続平成太平記

アジアの中の日本

米国家貿易委員長「サムスン・LGが貿易詐欺」と非難

2017-03-08 11:24:09 | 日記
韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。

米国家貿易委員長「サムスン・LGが貿易詐欺」と非難


米国貿易代表部(USTR)が韓米自由貿易協定(FTA)再交渉を示唆したのに続き、今回はホワイトハウス国家貿易委員会(NTC)のピーター・ナバロ委員長が、サムスン電子とLG電子に対し、「詐欺」という表現まで使って不公正貿易行為をしていると非難した。

ナバロ委員長は6日(現地時間)、米国全国企業経済協会の総会演説で「米国のシンボルのようなワールプールが韓国のライバル2社が犯す『生産国渡り歩き』(country hopping)のために苦戦している」とし、

「LGとサムスンはワールプールがこの2社に対する反ダンピング提訴で勝訴するたびに、生産国を移動している」と述べた。

さらに、「生産国渡り歩きはすでに2回も行われた。

最近の事例で、彼らは中国からベトナムとタイに生産地を移転した。

これは明確に根絶されるべき貿易詐欺(trade cheating)」だと主張した。

韓国企業が単に生産国を変えて反ダンピング措置を免れる姑息な手を使っているということだ。

ナバロ委員長は「このような行為は、数千人の米国人を失業状態に陥れ、ウォールプールのような会社に数百万ドルの損失をもたらす」と話した。

彼はまた、「貿易赤字の削減が国家安保のために重要である」として、「貿易安保論」を再び持ち出した。

韓国企業を公開的に非難したのは、それだけ通商問題に対する攻勢が強化されることを示唆するものと見られる。

トランプ大統領が新設した国家貿易委員会は通商政策全般を総括する組織である。

教授時代から強硬な反中国論者で有名なナバロ委員長は、大統領選挙の際、韓米自由貿易協定について「(米国の)雇用を縮小させた」として批判を続けてきた。

昨年、米国貿易収支赤字は、対中国の赤字が47%を占め、さらに、ドイツ、メキシコ、日本がその後を続いた。

対韓国赤字は全体で8位を記録した。


これについてサムスン電子とLG電子は、ホワイトハウスを意識したためか、立場を表明しなかった。財界では、生産基地を移して原価競争力を高め、生産の最適化を追求するのは一般的なことなのに、ナバロ委員長が米国企業の立場だけをそのまま代弁していると指摘している。


【管理人 補足記事&コメント】


朝鮮日報は、米トランプ政権の対外貿易政策を統括する国家通商会議(NTC)のピーター・ナバロ委員長は6日、韓国のサムスンとLGを名指しし、不公正貿易行為に及んでいると批判したと報じている。


ナバロ委員長は全米企業エコノミスト協会総会で行った演説で、「

サムスンとLGが反ダンピング関税の適用を受けて以降、関税を回避するため、

生産地を中国からベトナムやタイに移している」と述べ、トランプ政権は保護貿易主義の強化を予告している。

公の席で韓国企業を名指しして問題視したのは初めてとなる。このため、韓国に対する通商攻勢が本格化するのではないかと懸念しているようだ。

今回の発言は米白物家電大手ワールプールの被害に言及した部分で飛び出した。

米国は今年1月、サムスン電子とLG電子が中国工場から輸出した家庭用洗濯機について、それぞれ52%、32%の反ダンピング関税を適用した。

これを受け、両社はベトナム、タイなどに洗濯機の生産地をシフトし、輸出を続けている。

今までオバマ政権下では韓国企業は優遇されてきた。

トランプ大統領の損得計算では、自国に売る商品は自国に企業建設をが基本であるから、市場開放している見返り要求という事だ。

韓国はまだアメリカへ対して何を実施するのかは未定のままとなっているわけで、韓国大統領がトランプ大統領と会談できない限りは、本格的な企業制裁に踏み切るだろう。

中国そしてアメリカから主力企業の商品販売において、問題視されるほどに韓国経済は低迷する。

今のアメリカは自国重視であるから、韓国においての企業優遇は許さない。

オバマと違って、損得計算で動く大統領は、わかりやすいが、対応は難しいというわけだ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本がTHAAD配備を本格... | トップ | 在日朝鮮人から見た韓国の新... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。