俺ともぎゅっと。

「それな」「そういう考えもありか」「それは違う」等ご意見下さい。コール表については該当ページのコメントまでお願いします。

2017/5/11 安田屋事件

2017-05-12 23:25:40 | 考察:ラブライブ!
2017/05/14 追記追加

この度ヤングジャンプに掲載された、
Aqoursの宣材写真。
それが物議を醸し出して、話題になった。

この一件はファンを騒がせた事件として、
是非ラブライブ!サンシャイン!!の
活動年表に加えて頂きたい。


下らない冗談は置いておこう。
今回のように、声優が青年誌で特集されること。
それ自体は喜ばしいことだと思う。
キャラクターの話が無い事に落胆したが、
最近はずっとこうなので、大声で騒ぐことでもないと思えた。
では、今回は何を問題視しているのか?


Twitterでこの話題について話していた所、
「お前が言うな」というクソリプを頂いた。
自分は写真を一つの作品として、
「声優」ではなく「ラブライブ!」という
コンテンツを基準に考えていたが、なるほど確かに
「マルの読み聞かせで僧侶物のレディコミ朗読させてえ」
「渡辺曜はセックス」
等と発言している人間が品性がどうのと言っても説得力が無いし、
外野から見て「何なんだお前」と言いたくなるのも無理はないかもしれない。
そこで、今回は自分がどのような基準で考えたのかを説明しながら、
写真の問題点を挙げていこうと思う。
今回、カテゴリーは「考察」となっているが、
どちらかと言うと序盤は「解説」になる事、予め明記しておく。


解説というからには、知識がなければなるまい。
なので、写真の知識レベルについて説明しておく。
自分は「フォトマスター二級」という資格を持っている。
これは大体フォトテクニックの書籍などにおける
基礎編程度の知識を有していると考えて貰えれば良いだろう。
……自分で言うのもなんだが、なんとも微妙である。
だが、基礎を語るのに不足は無い筈だ。
知識の無い方は「自分より詳しいんだな」
知識のある方は「自分のが詳しいんだな」
程度に考えて頂けば良いだろう。


・写真の撮り方
では、早速今回の写真を見てみよう。
まずは写真の撮り方の問題だ。
下が問題となっている、ヤンジャンの宣材写真である。

楽しそうな雰囲気は伝わってくるが、
残念ながらこの写真は、俗に言う「失敗写真」のカテゴリになる。
その理由は光量の足りない部屋でフラッシュが焚けてしまった結果、
背景が暗く、人物の顔がテカって写ってしまっているからだ。
加えてピントも何処に合っているのか分からない。
これでは彼女達本来の持つ魅力が引き出せているとは言い難い。
「『写ルンです』で撮ったみたいな写真だ」
と発言している方が居たが、その表現は的確だろう。
中学生が修学旅行で撮った写真を印刷したら、
上手く写って居なかった。そのレベルだ。

問題を解消するには、部屋を明るくする、
カメラの感度を上げる、暗く取ってソフトで補正、
絞り値を上げるなど、様々な手段がある。

今はデジカメの時代だ。
取った写真はその場で確認でき、何度でも撮り直せるのだ。
もしフィルムカメラで撮影したのなら、
それこそ「何でデジカメ使わないの」という話になる。
それ位、デジカメには優位性があるのだ。
つまり、確実にもっといい写真が用意できたはずなのである。
それをしなかった要因は何故か?


・「エロい」と「下品」の違い
ここについては、感情優先で記述する。
正直これは感性の話になるので、
先程のように明確な操作や設定などはない。
故に、自分と違う感想を持つ方も居るかもしれない。
その場合は申し訳ない。

さて、写真には色々な物が存在する。
その中にはヌード等の所謂「エロい」ものだってある。
しかし、そこに芸術性があるものも数多く存在するのだ。
芸術性を認められているからこそ、
「ヌード写真」というジャンルが存在するのである。

アートとしての「エロさ」
それはただエロい写真を撮っただけのものと一線を画す。
では、ヌード写真ではないが、
「エロさ」の中の芸術性を見て頂こうと思う。

右は内田彩の写真集「あのね」のサンプル写真だ。
好き嫌いを抜きにして二つの写真を見比べたら、
どのような印象を持つだろうか?

