HTCハルチタン

晴れやかな心 健やかな体

心と体を癒やす 不思議な 「ハルチタン」
ハルチタンの情報公開と取扱説明をします

昼夜逆転からの短期間での劇的な回復

2017年05月25日 | 体験談・いただいたメールとお手紙から
高齢者の入院治療による、心身へのダメージ、特に脳へのダメージは、想像を超えるものがあるようです。

親族や知人の例でも、予後に急速に弱ってしまい、認知症が発症してしまう方もおられるようです。
それによる、ご家族の心身への負担から、取り返しのつかない家族共倒れに至る場合もあります。

ここに、HTC160000を複数使った奇跡的な事例があります。

以前よりご家族でHTC160000を使用されていた方から、メールを頂きました。
HTC160000は、通常、1ユニットのネックレスを使用されている方が多いのですが、複数個使用することによって、劇的な回復を見せることも多いのです。

入院から退院、その後の献身的な介護をされたご家族からの、時系列を負った貴重な体験談をいただきました。下記に全文をご紹介いたします。(2箇所「見出し」だけつけさせていただきました)


<転載はじめ>

高齢の父親(80代前半)が入院中に昼夜逆転してしまい、ハルチタンクリスタルネックレスを2つ付ける事で短期間で劇的な回復を致しましたので、皆様のお役に立ちます事を願いご報告致します。

ハルチタンクリスタルネックレスを身に着けて元気に過ごしておりました父親が、風邪をこじらせ肺炎を起こし入院しました。
当初入院した病院では治療の成果が出ず、更に専門医のいる病院へと救急車での転院等もあり、ほぼ1ヶ月の入院となりました。その間横になったままで、治療の為たくさんの抗生剤の投与、更に夜眠れないと半ば強制的な睡眠導入剤の投与もあり、退院を視野に入れ 弱った足腰のリハビリを始めた頃には、完全に昼夜逆転してしまっており、日中に行われるリハビリも、リハビリ室で起きていられず床に横になって眠ってしまう状態でした。

看護士の方から、とにかく日中起こしておいて下さいと言われ、私どもも
セロトニン・メラトニンという知識もありましたので、車いすに乗せて屋上の庭園に出て日光浴をしたり、車いすながら院内を散歩したり、極力努力していたのですが、改善のないまま「自宅に戻れば直ります」という担当医の言葉を信じて退院しました。

退院後に待っていたものは?

幸いにも、1日通して父に付き添う事が可能な家族が2名同居していましたので、半日交代で付き添って、日中は絶対眠らせない様にしようと話し合いました。
今思うと、自宅でなら椅子に座ったり、テレビを観たり、好きな時間に散歩や入浴も出来、病院では不可能であったが自宅では起きていられるのではないか。
更になんといっても自宅という慣れ親しんだ環境下で心の緊張もほぐれ、良くなっていくのではないかと希望的な観測をしていたと思います。

しかしいざ始めてみると、椅子に座っていても眠る、テレビも眠くて全く観ない、散歩をして歩いていても眠りそうになり、ベンチで休憩するとたちまちそこで眠ってしまう、食事をしていても寝てしまうという、リハビリ室と何ら変わらない厳しい現実を突きつけられました。

さらに驚いたのが、頑張って励まして 何とか夜9時まで起きてもらって、さあ寝て下さいと横になって、父も喜んで眠りについたのに、1時間もするとパッチリと目覚め、日中寝てないはずなのに全く眠れない事でした。

この時初めて、もはや日中寝ないでいれば夜眠れるという様な 簡単な事ではないのだと気付きました。入院で肺炎は治ったけれど、ハルチタンクリスタルネックレスを身につけて、父の健康を気遣って、大切にして来たものが全て失われたのだと痛感し、失ったものの大きさに絶望を感じました。
丁度季節は春で、花々が咲き、小鳥がさえずる、このように美しい風景も もう見る事なく、父はこのまま夜にしか目覚めないのかと思うと涙が溢れました。

見守る家族にとっても、眠りたい人を起こすのは大変に辛く、当初半日交代でと軽く考えていましたが、あまりの辛さにすでに45分交代になっていました。更に辛かったのが、夜目覚めている父を一人にはしておけず、父の横で眠ったり起きたりの睡眠しか取れず、こんなにもこんなにも頑張っても全く成果のないまま、4日目にしてすでに心身の限界に達し、なんの希望も持てない状況でした。
このままでは、遠からず共倒れになると思いました。

