HTCハルチタン

晴れやかな心 健やかな体

心と体を癒やす 不思議な 「ハルチタン」
ハルチタンの情報公開と取扱説明をします

丹田呼吸=腹筋呼吸=セロトニン呼吸=安心呼吸

2017年07月12日 | ハルチタンと安心呼吸
「丹田」を意識する呼吸法は最もかんたんなセロトニン活性法です

意識して、「丹田」の筋肉を絞ったり緩めたりする呼吸法が丹田呼吸です。

この「丹田呼吸法」は普通の自然呼吸を「丹田」を意識した呼吸法に切り替えて行います。

しかし、この「丹田」が意識して動かしづらい場所で「丹田呼吸法」につまづく最大の原因です。


「丹田」の場所

丹田というのは、へそと下腹の間の奥にあると言われていて、意識を置く場所です。





1.「丹田呼吸」は、この「丹田」を意識して絞りながらゆっくり息を吐きます。
2.次に絞った「丹田」を緩むに任せて、鼻から空気をゆっくり吸い込みます。
3.以上をゆっくりと繰り返します

下腹の腹筋を絞るようにすると丹田も一緒に絞れます。

危機を感じた時、ストレスを感じた時、この「丹田呼吸」をすればセロトニンが活性化され、心が静まり、頭が冷静になります。
禅やヨーガは、その他に心得なくてはならない作法がありますが、「丹田呼吸」で中心になる動作は以上です。


中指の付け根がリラックスポイント


リラックポイントで持つ、空海が唐から持ち帰った念珠も
生命エネルギーの高い物質です


このポイントは、今から10年以上前、ハルチタン開発中に発見したポイントです。

この場所に、生命エネルギーの高い物質を置くと、呼吸を深くすることができます。

また、生命エネルギーが低い物質を置くと、呼吸が浅くなってしまいます。

特に私は、パニック障害が一瞬で癒やされた後に、この反応が誰よりも明確にわかるようなったようです。


生命エネルギーの高い安心物質「HTC呼吸リング」



HTC呼吸リングをこのポイントの中指の付け根につけると「丹田」を意識しやすくなります。

特に女性や、男性でも若い世代(20~30代)は、「丹田」を意識しづらいと言われていますが、HTC呼吸リングをつけると「丹田」を意識しやすくなります。
 

ちなみに左手中指につけると、右脳が活性化し、空間認識や全体把握ができ、脳のひらめきや、アイデア、直感力が高まることも期待できます。

現代生活は、主に計算やメールなどによる言語活動に偏っていますので、左脳側中心です。

HTC呼吸リングを、右手の中指の付け根につけると、日常酷使されていた左脳側のリラックスにもつながります。

どちらにつけるかは、個人差がありますので、左右その時の体感で決められると良いでしょう。

また、両方につけると上半身がリラックスして、下半身、特に両足に力が入り、重心が安定します。
(注意・両方につけると好転反応が起こりやすくなります。)



『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深い呼吸を助けるHTC呼吸リン... | トップ | 目次  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。