寝床の写真と寝転んだ写真。
どちらも少なからずセクシャルな印象があるはずだ。
いや、右の写真の方が露出度が高く、正直「エロい」。
だが、それだけではない。
加えて「綺麗さ」や「暖かさ」なども伝わってくる。
彼女自身を知らずとも、彼女が魅力的に見える写真になっているのだ。

これは個人的な感想になってしまうが、
右の写真は彼女の写真の中で一番綺麗に写っており、
なおかつ一度も見たことのない表情をしていて、
今までで一番魅力的な写真だと思えた。
そういった1枚の写真に様々な物を込めるのが、
「エロい」写真の中にある芸術性だと感じている。
「エロい」、けれど「美しい」。

高名な画家が裸婦を描いたり、
高名な彫刻師が裸体の像を作ったり。
そういう作品に込められた物が、
アートとしての「エロさ」だ。

対して左の写真にはそれがない。
雑然としていて、布団もぐちゃぐちゃである。
綺麗さとは遠く、セクシャルなものだけが残る。
品がない、下品だ、そう印象づけられた人は少なくないはずだ。
これでは、安っぽく下品なアオリを載せたコラ画像が出てくるのも無理はない。
だってそういう印象を与える写真であるのだから。

彼女達を魅力的に見せたいならば、
もっと適したシチュエーションがある筈だ。
セクシャルなものを残しつつ「エロさ」を見せたいなら、
写真という作品のクオリティをとことん追求するべきであったし、
セクシャルなものを感じさせたくないなら、
それこそ「寝床で電気を消した状態」である必要はない。
枕投げのようなシチュエーションでも、
トランプ遊びに興じている画でも構わなかったはずだ。


以上の二点で、今回の宣材写真がお世辞にも、
「写真」として優れたものとはいえない、
というのがお分かりいただけただろう。
あの写真は、明らかに「品質」が悪い。

では何故今回、このような写真になってしまったのか。
それが、世に出てしまったのか。
何が原因なのかを考えてみた。
原因は主に二つが考えられる。

・カメラマンの腕の問題
こういった撮影はカメラマン志望のバイト等も居る

・意図してこの写真にした
何のために?

自分が抱いたのは「下手くそなカメラマンだな」という印象だった。
だが、実際に雑誌が発売されて掲載された多くの写真は、
この宣材写真とは程遠い、まともな「グラビア」であった。
彼女達が魅力的に、可愛く撮られている写真がほとんどだ。

つまり、この関連だけバイト等が撮った、
若しくは意図してこの写真にしたということになる。

この関連だけバイトが撮ったなら、
「何でここだけ手を抜いたんだ」という話になる。
あまりにも悪目立ちする事を考えると、可能性は低いだろう。

となると、残る可能性は……意図してこの写真にした、である。
実際に「意図した」と考えると、全ての辻褄が合ってしまうのだ。
暗い部屋でフラッシュを炊いて撮り、
それを宣材写真に使えばいいだけなのだから、
実行するのはとても簡単なことだ。

問題は何故、こんな写真にしたのか、である。
それは、この写真がもたらした物を考えたら明白だ。

炎上商法である。
実際、少なくないファンが難色を示した。

それはそうだ、技術的にも、品性的にも疑われるような写真なのだから。
今回、ラブライブ!サンシャイン!!というコンテンツは、
この写真に看板を託してしまったのだから。

そんな状況に耐えられぬ自分のような人間が、
写真を見て異を唱えるのは当然と言えよう。
我々は釣られてしまったのだ。
だが、それでも、言わずにはいられない。
作品が好きなのだから、当たり前だ。

中の人のイメージが、キャラクターを傷付ける事もある。
自分で言うのも何だが、この発言には説得力が有るだろう。
電車で偶然隣に座ったカップルの女が
「スクフェスのガチャ引いたんだけど、穂乃果だった……要らないんだよね」
なんて言っていた事がある。許せない。悔しい。
だが、庇えない。
とても悲しい気持ちになった。


こんな写真が世に出てしまったのは誰の責任なのか?

それは勿論……そう、運営である。
今回はヤンジャンの企画である。
もしかすると、雑誌企画の独断専行の可能性もある。

しかし、それでも運営が悪い。
何故なら、自社のコンテンツを預けるという立場において、
企画が正常に進行するか、監督する責任があるからだ。
公式の名前を使って世に出す以上、それを監督するのは公式の役目であるのは明白だ。

もし監視する人員を用意しなかったのであれば、それは職務放棄に他ならない。
運営の責任である。
もし確認を怠ったのであれば、それは職務怠慢に他ならない。
運営の責任である。
もし確認した上でGOサインを出したのなら、それはコンテンツの安売りに他ならない。
運営の責任である。

どう転んでも、この写真が表に出た時点で、結果としては運営の責任である。
逆に「運営が悪くない」と言えるなら、どんな理由があるのか聞きたいくらいだ。

運営はこんな写真に「ラブライブ!」というコンテンツを背負わせてしまったのである。
それでもファンが納得するだろうとタカをくくって。
これで3度目になるが、言わせてもらおう。

ラブライブ!サンシャイン!!のファンは、舐められている。
推しの台詞を借りて、皆に問いたい。

「くやしくないの?」


最後に。

何も知らない人に二つの写真(文字はすまない、無いことにして欲しい)を見せてから、
「一方は歌って踊る声優グループ、もう一方はAV女優です」
と説明して、果たして正解率はどのくらいになるだろうか?