HTC160000ネックレスを複数使用する

丁度その時、ハルチタンクリスタルペンダントを日中もう一つ身に付けて2つにし、夜には1つは外して、日中と夜のメリハリをつける様教えて頂きました。届いたのは 努力の成果のないまま迎えた、6日目の午後のことでした。
早速付けてもらうと、すぐに少し前に食べた昼食を吐き戻しました。体調は悪そうではなく本人も落ち着いていたのですが、念のためお聞きすると、滞っていた体が動き始めた事から来るものなので心配ないと教えて頂きました。

そして驚いた事に、この夜も9時に就寝しましたが、翌朝8時までぐっすり眠ることが出来たのです。父がこのように安らかに夜間眠るのを見たのは、約3週間ぶりの事でした。心から嬉しかったです。
しかしながら翌日の日中は未だ眠い様でしたのでお聞きしてみると、すでに十分なセロトニンは出ているので、成り行きに任せて眠らせてあげて下さいという事でしたので、安心して眠らせてあげる事が出来ました。
眠い人を、眠らせてあげる事が嬉しく 見守る家族も心身ともにホッとしました。

この夜は不安定な睡眠で少し不安でした。しかし本当に驚いたのですが、朝が来ると、ハッキリした目覚めた意識が戻っていました。
朝食後、散髪に行きたいと言いだし、途中で眠らないか半信半疑で家族も同伴しましたが、問題なく散髪し、散歩もして、コーヒーを呑んでおやつも食べてという、入院以前と変わらぬ平和な1日を過ごす事が出来たのです。
ハルチタンクリスタルペンダントを2つにしてわずか2日後のことです。
この間、日中無理矢理起こす様な 辛い努力は何もしていません。
失われたものが戻ったのだと感じました。
平凡ですが 有り難い日常が戻り、父だけでなく、見守る家族も心身ともに救われました。

その3日後、叔父が来てくれました。入院中にも見舞いに来てくれており、昼夜逆転で眠ったままの父を見ていたので、気にして様子を見に来てくれたのですが、なんと父が元気に玄関で出迎えたのでびっくりしていました。
叔父は大学で教鞭をとっていましたので、毎年2〜3名の学生が夜中に勉強し過ぎて昼夜逆転になってしまう為、昼夜逆転についてはある程度知識を持っていた様ですが、病後の高齢の父が この様な早さで、こんなにも回復している事に驚愕した様です。(ただし 叔父も高齢で、教育現場にいたのはすでに20年ほど前になります。叔父の時代の知識とは大きく異なり 若い大学生でさえ今現在、昼夜逆転からの回復はさらに大変に厳しいものであると思います。)

父親のこの体験は、昼夜逆転の原因や治癒について、大きな答えがあると思います。今現在も、昼夜逆転で苦しんでおられる方、そしてその御家族は数多くいらっしゃると思います。私どもも家族共倒れの一歩手前でした。
父の体験が、苦しまれている多くの方々の、治癒への道案内となることを願っております。

<転載了>


   

※ここで、ハルチタンクリスタルネックレスと書かれているのは、HTC160000ネックレスのことです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安心呼吸でミトコンドリア活性

2017年05月19日 | ハルチタンと安心呼吸
 ミトコンドリアが十分に活性化するためには酸素が必要です

ミトコンドリアは、呼吸で取り込んだ酸素と、食事の糖と脂から、ATPというエネルギー源を作ります。
ATPは、筋肉や心臓の心筋の働きや、脳の神経伝達物質を活性化させる人体にとって、無くてはならないエネルギーです。

HTC160000、HTC152000でインナーマッスルの緊張を解いて、大量の空気を吸い込む腹式呼吸をしましょう。
インナーマッスルは、ミトコンドリアが多い赤筋ですので、呼吸によって吸い込んだ酸素によって活性化します。


 HTC152000による「安心呼吸」の方法

  

HTC152000を使った「安心呼吸」は、手のひらと指の付け根にHTC152000を置いて、軽く握りるとインナーマッスルのストレスが取れますので腹式呼吸が楽にできます。同時に胸も自然に広がりやすくなりますから、大量の空気が吸えます。


 1. 2.

