Mな日々

趣味(主に山歩き)を 綴ります

植松山 西の尾根から

2017-05-03 | 日記
今日は植松山です。
もう少しお天気が良いかと、展望の良いコースを予定していたのですが、
千種町に入ったあたりから曇り空。

植松山へ西の尾根から登ることに変更しました。

とりあえず、車を50名山の植松山登山口に止めて、8時10分スタート。

500メートルほど林道を戻ります。
最初の橋を渡ったところから尾根にとりつきました。


最初は急な植林尾根ですが、しばらくすれば自然林も混ざりだします。



かなり急な登りが続きます。鹿道を利用したり、時にはシカのように四つん這いに…

9時10分やっと平坦になって、向かいに植松山が見えました。



マーキングの類は殆どありません。感じの良い尾根を気分良く歩きます。



千種町から見る黒尾山は形が良いですね。



植林尾根が続きます。
左手に三室山。


細い尾根がアップダウンします。ときどきピークらしいところもありますが、気づかずに通り過ぎていました。



尾根が広くなっているところもあります。10時30分ごろ。



馬酔木を抜けて、カンカケ越への分岐を過ぎて緩やかに下ると。
不思議な空間でした。


一山から阿舎利山、三久安山の稜線が一望です。



散らかった印象の植林を抜けて笹原が広がって、植松山から荒尾山の縦走路に合流しました。

曇り空ですが、ヒルガタワから荒尾山の展望が広がります。



笹原の鹿道を歩いて展望を楽しみました。



11時55分、植松山山頂。

霞んでますが目の前に荒尾山。



晴れていれば本当に気持ちの良い山頂です。
今日も意外と寒くないし、展望もまずまず。

お昼休憩15分で下山。
ここからは、50名山の尾根コースを利用します。
すっかりこなれて感じのいいコースになりました。

途中の伐採地から、歩いてきた西の尾根。



やっぱり登山道は歩きやすい。



至れり尽くせり。


カンナ流しの跡でしょうか。



13時15分無事下山。

登山コース以外は本当に人気(ひとけ)がなくて、慣れないと寂しさを感じるほどかもしれません。
歩いている間、どなたともすれ違いませんでしたが、駐車場には車が2台増えていました。

GWなのにこんなマイナーな山域を歩かれる方もいるのだなあと、(自分のことは棚に上げて)
少しうれしくなりました。

  



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤ヶ峰から千町ヶ峰 | トップ | 原リンゴ園から 竹呂山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。