きっと、票は割れるだろう。
写真の与えるイメージは、それぐらいの力を持っているのだ。

もし貴方がAqoursを布教しようとして話を振った時に、
「Aqours? ああ、あの素人AVみたいな人達ね」
なんて言われたら。きっと悔しいだろう。怒るかもしれない。
そういう誤解を与えかねないような「悪手」を打ってしまったことを、
運営には深く、深く反省して貰いたいものだ。
「アイドル声優」を宣伝する写真として、あの写真は不適切である。
彼女達はまだ、炎上商法を利用しなければならないほど、
追い詰められてはいないはずだ。

二度とこのようなことが無いようにしてもらいたい。
「ラブライブ!」という、コンテンツの未来の為にも。


追記;
キャストが前面に立っているせいか、
「肯定しなきゃ」と必死になっている方が多いですが、
今回自分が批判しているのは低品質な写真であり、
それを許可したであろうサンシャイン!!の運営です。
勘違いされている方が多いですが、
被写体となっているAqoursへの批判ではないですよ。
彼女達はむしろ被害者だと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブシロライブの感想とか。 | トップ | 「アニメにはまちおこしの力... »

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あ)
2017-05-13 13:05:34
二つの写真を見て思ったことは
若くてかわいいaqoursと老いて不細工な内田さんってことですね
比べるまでもなくaqoursの写真の方が良いと思います
Unknown (Unknown)
2017-05-13 14:41:19
穂乃果は最初から女人気無かっただろ!
わざわざうっちーを比較に出すな!
Unknown (アンノウン)
2017-05-13 14:56:30
写ルンですとラブライブ!サンシャイン!!はコラボしてるからこのクオリティでも大丈夫だぞ
グラビアとして大丈夫かは知らん
Unknown (Unknown)
2017-05-13 15:14:18
Aqours叩きたいなら素直に叩けばいいのにいちいち回りくどい
Unknown (Unknown)
2017-05-13 15:27:40
写るんです布教の作戦ですね
しばらくして「このグラビアは写るんですで撮りましたー」とか言ってそう
Unknown (Unknown)
2017-05-13 15:30:56
一冊4000円の写真集と350円の雑誌のオマケで比較とか頭悪すぎて
挙句に気持ち悪い感性で炎上商法だーとか
バカすぎて突っ込む気も起きない
初投稿です (Unknohideaki)
2017-05-13 16:59:01
まず・「エロい」と「下品」の違い についてだが個人的にはあまりにもきれいに撮れすぎている写真は現実感を感じない。
芸術の域に達してしまうとどうなるか、自分との距離があまりにも遠く感じてしまい内田彩さんは現実には存在するが別世界の人なんだな、と改めて認識する。
芸術であればそんなことは関係ないので100点かもしれないが2次元と3次元でクロスするアイドルではどう思うか。

雑然としていて、布団もぐちゃぐちゃである。
綺麗さとは遠く、セクシャルなものだけが残る。
確かにこういう印象はあったがそれはつまり現実感を残しつつセクシャルなものが残る、悪くない。
現実感が残るっていうのはなんというか、普通?ああっ、いえ、悪い意味じゃなくて身近に感じる。
接近できそうとかワンチャンありそうとかそういう意味ではなくこの人らも人間なんだなと安心感を覚えた。
そして結果的に自分は買うことを決意した(新品が残っておらず泣いている)。

さらに言うとこんな感じでプラスに受け取る人間もいて自分の周りも騒ぐ人が居らず、炎上商法と言うがどの程度炎上したのかのデータも全くないのでプラスマイナスどちらに傾いているのか信憑性が低い。
炎上しているのかが怪しい中売り切れが出ているわけだしこの商法はベターであると思う。
運営には深く、深く反省する必要などなくいいぞ、もっとやれと思う。
Unknown (Unknown)
2017-05-14 01:51:08
問題は何故、こんな記事を書いたのか、である。
それは、この記事がもたらした物を考えたら明白だ。