画像1は、新作のHTC152000ブレスレットです。
両端にクラスプ(留金具)がついておりますので、画像2のように、専用のハルチタンネックレス(65cm)のお好きな位置に取り付けられるので、目的に合わせて自由に調節することができます。


一方、スマホやパソコンのマウスに触れているときに、呼吸すると「安心呼吸」のように、自然に空気を吸い込めずに、無理がありますから、意識して呼吸しないと、無意識に息を止めている時もあります。これが習慣になると、息苦しい「スマホ呼吸」になりやすくなります。

特に女性は、胸式呼吸が多く腹式呼吸が苦手な方が多いようですが、HTC152000を使うと楽に腹式呼吸ができます。


このように、HTC152000を使ってする「安心呼吸」は、インナーマッスルのストレスを取り、柔軟にさせるので、呼吸による酸素も多く取り入れることができます。
雨でウォーキングできないときや、無理な運動ができない人でも、気楽に持続でき、また、緊張しているなと思ったときや、疲れたときに、思い立ったらすぐに行えることが利点です。
「安心呼吸」リズム運動ですので、雨でウォーキングできないときのセロトニン活性も同時に期待できます。
また、ミトコンドリアが活性化すると、低体温の改善もできることと、腹式呼吸は、腹筋呼吸ともいって腹筋も働きますから、便秘の解消や同時にインナーマッスルを活性化させるので、持続することによって内臓脂肪も無理をせずに減らすことが可能です。


急に腹筋が働くために、熱心にやりすぎると腹筋痛がおこることがあります。始めは少しずつから、慣らしてください。
また、食後は控えてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好転反応はインナーマッスルの解放です

2017年05月12日 | インナーマッスルの解放
「不安感」「不安物質」がインナーマッスルを弱らせる

「安心感」「安心物質」によるポジティブな刺激は、柔軟で強い筋肉応答を引きおこし、
「不安感」や「不安物質」によるネガティブな刺激は、筋肉に明らかな弱化をもたらします。

(注1)

この弱化の状態が、インナーマッスル(体の深層部にある筋肉)に見えないストレスを与えるのです。

これがたびたび起こると、慢性的にインナーマッスルが弱化してしまい、柔軟で強い働きができなくなり、不調の原因となるのです。

この状態のときに、「安心物質」によるポジティブな刺激を与えると、インナーマッスルは再び柔軟で強い働きを取り戻します。

その過程で、必要な時期が来ると、自己治癒力が喚起され、インナーマッスルの解放、いわゆる好転反応が起きます。

好転反応は個人差があり、ひとりひとりの過去の不調の源が症状として、表面に現れるものです。
この好転反応の最中は辛いのですが、終わってしまえばすべて正常な状態になるので、あっけない感じすらします。

HTC160000ネックレスは、「安心物質」によるポジティブな刺激を持続して与え続けられる究極の「安心物質」のネックレスです。
それは、つけると瞬時に首や肩、呼吸筋の可動域が広がることからも、わかります。
他に類を見ないほど、マジックのように瞬時に可動域が広がります。
それは、脳のセロトニン神経に加わっているストレスの影響を消す程の、「安心感」を与えている証拠でもあるのです。


インナーマッスルの解放がなぜ必要か?

インナーマッスルがネガティブな刺激により弱っていると、ストレスを緩和できずに、他の人より強く感じてしまい、ストレスに弱い体質になるからです。

インナーマッスルの解放をするHTC160000ネックレスは、ストレスに強い体質に導きます。


HTC160000ネックレスは、一つよりも複数付けることによって、付けた時の改善の手応えは感じますが、
その代わり、後で、インナーマッスルの解放(好転反応)は、必ず起こります。
特に、春はインナーマッスルの解放を起こしやすい季節でもあります。

※好転反応中は、HTC160000ネックレスも、ハルチタンチップも、表面が汚れやすくなりますので、まめにお手入れしてください。


注1
この能力は約38億年前より連綿と生存し続けてきた地球生命が獲得している生存の危機を回避するための能力です。
地球生命の一員でもある進化した人類にも、この能力が備わっていることは理解できることです。
逆に人類だけが、他の種から離れて、この生存本能のセンサーがないことのほうが、不自然です。
ただ、殆どの人が自覚できないでいるために、ストレスを回避できずに溜め込んでいるのです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加