HTCハルチタン

晴れやかな心 健やかな体

心と体を癒やす 不思議な 「ハルチタン」
ハルチタンの情報公開と取扱説明をします

良い姿勢を保つセロトニン効果とインナーマッスルの関係

2017年08月19日 | インナーマッスルの解放
セロトニン効果でインナーマッスルが働きます

睡眠中はセロトニン神経は休んでいて、インナーマッスル(=体の奥のほうにある筋肉の総称)の緊張は落ちています。

目覚めてセロトニン神経が活性化すると、インナーマッスルがよく働き、姿勢も良くなります。


大脳皮質に直結して、意識して動かせるアウターマッスル随意筋)と異なり、インナーマッスルは、付随筋と呼ばれ、自分の意志でコントロールできない無意識に働く筋肉で、脳幹にあるセロトニン神経から分泌されるセロトニンによって働きます。
(注1)


脳幹に加えられたストレスが不調の原因です

ストレスによって、セロトニン神経阻害され、機能低下すると目覚めても、まっすぐな良い姿勢を保つことができずに、なかには首が立たなくなって前方に倒れ、背なかが丸まって顔に締まりがなくなってしまう人もいます。


セロトニン効果が可動域を広げる

意識してアウターマッスルを動かそうとしても、補助するインナーマッスルの働きが落ちて可動域が小さくなっていると、丸まった背なかが伸ばせず、引き締まった表情を保つことができません。

セロトニン神経には、若々しさを内側から引き出してくれる働きもあるのです。

可動域を広くするためには、脳幹にあるセロトニン神経安心させ、分泌したセロトニンによって、インナーマッスルがきちんと働くようにすることです。



瞬時に脳ストレスを癒せるジュエリー

五十肩で狭くなっている肩や腕の可動域がHTC160000ネックレスによって瞬時に広がります。
このことは脳幹にあるセロトニン神経
に何らかの高い癒やし効果を与えていると思われます。

セロトニン神経にダメージを与える脳ストレスが、高い癒やし効果によって癒やされると、セロトニンが分泌され、インナーマッスルが働き、瞬時に可動域が広がる現象が起きたのだと思われます。


セロトニンが分泌されると心の不調も同時に癒やされます

この現象から、HTC160000ネックレスは無意識に受けている、脳ストレスを癒やしてくれるジュエリー」ということができます。

結果、15年前に起きた私のパニック障害を瞬時に癒やした理由もここにあるのだと思います。


ノドの筋肉もインナーマッスルと同じ脳ストレスの影響を受けやすい不随筋です。

「睡眠時無呼吸症候群」もセロトニン障害の一つです。
 
注1
セロトニン神経のある脳幹は、最古の脳と呼ばれ、進化の過程で最も古くから存在する部分で、脳神経の中枢部で、呼吸や血液循環など、生命維持に不可欠な機能を担っています。
私は、HTC160000、152000、HTC呼吸リング
の癒やし効果は、この部分を癒やしてくれると考えています。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハルチタンチップによる腱鞘... | トップ | 不眠も癒やせる丹田呼吸法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インナーマッスルの解放」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。