Mな日々

趣味(主に山歩き)を 綴ります

沖の山(沖の山林道から)

2017-07-16 | 日記
積雪期限定のイメージがあった沖の山ですが、無雪期にも登れるようになりました。

一般には、若杉天然林から登るのですが、結構な藪コースです。

沖の山林道から林鉄跡を利用して、ほぼ藪なしで山頂に立つことができます。(若桜の山ボーイさんのレポートを参考にしました)

智頭町の芦津セラピーロードから、沖の山林道を大川線の入口まで。

ゲート前に駐車して9時スタート。


大川沿いに林道を歩きます。

林道わきに昔の大木の切り株とかあって結構楽しい林道です。


20分ぐらいで、三叉路を右に行きます。


すぐに2回渡渉して、ここから林鉄跡を利用した作業道です。

枕木や、レールがあちこちに。
林鉄の遺構を探しながら歩けば作業道歩きも退屈しません。

地形図の破線の道は、概ね林鉄跡ですが、ところどころで湿原になっています。

きれいな緑のじゅうたんに見えますが、じくじくして靴が沈み込むところもありました。




林鉄の名残を探しながら、破線道の突き当りまで行きます。
ここまで、テープ類は全くないので、変な方向へ行かないように注意が必要です。

突き当りの尾根を登れば、若杉天然林からのコースに合流します。


気持ちのいいブナ林が広がっています。


すぐに林道に合流して、灯篭広場を過ぎて、


林道から山頂まで一登りで、沖の山頂上到着、11時15分。


予報では、雷雨が来そうなので、のんびりできません。

すぐに来た道を下山します。
途中から、三室山と、灯篭広場。


後山連山もずっと見えているのですが、今日はかすんでしまっています。

羊歯や、ブナの気持ちの良いコースです。


往路を忠実に戻ります。

破線道に合流したら、しばらく歩いて今度は右に。

少し上に林道が見えてきたら、斜面をよじ登って、林道を行きます。

しばらくで、また破線道の林鉄跡に。

オブジェ。


ここから、作業道もあるのですが、林鉄跡を探しながら歩きます。

しっかりした線路。


橋梁跡?


往路の作業道に合流して、駐車地を目指します。

宍粟の林鉄にも住居跡がありましたが、ここにも。
かまど跡。


駐車地には、13時40分。
入口に林鉄の説明板があります。


ややこしくて、林鉄に興味のない人には面白くないコースかもしれません。

50年ぐらい前までは現役で使われていた林鉄ですが、どんどん自然に還ろうとしているようです。

そのうち線路跡も土や木々にうずもれてしまうのでしょう。

  
  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水剣山 | トップ | 段ヶ峰と杉山(千町峠から) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山ボーイ)
2017-07-16 19:20:58
拍手‼
主尾根部はまだしも、林鉄跡をよく歩かれましたね。
お一人だと思うのですが、寂しくなかったですか(笑)
ちなみに、私は大川の反対側の山界を徘徊しておりました。
Unknown (はせっち)
2017-07-16 21:20:18
山ボーイさん
拍手ありがとうございます!
このコースは昨年から2度目で、いつもこんなところを歩いていますので、寂しくはないです(笑)
林鉄は、探せばいろいろ残っているものですね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。