松本春男の綾瀬市レポート

マスコミには載らない綾瀬市の大事な情報を随時お届けいたします!

あれ、とうもこし部会長は?

2016年11月20日 | 地域の話題
 (1706)
 あやせネットニュースの11月15日の記事と写真を見て、今年も注目をあびている「とうももこし部会長」が記事に載っていません。
 古塩市長に綾瀬市園芸協会会長,人参部会長、ブロッコリー部会長、キャベツ部会長、ネギ部会長、レタス部会長とJAの方が訪問した記事と写真。
 記事の中には、夏のトウモロコシと秋冬のレタスは北海道で販売されていると書かれています。
 綾瀬市園芸協会の各部会長さんが参加されていますが、トウモロコシ部会など園芸協会には
 幾つの部会があるか、数だけでも明記して戴くと市民の関心が高まります。
 写真を見るとトウモロコシ部会長さんが写っているので、部会長さんを兼任されているのか、秋のこの時期に収獲出来る部会が農産物を持ち寄られたのかもしれません。
 綾瀬市は、中小企業の規模は県内政令市の次に多い状況です。さらに園芸生産は市役所の前は春日原の畑が広がっています。
 30年程度前は、養豚頭数も横浜市の次に多い時期も有りましたが、市内養豚頭数は減少しました。
 園芸農家の耕作者も90才近くの方がご夫婦で、広い農地で耕作をされています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FBを始めたら、ブログ訪問者... | トップ | 赤旗無人販売ケースで新聞が... »
最近の画像もっと見る

地域の話題」カテゴリの最新記事