く登り始めたかったのですが、家の用事を済ませていたらいつもの時間。

8時、駒の旺山荘の手前の駐車地をスタート。

駒の旺山荘の裏手の登山口から山に登り始めます。

8時20分、林道登山口。

しばらく急な登りが続きます。
やがて傾斜が少し緩むと、感じのいい尾根になりました。


気温が高くてすぐに汗びっしょりになりました。

雪の状態は標高が上がるにしたがって徐々に良くなります。
空も真っ青です。
小鳥のさえずりが春を感じさせます。
木々の間から後山。

やがて緩やかに尾根を登りだすと、駒の尾山の山頂は近いです。

山頂手前から、これから歩く尾根が見えました。


10時駒の尾山山頂。

360度の展望が広がっています。






避難小屋のドアは開きません。

すぐに後山に向けてスタート。
目の前は真っ白な雪原。


すぐにブナ。


素晴らしい縦走路です。
雪は程よくしまって、サクサク歩けます。
トレースは、4日前のYさんのスノーシューだけ。
駒の尾山山頂には何人分かのトレースがあったのに。😥

気持ちはスキップしています。危ないのでしませんが。
笑い出したいような歌いだしたいような。

鍋ケ谷山山頂はどこだかよくわかりませんが、たぶんここ。
眺めは最高。10時30分。


船木山が目の前に。


楽しく雪原を歩いているとこんなものが。
雪庇。

ウサギの足跡。
なぜか浮き上がっています。

11時船木山山頂。

日名倉山が目の前に。

ここからトレースが増えてにぎやかになりました。

いつもしんどい後山への最後の登りも苦になりません。
今日はほとんどスノーシューのヒールリフターを上げ忘れて歩いてました。

11時30分後山山頂。すぐに来た道を引き返します。


帰りの雪原で、盆栽と大きなブナ。




途中で、昼休憩15分。
こんなに良いコースなのに、今日お会いしたのは山スキーヤーお一人だけでした。
駒の尾避難小屋からトラバース気味に、下山道に合流しました。

途中のまっすぐなきれいなブナ林。


気持ちよく下って、13時45分林道に到着。
時間が早いので、そのまま林道を歩いて、
途中から山荘の裏手に急斜面を降りました。
ここに下山。

14時20分、駐車地に無事到着。

午前中はきれいな青空の下、楽しい稜線漫歩。
暖かくて、春山を満喫できました。
午後は、黄砂で霞んでしまいましたが、まさしく「早起きは3文の得」でした。

念願の後山連山、歩き通せて満足です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若桜スキー場から氷ノ山、戸... | トップ | 天児屋山から若杉展望台 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。