松本春男の綾瀬市レポート

マスコミには載らない綾瀬市の大事な情報を随時お届けいたします!

金属スクラップの富士繁を調査しました

2017年04月21日 | 災害対応
 2014年10月6日に、高く積まれた金属スクラップが児童養護施設唐池学園方面に高い場所から崩れた場所です。
 今日(4月21日)長後駅西口に集合して、吉岡の目久尻川を挟んだ東側の斜面から見ました。
 その後、斜面の下側の住宅地から見上げ、その後は唐池学園の職員から説明を受けました。
 参加者は、加藤なを子県会議員、岡崎ゆたか神奈川13区予定候補、上田・松本綾瀬市議、はたの議員秘書、南関東ブロック職員、県会議員団事務局、赤旗記者の9名で調査しました。
 富士繁の金属スクラップ置場を一周する形で回り。市役所で環境保全課より説明を受けました。
 最後に、市役所屋上から、吉岡の富士繁の金属スクラップをバックにして、写真を移しました。
 早急な県の規制条例や国の法律制定が必要との認識を確認し。斜面の下の住宅地や唐池学園方面の水質調査が必要と確認しました。
 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイナンバー記載,仙台市も... | トップ | 高校生8人が雪崩で死亡した事... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む