炎上商法である。
コメントありがとうございます。 (春坂)
2017-05-14 05:01:15
>あさん
自分の好みにはなってしまいますが、
Aqoursのキャストの方が可愛いと思います。
問題は、写真の出来によってそれが逆転してしまうことですね。
なので今回の写真が良いというのは流石にちょっと……
まあ、世の中には変わった趣味の方もいますし、
そういうものかもしれませんね。

>Unknownさん
ひどい! まあそうですけれどw
内田さんはすみません、自分がこの写真好きなのと、差が分かりやすかったので……。

>アンノウンさん
Aqoursが写ルンですレベルみたいになっちゃうのはやっぱりちょっと……と思います。
グラビアとしてもアウトだと思いますし。

>Unknownさん
もういっかいよみなおしてくださいー!
Aqoursを叩く意図などありませんよ。

>Unknownさん
言われてみれば、写ルンです!で撮りました、
と言われると説得力のある写真ですね……。
そうだとしたら、そんな物をグラビアとして
載せるなよと思ってしまいますが。
後日それ用に使うならまだしも、ですね。

>Unknownさん
自分は画質には言及していませんし、
雑誌の値段と写真の出来は関係ないですね。
頭悪すぎてバカすぎて思わず突っ込んじゃいました……。
コメントありがとうございます。 (春坂)
2017-05-14 05:01:54
>Unknohideakiさん
無理して全肯定しなくても良いのでは……。
声優雑誌のAqours特集の写真はまともですし、
それに近い形でやればよかっただけだと思いますよ。
勿論、勝手が違う部分での工夫は必要だったと思いますが。
貴方はAqoursの写真がこんなのばかりになっても喜べるのですね。
それならば問題ないと思いますが。
自分はそれならラブライブ!の名前は使わないでやって欲しいですね。
これでは2.5次元じゃなく、3次元です。
ラブライブ!である意味を失っています。

>十六夜さん
ネットストーキングですか?
気持ち悪いのでやめてください……。
Unknown (Unknown)
2017-05-14 12:32:30
うっちーのファンとしては写真集は出して欲しくなかったわ
あの人にそういうのは求めてない
Unknown (Unknown)
2017-05-14 12:46:14
上のは個人的な意見ですから
あとうっちーファンは別に辞めてません
初投稿です (十六夜まよ)
2017-05-15 00:22:23
こんな記事のこんなコメント欄まで読んでいる時点でネットストーカーと言われても仕方がないのですが、
勘違いされて気持ち悪いと言われてしまった人のために「あのコメントは私ではありません」とここに書き込んでおきます。
まあ、信じていただけるかはわかりませんが…。

基本的に考え方は相容れないと思いますし、意図しているのか無意識なのか、個人の感想を事実であるかのように歪曲して文章を書く癖は正直いただけないとは思っていますが、面白い読み物を書く人のブログとして、たまに訪れてそれなりに楽しんで読んでおります。
(ちなみに、今回の記事で言えば「実際、大きな話題になった。それも、マイナスのベクトルで。」の部分がその歪曲にあたると私は考えています。参考までに)

傍観しているつもりでしたが私以外の誰かが巻き込まれてしまったのでやむを得ずコメントをさせて頂きました。
基本的なスタンスとして私はここに記事への感想や批判、同意意見を書き込むつもりは今後も一切ございませんので、どうか被害妄想に囚われるのはおやめ下さい。
最後に、記事の内容と関係の無いコメントをしてしまったことをお詫び致します。
長文・乱文失礼しました。
Unknown (Unknown)
2017-05-15 22:20:45
世間的にはうわキツ案件だと思うけど僕は好きです(半ギレ)
しかしよくこの写真でGO出したなとは思った
記事の方の画像ではなく海の方
コメントありがとうございます。 (春坂)
2017-05-17 21:29:02
>うっちーファンのUnknownさん
貴方の言葉からは悪意を感じなかったので、
お気になさらずとも大丈夫です。
写真集だけではなく、歌うことについても、
最初本人は難色を示してたりしましたもんね。
自分は「声優」として仕事がしたい、と。
そういうのを理解しているファンの方が、
疑問を持っても仕方がないと思います。
ただ、時代がそれを許さなかったのもあるでしょうし、
挑戦するからにはきっちりやろう、と言うことで
今のような作品が生まれたのだと思います。

