HTCハルチタン

晴れやかな心 健やかな体

心と体を癒やす 不思議な 「ハルチタン」
ハルチタンの情報公開と取扱説明をします

「安心呼吸」でセロトニン活性

2017年04月20日 | セロトニン

怒り・不安をなくすセロトニン活性で「心のバネ」を強くする
有田秀穂
ぱる出版


セロトニン研究とセロトニン呼吸の第一人者、有田秀穂氏の著書「怒り・不安をなくすセロトニン活性で『心のバネ』を強くする」より抜粋します。

<転載はじめ>

●セロトニンが起こす5つのこと

心の安定や「ハピネス(幸福感)」に深く関わるセロトニン。この脳内物質が、活性化されたとき、私たちの体には、どのようなことが起こっているのでしょうか。
これについてまとめると、次の5つのことがわかっています。

1. 心の領域に働きかけ、「平常心を作る」
セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンを抑制する回路に働き、舞い上がったり落ち込んだりするような、気分の浮き沈みをコントロールすることができます。

2. 大脳に働きかけ、覚醒の状態を調整され、「α波」が出る
α波が出ている脳は、過緊張でもなく眠ってもいない、ニュートラルな状態です。α波は集中、瞑想、リラックスすると出て、心や体に良い影響を与える脳波として、注目を浴びたこともあります。

3.自律神経の副交感神経優位の状態から、交感神経優位の状態にシフトする
セロトニンは朝起きると活動が始まり、自律神経の調節をスタンバイ状態にして、体と頭を目覚めさせ、血圧や代謝を上げます。低血圧、低体温で悩んでいる女性がセロトニンを活性化させると、自律神経のシフトがうまくいくようになり、症状が改善されます。

4.痛みを調節する 
セロトニンには、脳に伝達させる感覚を抑制する作用があります。ケガなどの外科的原因がないのに痛みを感じるような、いわゆる不定愁訴の痛みは、セロトニン神経が弱って、うまくコントロールできていない状態です。

5.インナーマッスルが働き、姿勢がよくなる
インナーマッスルは、首、背骨、腰の周りにある筋肉で、姿勢筋、抗重力筋とも呼ばれています。セロトニンが活性化すると、インナーマッスルが緊張し、よく働く状態になり、そのため姿勢が良くなります。

<転載了>
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安心物質と不安物質 その2 | トップ | 「安心物質」による「安心呼吸」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。