平成太平記

日常の出来事を書く

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウリナラの国債発行が100兆ウォンを超えるニダ

2014年12月24日 16時28分52秒 | Weblog

ウリナラの国債発行が100兆ウォンを超えるニダ

2014/12/23 中央日報

韓国、来年の国庫債発行100兆ウォン突破…前年対比5.3%増

こりあうぉっちんぐ


 韓国政府が拡張的な財政政策にともなう財政赤字を埋めるために、2015年国債発行規模を約5兆2000億ウォンほど増やす

  韓国企画財政部は来年中に財政拡大を通した景気活性化のため今年(97兆5000億ウォン)よりも5兆2000億ウォン(5.3%)増加した102兆7000億ウォンの国庫債を発行する計画だと23日明らかにした。

  企画財政部は市場予測の可能性を高めるために毎月約8~9兆ウォン水準で均等発行する計画だ。長・短期物の需給、満期分散、財政調達費用などを考慮して満期物別に最適発行も推進する方針だ。

  企財部は来年の米国金利の引き上げ展望など対外金融市場の不確実性が大きくなる中でも長期債に対する需要は増加しており、国庫債発行物量は支障なく消化されるとみている

  一方、企財部は国庫債市場の安定性と効率性を高めるために先売出制度と発行日前取引市場を導入することにした。これによって市場の変動性を緩和して国庫債の元金・利子の分離債権を活性化するなど短期債の需給条件も改善する計画だ。


引用ここまで


 緑色の文字列は関連記事へのリンクです。
 
 ”
韓国政府が拡張的な財政政策にともなう財政赤字を埋めるために、2015年国債発行・・・102兆7000億ウォン”・・・なるほど。日本円に換算すると10兆円を超える国債を発行するわけですか。

 韓国の国家予算は約22兆円といったところですから、国債の占める割合が大きすぎるような・・・・・・借金大国・日本の来年度予算は約98兆円で、国債が38兆円台ということですから、日本以上の借金漬け体質というしかないですな。

 日本の場合は政府こそ巨額の借金を抱えてはいますが、家計や企業は健全なものです。特に家計などはアメリカに次ぐ資産を持っていますし、現預金に限ればアメリカをも上回る大金持ちなのですから。

 韓国?今年4月の朝鮮日報←リンクが書いていましたが”
昨年末現在で韓国全体の負債総額は3783兆9000億ウォン(約371兆6000億円)で、10年前の2003年(1696兆ウォン=約166兆6000億円)に比べ2.2倍増えたことが分かった”・・・というように、家計・企業・政府という経済三主体のすべてが韓国じゃ膨大な債務を抱えているんですね。

 そしてリンク先にも書いたように、その債務は海外収入・・・・・要するに外国からの借金で埋め合わせるしかないんです。
 昨年9月の聯合ニュースリンクは”
政府は10億ドル(997億円)規模の外国為替平衡基金債券(外平債)を発行した。企画財政部は5日、「ドル建て外平債の発行に成功した」と明らかにした”・・・というヨロコビの記事を書いていましたな。借金が出来たことを喜んだってねえ・・・・・

 そうやって借金を重ねているから、今年10月の朝鮮日報←リンクは”
韓国の対外純資産残高はマイナス43億ドル(約4600億円)だ。一生懸命稼いでも、いまだに資産よりも負債が多い”・・・という悲しい事実を書かざるを・・・・・

 日本?多くの経済ヒョーロンカとやらが、日本は巨額の借金で破綻します!ハイパーインフレになります!とか喚いていますが、上記の朝鮮日報によれば”
日本の対外純資産(企業や政府、個人が海外に保有している資産から負債を差し引いたもの)の残高は、今年3月末時点で3兆2000億ドル(約342兆円)に達する”・・・ということなんですね。
 ここ20年以上に渡って日本は世界一の金持ちであり続けているのです。

 財務省やマスゴミが口を揃えて、国民一人当たり・・・・・ええと700万円くらいだったかな・・・・・の借金が!と言っているのは経済三主体のうち政府の借金についてだけのことでしかありません。
 

 しかも政府の借金というのは国民から見れば資産ですしね。ええ、日本の子供たちは将来、借金を払わなければならないのではなくて、逆に貸金を受け取れるんですな。

掲載者コメント 日本政府が国民に借金を返済する能力があるかは疑問

 


韓国の場合はそうはいきませんよ。ドル建てなどの外貨による、外国人が保有している借金が多いですからね。

 

それこそ韓国の子供たちは将来親の借金を支払うために身を売って・・・・・ああ、今でもやっていましたな。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国企業、中国でシェア急低... | トップ | 韓国の“反日の政治利用”に米... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事