あくまでも自分の印象になってしまいますが、
そういった経験すら自分の中に取り込んで、
演技に活かすのだろう、そう思わせてくれる気迫が、
内田さんにはあります。
そして「あのね」は今まで自分の見た声優写真集の中で、
一番芸術的な作品になっていると思います。
あんな写真、センスや腕が無ければ絶対に撮れませんから。
なので、受け入れる必要は無いと思うのですが、
「それが完成度の高いものである」という認識は持ってもらえたら、
一人の写真ファンとしては嬉しく思います。
コメントありがとうございます。 (春坂)
2017-05-17 21:47:00
>十六夜まよさん
勘違い先の彼は間違いなく陰湿なストーカーですので擁護する必要は無いと思います。
ですが、十六夜さんには勘違いで濡れ衣を着せてしまいました。
申し訳ありませんでした。

自分の周りに批判的な意見が多かったのと、
聞こえてくる声も(当たり前ですが)共感の声なので、
こういった書き方をしましたが、
ご指摘頂いた部分は確かにその通りだと思いましたので、
記述を直しました。
感想やご指摘は頂けると助かりますので、
気が向いたらご意見頂けると嬉しいです。

繰り返しになりますが、
この度はご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
Unknown (Unknown)
2017-05-18 00:59:00
>自分は画質には言及していませんし、
こっちも画質になんて言及してないけど?
>雑誌の値段と写真の出来は関係ないですね。
本気で言ってるのか・・・
予算と写真の出来が関係しないなら世のプロカメラマンは破産するよなぁ

なんかもう理由があるから叩く、じゃなくて
叩くための理由探しになってますよねこの人
たびたび「自分の周りには同意見が多くて~」って見るけど
自分と同意見の信者で囲って気持ちよくなるのが生きがいなんですね
レス不要 (Unknown)
2017-05-18 05:15:11
ヤンジャンGOLDのグラビア見てからこのエントリ書いた方が良かった気がします
Unknown (Unknown)
2017-05-18 08:37:02
批判的な意見をする奴を敵だのストーカーだの言う
わざわざ「自分と同意見の人が多くて」などと書く
これで気持ちよくなれるのであればそれでいいんじゃないでしょうか。

こういうこと書いてると私もストーカー認定されてしまいますね
コメントありがとうございます。 (春坂)
2017-05-19 00:35:13
>半ギレさん
好きな人が居るのも分かるのですが、
どうせなら、もっと可愛い写真のがよくありません?
海の写真は……なんといいますか、
撮られ慣れてる人とそうでない人の差が激しいですよね。
ポーズや表情の指示は無かったのでしょうか。

>有象無象さん
あはは、面白いです! 他にどんな芸があるんですか?
見せてくださいな、ほら、わん! わんわんわん!

勘違いをしておられるようですが、
自分は否定意見にも耳を傾けますし、
自分が間違っていると思ったら訂正もしますよ。
別に気持ちよくなるために記事を書くわけではないですしね。

自分が真面目に返信しているコメントと、
煽り返したりしているコメント、
何が違うのか考えてみたら如何でしょうか?
色々コメントいただいて申し訳ないですが、
それが解らないようなノータリン相手では、
暇つぶし以上の意味は見出だせませんね~。
Unknown (Unknown)
2017-05-22 16:09:31
都合の悪いコメントをスルーしておいて
「否定意見にも耳を傾ける」は流石に草生えますよ
相手の言ってない事を言った前提で話進めて煽ったり、
何よりも「自分の感性が絶対正しい」前提で話してるのがヤバい
内容以上に書いてる奴の人格に問題あるね
コメントありがとうございます。 (春坂)
2017-05-22 17:02:53
>Unknownさん
ご自身で書いておられますが、
そうです、「コメント」なんです。
コメントであって「意見」では無いんですよね。
「意見」であれば、例え都合の悪い意見だったとしても、出来るだけ考えてお答えしていますよ。
反論だったり、逆に意見を受け入れたり、反応自体は様々ですけれど。
でも、意見も言えずに人格攻撃しか出来ないような人達を、
真面目に相手にする必要がありますか?
無いですよね。

そもそも「公式からの供給は全て正しい」とされる界隈において、
わざわざこんな記事を書く人間は、
自分で言うのも何ですがマトモな性格をしていないと思っています。
それを前提として、それでも意見を言ってくれる人がいるから、やっぱり向き合いたいと思うんですけれどね。

現状のラブライブ!の問題は、
そんな人間が書いた記事に「一理あるな」と思えてしまうこと。
そしてそれを思っていても口に出せない空気が蔓延していることだと思います。

良い物は良い、ダメなものはダメ。
その感覚が人によって違うなら、そこを話し合ったらいいんです。
原理主義者だろうが、サンシャイナーだろうが、
人の好き、人の嫌いを認めあったら良いんです。
それすら許されない今の界隈は、ハッキリ言って異常です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL