映画と旅行、にゃんぱらりんな日々 映画の感想を主に書いていましたが、いつの間にか反日国家の話題が主になったブログです。

当ブログでは、敬語を使わない、誹謗中傷、名無しやふざけた名前、記事と関係の無いコメントは即時削除させて頂きます。

「日本共産党とはなにか?」?元共産党員が日本共産党の犯罪や暴力行為を全て暴露

2016年10月19日 | 売国民主党・共産党

「前衆議院議員杉田水脈(みお)公式web」サイトより転載

http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/8716914.html   

 

先日収録した「日本共産党とは何か?」という討論がアップされています。この討論、馬淵睦夫先生と私以外は全員元共産党員というすごいメンバーでした。最初は自分自身の公務員時代の経験や見聞したことをお話ししたのですが、後半は一般人代表として色々質問させていただきました。そして、長年の疑問が次々と明らかになりました。

・市役所で係長になった時、赤旗新聞日曜版をとることを共産党議員から強要される。昇進するとこれに赤旗新聞日刊や聖教新聞も加わる。断ると職場が嫌がらせを受ける→これについては、篠原氏から「私、勧誘や集金をやってた側ですから。全部事実です。」とのコメントをくださいました。

・自治労と自治労連が分裂するときに血で血を洗う暴力抗争があった→これも篠原氏、筆坂氏が「事実だ」と肯定。 

・「新日本婦人の会」「全国学童保育連絡協議会」などはどう見ても共産党の枝組織だと思うがそれを指摘すると共産党は全力で否定するのはなぜ?→共産党は一つで完結した組織。枝組織があることは死んでも認めない。のだそうです。

・戦後の混乱期に起こった在日朝鮮人による暴力犯罪、所謂「朝鮮進駐軍」と共産党との関係。地元神戸でも「生田警察署襲撃事件」や長田区役所襲撃事件」がありました→暴力事件を起こした在日朝鮮人のバックには日本共産党がいた。手引きしたのは共産党。戦争などの有事に乗じて暴力で社会秩序を変えるのが党是。篠原氏が明言されました。徳田球一が刑務所から出た時に迎えに行ったのは朝鮮人なのだそうです。

・リンチ殺人は事実→宮本顕治のスパイリンチ殺人は事実。殺したという証拠が日本共産党内に存在する。この目で見たと篠原氏が発言。  

本当に勉強になりました。こういうのをぜひ地上波でやってほしいです。と言っても無理でしょうから皆さん、拡散お願いいたします。篠原氏も筆坂氏も紳士的で優しい方でした。筆坂氏に「私たちが惨敗した時に共産党が議席を伸ばした」ことについて尋ねると、 

「杉田さん、そんな次世代とか日本のこころとか、昨日今日できたような政党と一緒にしないでよ。こっちは何十年の歴史がある。いくら党員が減ったといっても高齢化したといっても号令一つで動く人間がごまんといるんだから。その手足が欲しくて民進党はすり寄ってるんでしょ。」と、返されてしまいました。ごもっとも…。最後は著書にサインもいただきました。

  https://m.youtube.com/watch?v=BP6knYTjWnc 「闘論・倒論・討論」動画

 

やはり恐ろしい集団だということがわかりました。

日本共産党に対する攻撃についてHPではこのように反論していますが・・・

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-11/2016061105_01_0.html

 

笑っちゃいますね。

そもそも天皇制とはなんですか?

「天皇制」などと言う呼称は、天皇制否定、天皇制廃止、天皇制打倒、というように皇室に敵対する表現です。

反天連の正式名称は反天皇制度運動連絡会です。

 

皇室は制度でも機構でもありません。

日本国民ならば伝統に則して「皇室」と呼ぶのが正しいのです。

「天皇制」などという敵対語法を初めて作ったのは、ソ連共産党が指導する国際組織のコミンテルンです。

天皇陛下のことを普段から「天皇」と呼び捨てにする委員長がいるような党ですよ。

いかに彼らが反論しようともその怪しさ、危険さは普通の人間なら感じ取れるというものです。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本政府はおとなしすぎた... | トップ | 沖縄ヘリパッド:「土人」発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。