映画と旅行、にゃんぱらりんな日々 映画の感想を主に書いていましたが、いつの間にか反日国家の話題が主になったブログです。

当ブログでは、敬語を使わない、誹謗中傷、名無しやふざけた名前、記事と関係の無いコメントは即時削除させて頂きます。

「日本政府はおとなしすぎた。このあたりで…」 ユネスコ分担金保留で「南京文書」記憶遺産に無言の圧力

2016年10月17日 | 政治経済、政局

平成28年10月15日(土)産經ニュース

 日本政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対する分担金拠出を留保しているのは、日中間に見解の相違がある「南京大虐殺」の文書を一方的に「世界の記憶(記憶遺産)」に登録したことへの無言の抗議といえる。また、日本政府が求める登録制度の是正に向けて圧力をかける狙いもある。

 「私どもが全く知らない中で、さまざまなことが決められていった」

 菅義偉官房長官は14日の記者会見で、ユネスコで昨年、「南京大虐殺」文書がずさんな審査を経て登録された経緯に言及し、強い不快感を示した。

 記憶遺産をめぐっては、政府・与党内に「登録手続きの透明性や客観性、中立性が確保されていない」との批判が根強く、日本政府はユネスコに対して制度改善を求めている。13日の自民党部会でも、出席議員から「制度改善が進む兆しがなければ、分担金の支払いを停止すべきだ」など、より踏み込んだ措置を取るよう訴える声が上がった。

 ユネスコには今年、日中韓などの民間団体が慰安婦問題の関連資料の登録を申請しており、年明けに審査が始まる。日本政府は審査過程で関係国に意見を聞くことなど制度改善を求めているが、受け入れられるかは不透明だ。政府関係者は「登録を回避するため、あらゆる手を尽くす」と強調する。

 外務省によると、ユネスコ分担金の支払いは加盟国に義務付けられている。日本の分担比率は9・6%に上る。ただ、22%を占める1位の米国がパレスチナの加盟に反発し、分担金の拠出を凍結しており、日本が実質的なトップとなっている。別の政府関係者は「今まで日本はおとなしすぎたが、このあたりで意気込みを見せることも大切だ。10月まで分担金を払っていないことで一定のメッセージを発している」と指摘する。

 だが、日米両国が分担金拠出を凍結、留保し続ければ、中国がその分を肩代わりし、ユネスコでの発言権を強める可能性がある。松浦晃一郎・前ユネスコ事務局長は「プレッシャーをかけるならメンバー国の中国や韓国だ。日本は分担金を払って、言いたいことがあれば堂々と主張すべきだ」と指摘する。菅氏や岸田文雄外相が、分担金を支払う時期について「総合的に判断する」と述べるにとどめているのには、そうした事情がありそうだ。

 ただ、「南京大虐殺」文書の記憶遺産登録を許してしまった外務省幹部は、中国や韓国に日本人の尊厳もカネもむしり取られることに強い警戒感を示す。

 「分担金を支払った上に慰安婦関連資料の登録も許すことだけは避けなければいけない」

 
 
【世界記憶遺産】
ユネスコ分担率、日本トップも影響力なし 米は支払い停止中
2015.10.14 10:25更新 
 
ユネスコ分担金
 
 
 
今頃? やっと? 当然でしょう。
何故もっと早くやらなかったのか外務省?
 
日本の主張は一切聞く耳を持たず、政治利用がまかりとおる腐敗した機関に分担金停止は当然のこと。
ヒゲの隊長佐藤正久氏のツィッターによると、
 
いまだに登録された「南京事件」資料へ日本がアクセスすることすら、国連もシナも認めていない。
 
そうだ。
 
言った者勝ち、公平性、中立性も全く欠けたどうしようもない機関に果たして存在意義はあるのか?
「南京事件」が登録されたのだから、次は「従軍慰安婦」が「性奴隷」として登録されかねない。
 
この分担金は日本国民の税金だ。
 
何故私たちの税金が日本の名誉と国益を損なう活動に使われなければならないのか!?
多額の分担金を払わされ、信憑性も証拠もない不確かな事柄で非難される。
とうてい許せる訳がない。
 
アメリカは2011年から支払いをしていない。
日本も払わなくとも問題はない。
 
日本はそろそろ敗戦国根性を捨てるべき。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国人「卑劣な日本がドイツ... | トップ | 「日本共産党とはなにか?」?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。