映画と旅行、にゃんぱらりんな日々 映画の感想を主に書いていましたが、いつの間にか反日国家の話題が主になったブログです。

当ブログでは、敬語を使わない、誹謗中傷、名無しやふざけた名前、記事と関係の無いコメントは即時削除させて頂きます。

パンドラム

2010年10月02日 | 映画ハ行


SFなのかなんなのかあまり調べる時間もなく、見に行くことに決めた作品なのだが、冒頭の冷凍カプセルから突然目覚めるクルーのシーンから、何が起きるのかワクワクとした期待感が高まる。船内の様子や何物かが潜んでいる恐怖は「エイリアン」のよう。そして何物かはまるで「ディセント」。どこかで見たような気もするが、よくあるパターンなので気にしまい。停電の為に原子炉棟まで延々と宇宙船内のシーンが続くので飽き気味になるかと思いきや、これが次々と起こる出来事にコレから先一体彼らはどうなるのか?あの不気味な生き物はどこから来たのか?気になって気になって仕方がない。だが、ここは本当に宇宙での出来事なのかと不思議に思えることがあり、時々起こる揺れや、外の宇宙空間の描写が全くない。これが何故なのかはラストで解明される。


原子炉を再稼動させてからは、驚愕の事実が明らかになる。「パンドラム」の意味は長期宇宙旅行に伴う乗員の精神病理による船内混乱の意味。最近はネタ明かしをしようとか、トリックを見破ろうなんて気がさらさらないので、事実を知ったときの衝撃は大きく、そうなると、あの気味の悪い連中も、船内で進化した結果の生き物なのか、それともパンドラムなのかわからなくなってくる。バウアーが敵を撃ったと思えたシーンが実はケーブルだらけの何もないところであったことを考えると益々わからない。考えすぎると幻想なのか事実なのか混乱してくるが、ラストシーンには人類の未来への希望を感じる。


バウアーを演じたベン・フォスターがいい。「ホステージ」の時から強烈な個性で記憶に残っている。期待感がなかった分意外に面白い作品だと感じた。


私の評価 ★★★★

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さあ来い | トップ | ナイト&デイ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気になるお人 (ジン)
2010-10-04 23:03:54
デニス・クエイド
最近ちょろちょろ見かけますね。。。
これはどういった映画なのか。。。
SF?サスペンス?ホラー?
観とくべきなのかなあ?
アハハ (にいな)
2010-10-05 00:09:52
おジンちゃん

最近デニスクエイド、こういうB級テイストの作品によくでてる。最近はレギオンかな。
おジンちゃんの言う3つの要素が全て含まれてるよ。

まあ暇なとき、見るものが思い浮かばない時くらいに見ればいいのかな。次回作あるのか気になります。
おもろかった (ヒロ之)
2011-03-01 20:38:04
これは意外な拾いものやった。

にいなぁん劇場で観てたんやね。

おいらも何の情報もなしにツタヤで借りて観たんだけれど、あの何とも言えない空間での攻防戦がおもろかったです。

後、やっぱ最後のオチかな。
案外いけた (にいな)
2011-03-01 23:09:16
ピロたん

ホラー関係は必ず劇場で見る私だよん。やっぱハズせないわ。

確かにあの限られた空間で逃げ場のない状況だもん。どうなるか気になって気になって。最後のオチね。あれはなかなかやったね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【映画評】パンドラム (未完の映画評)
6万の民を乗せた巨大宇宙船で冷凍睡眠から目覚めた船員が遭遇した恐怖。